勃起不全:その症状、原因、そして治療法

23 12月, 2019
勃起不全は、様々な要因によって引き起こされる可能性があります。例えば、循環系や神経系、内分泌系などに影響を与えるような要因です。この記事では、勃起不全についてさらに詳しく分析していきます。

勃起不全は、満足のいく性行為を行うのに十分な勃起ができない、また、維持できないという機能不全として定義されます。深刻な病気というわけではありませんが、患者そしてその恋人の社会生活や個人的な生活には影響を与えかねません。この病気を抱えているのは男性のうちのだいたい5〜20%です。

この病気につながる危険要因としては、運動不足、心臓病、喫煙、高コレステロール血症、メタボリックシンドロームなどが挙げられます。しかしこういった要因を制御することで、勃起不全は防止できる可能性があります。

勃起不全の症状

  • 時々勃起させられなくなるが、性行為をしたいと感じている時には勃起する。
  • 勃起させることはできるが、性行為を完了させられるのに十分な時間維持できない。
  • 全く勃起させることができない。
勃起不全 症状 原因 治療法

原因

勃起不全を引き起こし得る要因は多数あります。例えば、循環系や神経系、そして内分泌系に影響を与えるような要因です。

勃起不全になってしまう可能性は年齢とともに増加します。しかし、加齢だけが原因というわけではありません。実は、その他にも下記のような関連する条件が存在します:

関連する健康問題

  • 2型糖尿病
  • 心臓病や小血管病
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 腎臓病
  • 多発性硬化症
  • ペイロニー病
  • 前立腺がんの治療(放射線治療や前立腺手術を含む)
  • 陰茎損傷や、脊髄、前立腺、膀胱、骨盤の損傷
  • 膀胱がんの手術

さらに、糖尿病を抱える男性はそうでない男性よりも2〜3倍勃起不全を患いやすい傾向があります。

特定の薬品

勃起不全は、以下のような一般的な薬品の副作用として生じることがあります:

  • 血圧の薬
  • 抗アンドロゲン薬
  • 抗うつ薬
  • 鎮痛剤や鎮静剤
  • 消化性潰瘍薬

精神的あるいは情緒的問題

以下のような、特定の情緒的あるいは精神的問題が勃起不全を悪化させてしまうことがあります:

  • 性行為に失敗するのではないかという恐れ
  • うつや不安障害
  • 自身の性行為や特定の性的活動への罪悪感
  • 低い自尊心
  • 性行不安や全般的なストレス

特定の生活習慣や要因

下記の生活習慣や要因が勃起不全に拍車をかけている場合があります:

  • 喫煙
  • 過度なアルコール消費
  • 違法ドラッグの使用
  • 過体重
  • 運動不足

勃起不全の治療

勃起不全のタイプに応じて、医師は異なる治療法を勧めます:

  • 心因性勃起不全。最善策は、セックスセラピーを行うことです。他のセラピーも用意されてはいますが、その場合時間が長くかかり、解決も保証されません。
  • 若い患者に見られる心的外傷後の勃起不全。陰茎血行再建術の長期的な成功率は約60〜70%です。
  • ホルモン性勃起不全。テストステロン補充療法(TRT)が効果的な場合もありますが、医師たちはまず、ホルモンの不均衡に関連する精巣機能不全の他の原因を除外しなくてはなりません。

一次治療は、主に選択的PDE5阻害薬などの経口薬による治療です。こういった薬品の効能は、患者の挿入を行うための勃起を行う能力の度合いによって変わってきます。

以下が治療に用いられる薬品の例です:

勃起不全 症状 原因 治療法

代替療法

全ての薬品が副作用を起こす可能性がありますので、患者の生活や習慣を考慮してやることが重要です。しかし治療への効果が患者に見られない場合、陰茎海綿体内注射など、他の治療法を検討することもできます。

勃起不全のための海綿体内治療に唯一使うことのできる薬品が、アルプロスタジルです。通常、5〜10分以内に勃起が生じますが、その長さは注射された薬品の量によって変わります。他の治療法での効果が薄かったり、全く成果を得られなかった患者には、陰茎インプラント手術という別の介入方法が存在します。

大抵の場合、薬物治療が効果的ですが、ライフスタイルを変えることも大切です。上記で述べたような危険要因がこの問題に繋がってしまい、多くの人々の生活に悪影響を与えてしまうことが多いのです。

  1. Wespes, E., Amar, E., Eardley, I., Giuliano, F., Hatzichristou, D., Hatzimouratidis, K., … & Vardi, Y. (2002). DISFUNCIÓN SEXUAL MASCULINA: Disfunción eréctil y eyaculación precoz. Eur Urol, 41(1), 1-5.
  2. Síntomas y causas de la disfunción eréctil | NIDDK. (2017). Retrieved from https://www.niddk.nih.gov/health-information/informacion-de-la-salud/enfermedades-urologicas/disfuncion-erectil/sintomas-causas