人を傷つけたり批判する人に欠けているものは

· 2018年3月10日

人々が常に周りのものを批判することでしか気分を良くできないのには、どのような理由があるのでしょう。彼らの傷ついた批判の背後にある動機づけは何なのでしょう。 内面で何が欠けているのでしょうか?

これらの質問に対する答えは、批判的な人々を理解する鍵となるかもしれません。

ウェイクフォレスト大学の研究は、批判的な人々が実際にどのように不幸になり、うつ病のリスクが高いかを証明しました。

別の最近の研究でもこれが示されました。それは、破壊的な批判、拒絶、屈辱が脳の同じ部分でどのように処理されるかを明らかにしています。それは私たちの痛みの感情を調節する部分なのです。

批判的な人は自分の人生に最も満足していないことに気付くかもしれません。 彼らは「自分の内部を持ちあげるために外部を倒す」必要がある人々なのです。

他の人の業績に満足していない人は、解決策を提案するよりもむしろ問題を引き起こすことを好みます。 彼らは否定的な人、または自尊心の低い人です。

「他の人の肯定的な認識は、私たち自身の生活に対する満足度を示している」
– ダスティン・ウッド –

笑いあう3人の女性

破壊的批判の根源は自尊心の低さ

私たちが他人を批判するとき、それは彼らのことよりも私自らのことを多く物語ります。私たちが他の人と話すとき、私たちは実際に自分自身の特質を他者に投影しているのです。

この場合、批判的な人々は、自分が受け入れない、あるいは見たいと思う性格や行動の側面を他の人のそれに投影します。

そういうわけで、健康な自尊心のある人は常に批判したりしません。彼らは内部の平穏を持っているからです。彼らは自分自身を知り、自分が好きでないことを知っています。

健全な人々は自分を向上するために努力します。良い自尊心と自分との健全な関係は、他者とのやりとりの仕方を決定するのです。

では、私たちは何をすることができるのでしょう? われわれを刺激し、不快にしたり、苛立たせたりする誰かについて何かが見えるときはいつも、実際に、彼らと同じ特性が私たちにどれくらいあるのかを見なければいけません。

これらは私にどのように影響を与えるのでしょうか。なぜ私はそれを受け取ることができないのでしょうか。なぜ私は彼らの近くにいることが好きでないのでしょうか。多分それらを理解することは、私たちが批判している理由を理解することにつながるでしょう。

「私たちは私たちの心の中にあるものだけをみることができます。彼らが心の中で良いものを見つけられなかった場合、彼らは他の場所でも見つけることはできないでしょう」
– オアシスの寓話 –

耳元でささやく女性

批判を肯定的なものにするにはどうすればよいか

私たちが批判する前に、自分自身に質問をするべきです。 自分のコメントは他の人に役に立ちのか、 つまり情報、アドバイス、またはそれらに有効な何かを提供しているのか。建設的か破壊的なのか。もし何か価値を提供できないなら、その言葉を発するべきでしょうか。

自分に問うべき良い質問がもう一つあります。 私は他のことについて何かを批判しているのか、自分について好きではない部分を批判しているのか、どちらでしょうか? その行動のどの部分を私自身は容認していないのでしょうか? その批判のどの部分が実際に私と関係がありますか?

最後に、私たちが批判する前に、共感に向かうべきです。 主観的なコメントをする前に、周りの人のことを考えることが最善です。すべての物語には2つの側面があるのです。

そのように行動したのはなせでしょうか? その状況を改善するために私は何をもたらすことができますか? それは私にどのような影響を及ぼしますか?また、私のコメントにどんな影響がありますか?

内面が健全な人物からの批判は有益な批判です。 一方、怒り、嫉妬、不幸から生まれる批判は、否定的なものになってしまいます。そしてそれは人を傷つける可能性もあります。