チャールズ・ブコウスキーの賢い言葉

2019年3月18日

チャールズ・ブコウスキーの言葉には、意味、本当の価値、現代社会の誠実さの欠落に傷ついた詩人を見ることができます。私たちの生きる世界を拒否して不平を表明するために、彼は言葉を利用しました。

チャールズ・ブコウスキーの言葉のいくつは、かなり議論を呼ぶものです。アメリカの市民でもあるこのドイツ人作家は、かなり批判的です。現代社会の矛盾、偽善、意味の欠落を暴き出すことを好みました。

ブコウスキーは、最も素晴らしいダーティ・リアリズムの代表作家として考えられています。この動きは、社会の最も退廃した部分を映し出すことを目的としています。これは、 第二次世界大戦後の特徴であった、落胆と意味の欠落への反応として現れた動きです。

彼の言葉は、叙情主義への不満と呼応します。身勝手さ、社会的残酷さ、偽善などについて彼は語りました。ブコウスキーは、理想や理想郷を信じることはしません。逆に、自分は悲観主義者であり、未来を信じていないと、大ぴらに主張していたような人です。そうであっても、彼の作品はかなり心を動かすものです。以下に、彼の言葉を紹介していきます。

「時に、私は自分の手を見つめて、素晴らしいピアニストになれたかもしれない、と気づく。しかし、実際私の手は何をしてきたのか?睾丸を掻いたり、小切手を出したり、靴ひもを結んだり、トイレを流したり。自分の手を無駄にしてきた。自分の精神もだ。」 

-チャールズ・ブコウスキー-

1. 知識人と芸術家

「知識人は、簡単なことを難しく言う。芸術家は、難しいことを簡単に言う。」

チャールズ・ブコウスキーの言葉のなかには、滑稽なものがあります。例えばこの言葉は、皮肉でもって素晴らしいメッセージを伝えようと、言葉で遊んでいます。

知識人を芸術家と比べることで、彼が理性と感受性という概念に挑戦していることは明らかですブコウスキーは、芸術家の方がより賢いと述べているのです。

横顔
2. 社会に関するチャールズ・ブコウスキーの言葉

「魂がないまま社会を形成している。私たちにはそうする権利があるかのごとくだ。」

 

これも、彼の言葉を良く反映しているブコウスキーの言葉です。北アメリカ社会の批判者であるブコウスキーは、この欠陥を指摘することをやめることはありませんでした。この大きな矛盾をよく口にしていました。

この言葉の中で、ブコウスキーは、社会が一員の行動によって形成させるのではなく、行動の欠落によって形成されるという事実の矛盾を暴き出しています。そして、彼自身のことも、そのように行動することが初期設定となっている人間の一人として見ています。

3. 知的な人

「世界の問題は、知的な者が疑念でいっぱいで、愚かな者が自信満々なことにある。」

この言葉はかなり有名になりました。この言葉を通じて、ブコウスキーは本物の知性というものは確信を阻害するという事実を強調しています。一見して明らかなものの先を見ることができる人は、何が現実でどこまでが現実なのか、そしてそれが意味することに疑念を抱きます。

考えず、目を向けず、あるいは目を向けたくない人は、簡単に絶対的な真実を信じますたくさんのことに関して確信しているため、自分に疑問を投げかけたり、試練を与えたりすることがありません。そのため彼らは「愚か」になり、同時に自信満々になります。

月
4. 本当に生きるために死ぬ

「本当の意味で生きるためには、何度か死ぬべきだ。」

この言葉は、チャールズ・ブコウスキーの詩的で敏感な部分を反映しています。これは、彼の言葉の中でも希望が見られるものです。悲観主義のように聞こえるかもしれませんが、これは楽観主義の言葉です

人生を直線性に挑戦するものとして見ている言葉です。生まれて、何度が死ぬ。本当に生きるためには、何度がそのサイクルを繰り返さなくてはいけません。つまり、再び生まれるためには、すべてを終わらせなくてはいけないということです。これこそ、本当に生きるための唯一の方法です。

5. 本当に大事なこと

「本当に大事なことは、火の中をうまく歩けることだ。」

この言葉の中で、チャールズ・ブコウスキーは教訓的な部分を見せており、隠れたやさしさが現れています。この場合の「火」とは、人の品位を傷つけ、破壊し、攻撃するものを表わしています。

火の中を歩いていくということは、人を苦しめる破壊的な力のなかを前に進み続けることを意味しています。彼によれば、自分を燃やしてしまわずに、燃えさかる道を歩いていくことこそ、最も重要なことです。

チャールズ・ブコウスキーは、腐った社会を表わす、議論を呼ぶ大胆な言葉を人類に残してくれました。

  • Bukowski, C. (2006). Escritos de un viejo indecente (Vol. 84). Anagrama.