文化的進化とは?

07 6月, 2020

進化については皆さんご存知でしょう。チャールズ・ダーウィンや彼の著書『種の起源』をおそらく思い浮かべるのではないでしょうか。自然の選択により、生物学的進化が起こったというのが彼の考えです。その結果生存に最も適した種が進化していきます。しかし、進化とはこれだけではありません。文化的進化と呼ばれるものが存在します。

人間は、文化をもつ唯一の生物です。文化は、私達を特別にしている要因の一つなのです。私達は、文化を創造し受け継ぎますが、文化とは一体何でしょう? まず、文化は次のようなものの発展だと定義することができます。

  • 伝統
  • 慣習
  • 宗教
  • 価値
  • 社会的組織
  • 技術
  • 言語
  • 人工物
  • 道具
  • 輸送

環境によりうまく適応するために知識を蓄え、受け継ぐことに原点があります。そして文化的進化とは、基本的に社会の文化的側面の長期の変容を意味します。この種の進化は、当然個人も変化させます。

文化的進化

文化的適応

文化はある時、生存ストラテジーになりました。これにより、知識やスキルを受け継ぎ、私達はより進んだ技術を発展させることができるようになりました。また、文化的進化に必要な基本的スキルがふたつあります。それは社会学習と心の理論です。

動物の中にも文化的伝統があるように見えるものもいますが、その伝統は時間とともに進化したり、発達することはありません。それは、動物には心の理論と社会学習が欠けているためです。人間の社会は動物とは異なり、少しずつ文化的適応を成し、進化、発達します。

人は、自分達の知識やスキルを持ちつつ、互いを真似し、技術を取り込み、それを修正します。このプロセスにより幅広く複雑な文化ができるのです。

文化的進化

心の理論と社会学習

心の理論とは、考えや意図を人に伝える能力です。人間にはこの力があり、6歳頃に発達します。心の理論により私達は、他の人もその人自身の考えを持っていて、そこには意図があることを理解します。これにより、人は信念を共有し、文化を発展させることができます。

人として私達は文化を継承します。自分の宗教について誰かに話し、神聖な儀式を見せることは、文化を相手に伝えることの例です。社会学習を使い、人の真似をし、自分の見たものから学習します

例えば、カール・セーガンは、日本のカニが侍の兜のような形をしていることについて言及しています。それは日本人が伝統的にこの形をしているカニは捕まえなかったからです。侍を大切にする文化のために、社会学習により、兜の形をしたカニは捕まえないようにしていたのです。

文化的変化の理論

文化進化を予測するすべての理論において、カール・マルクスが考えた分類が使われています。この分類では、文化の様々な側面が、下部構造、構造、上部構造の3つのに分けられます。文化的側面ひとつひとつがこの3つの段階のいずれかに当てはまります。

まず、下部構造には、物質的側面の多くが関係しています。技術、生産方法、自然のリソースなどで、人間の社会における社会的あるいは経済的領域で使われます。

下部構造の変化を予測することは簡単ではありません。多くの場合、それは技術的前進、経済的発展や経済への変化から生じます。また、他の構造段階に対する変化も文化の下部構造に影響します。

文化的進化

次に、構造は、社会的タスクや機能と関係します。これは階層的な力の構造の段階です。また、互いの関係を調整するルールとも関係します。この段階への変化は、下部構造に大きな影響を与え、またその反対も同様です。

例えば、第二次世界大戦後、西洋では女性がたくさん労働力に加わりました。この下部構造の変化が、社会的関係へ変化をもたらしました。

そして、上部構造には、非物質的なものすべて、理想的な文化の側面が関係します。この例はたくさんあり、宗教的信念、倫理価値、絵画、建築、音楽、文学、映画を含む「上位文化」などが挙げられます。

このような変化は、多くの場合支配的な社会的秩序を正すことが目的で行われます。例えば、労働において女性を増やすことは、自分で仕事をし、生計を立てることができる女性の地位の上昇と関係しています。

文化的進化

文化的進化の例

これらの理論によると、文化は適応するものです。より具体的に言うと、文化は置かれた環境に適応しようとします。これに関し、マーヴィン・ハリスは文化物質主義という理論を立てています。

文化の下部構造の変化、特に生産方法や技術は、構造や上部構造を変化させる新たな側面につながると言います。これは、この3つのレベルが相互に関連していないことを意味するものではありません。ひとつの構造段階の変化は、他の2つの段階に影響するもので、その変化はさほど明らかでない場合もあります。

例えばカニバリズムは、文化的進化のレンズを通して見ることができる文化的変容です。この文化的慣習は、ある種戦争の副産物として一部の社会に誕生しました。しかし、国や帝国が発展すると、戦争の目的は敵を打ち負かすことになっていきました。

また、捕虜は国の拡大に役立ったため、カニバリズムは消滅しました。続ける必要性がなくなったのです。つまり、下部構造への変化(部族から国への変化)により、構造が変化したということです。そして、文化の中からカニバリズムの慣習が消えていttのです。

  • Butler, J. (2000). El marxismo y lo meramente cultural. New left review2, 109-121.
  • Harris, M., & Catalina, G. G. (1982). El materialismo cultural. Madrid: Alianza Editorial.
  • Jameson, F. (2016). Los estudios culturales (Vol. 58). Ediciones Godot.