自分自身の牢獄から抜け出し前進する

25 2月, 2018

何をしても物事が悪化し、宇宙があなたに反して動いているかのように、前進する方法がないように見える時があります。しかしほとんどの場合、それらの状況は私たちが作り出しているほど難しいものではありません。あなたが自分自身の牢獄から出て、前進するのは思っているよりも簡単なのです。

起こっているすべてのことや、あらゆる決定の結果がコントロールできないものであることを嘆くのはよくあることです。何かを始める前、もしくは挑戦する前に結果が分からないという事実は多くの人々に不満をもたらします。しかし、起こることすべてを解決しようと現実を複雑にすることは本当に必要なのでしょうか?

機会の扉を開いておくことで、人生ははるかに簡単になります。 すべてのものを握り締めるのは不可能な使命です。それは、素晴らしい瞬間と、新しいことや驚くべきことを得る可能性を奪い取っています。

あなた自身に耳を傾け、自分自身と戦うのをやめ、前進する旅に出てみてください

人生は、あなたが想像するよりはるかに多くのものを与えてくれます。 それなのになぜ、すべてが絶対に制御され計画されている牢獄に身を拘束するのですか?あなたの運命がいつもそこにあるにもかかわらず、あなたが迷子になってさまよう必要はありません。たとえ悪いことがあっても、ほとんどの場合、苦しむか、それに直面するかしか選択肢はないのです。

タンポポの綿毛を顔に近づける女性

しかしどのようにしてその方法を見つければよいでしょう。自分自身に問うこと何かヒントを得られるでしょう。あなたが正直になり、「するべき」ことや 「社会的に正しい」ことに捕らわれた声を静めることができれば、あなたの内なる声を聞くことができます。 そして、計画外で、何か違うことをする必要があると感じるときは、自分と戦わないでください。 あなたの内側の声が求めるものを探検してください。 あなたが必要とするものを解読し、あなたの可能性の範囲内でそれを行う方法を探すのです。

しかし何よりも、その自己の探求の中で、信頼することを忘れないでください。そうすることで、あなたは前進することを楽しみ、そこから何かを得ることができるのです。そのようなやり方でのみ、感情を露わにし、成長し、自分自身と向き合い、前進するために必要なものを表現する手段を見つけることができるのです。

あなたは自分の牢獄を開けるためのカギを持っている

多くの場合、私たちは私たち自身がカギを持っている牢獄に自分自身を収容してしまいます。なぜでしょう。なぜ、私たちが羽ばたく代わりに、私たちの翼を切ってしまうような人生を歩むのでしょう。なぜわたしたちはこのような大きな可能性を秘めているにも関わらず、それを歩むのをやめて平凡な人生を選ぶのでしょうか。

その理由は、コントロールされてプランされた人生の上を歩くのが心地よいからです。しかし同時に、自分自身を快適な場に置き続けることは欺瞞的なことでもあります。自分自身を開放するための扉を開くには、あなたの狭い視野を取り除くことから始めます。なぜなら狭い視野はあなたの前にあるすべての機会について考えるチャンスを与えてくれないからです。

自分自身を快適にすることは、時には過去の経験の結果であることは事実です。 苦しみと苦痛は、恐怖、混乱、そして偏ったな信念で私たちの感情の箱を埋めてしまいます。では、その感情の箱をお荷物の代わりに道具箱に変えてみてはどうでしょう?

あなたは鍵もドアを開く力も持っているのです

あなたは、自分自身の刑務所のドアのカギに加えて、ドアを開くための勇気を持っていなければいけません。恐れは私たちが取るすべての決定の下に隠されています。 無知の人、失敗した人、間違いをする人、あるいは裁かれる人の失敗に対する恐怖は、私たちを前進するのを止めてしまうものです。

しかし何もしないことは、まるで私たちが生きているのに死んでいるように感じるように、後悔を感じる方法です。今、あなたは失敗を恐れているとともに、勝利の機会を失うを怖がっているのではないでしょうか。あなたはぐちゃぐちゃにするのを怖がっているようですが、あなたの良いアイデアを失うことは怖くないのですか。あなたは人に裁かれるのを恐れていますか。将来の自分自身については怖くないのでしょうか。

あなたのコンフォート・ゾーンを超えて前進する方法

あなたの刑務所があなたのコンフォートゾーンです。誰もあなたをそこにキープしているわけではありません。あなたのコンフォートゾーンはあなたが戻ってくる必要があればそこに存在し続けます。あなたがその刑務所を開ける鍵を持っていることを忘れないでください。あなたはそのコンフォートゾーンから抜けることができるだけではなく、帰ってくる自由も持っていることを忘れないでください。

あなたはそのコンフォートゾーンから一歩抜け出すリスクを冒す必要があります。あなたが正しいことをしていると信じられるならば、そのリスクを抱きしめて下さい。まだ準備ができていないと感じるなら、あなたは何かに飛びこむ必要はありません。一歩一歩前進してください。少しずつあなたは安心できるようになるでしょう。そして何よりも、少しずつ自分のことが好きになるでしょう。

リスクについての不確実性も役割を持っています。あなたがその不確実性になれるにつれて、そしてそれを管理する方法を学ぶにつれて、あなたの恐怖心は好奇心に代わるでしょう。