知恵と愛のあるスザンヌ・パウエルの名言

2018年9月8日 in 好奇心 0 シェア済み
スザンヌ・パウェル

スザンヌ・パウエルの言葉は、自己成長を助け心を元気にします。責任と気付きを呼び覚まします。自立と禅の専門家であり、言葉を通して命の躍動を感じさせ、私達を「リセット」してくれます。

精神的目覚めと自立に富む分野で人生を導いてくれます。スザンヌ・パウエルはこの分野に新しい風を吹き込みました現実と上手く向き合い、内側から広げていくための適切な方法を知り、成長し、学ぶ元になるものを秘めています。

スザンヌ・パウエルは、マドリードに住むアイルランド出身の女性です。人に真の変化、気付きをもたらすため、日々講演会や教室を開き、研修、教育を行っています。また、本には彼女の言う新たな倫理文化も紹介されています。ひとりひとりが無条件の愛を受け取り、広げていくというものです。心と精神を大切にし、尊敬しあえる世界です。

スザンヌ・パウエルの言葉は、人をこの尊敬の世界へ導きます。次に紹介する彼女の言葉はその一部で、特別なものばかりです。

蝶と顔

1.スザンヌ・パウェルの愛にまつわる言葉

「お互いを愛そう。時間はない。残された時間なんてない。」

-スザンヌ・パウェル-

これは、最新の本に書かれた言葉です。この言葉の載ったページは、このメッセージが強く表現されています。今すぐ行動するよう急き立てられます―時間を大切にしましょう。

調和とバランスのとれた未来は、人が「今ここに」責任を持ったときのみに生じる新たなステージです。愛がカギです。未来で待つ挑戦に打ち勝つためには、心の強さ、精神的強さを備えておくことが必要です

2.許すことを学ぶ

「許し、忘れ、受け入れる。」

-スザンヌ・パウエル-

東洋の哲学を含めた多くの宗教において、許しは理論的柱のひとつになっています。許すことができる人は、共に生きることを学び、解放、成長、発展につなげます

スザンヌ・パウエルは、彼女の視点でこれについて言及します。許すこととは、身の回りに起こることを受け入れその出来事や状況から学ぶことであり、前へ進み、より満たされると同時に身軽になるということです。

3.繋がり、知る:自己認識

「自己と繋がり、自己を知ることは大切で、周りの人との関係や周りで起こることを理解することにつながる。地位や学歴ではなく、まず自分の内にあるものを見つめよう。」

-スザンヌ・パウエル-

スザンヌ・パウエルの最高の名言で、いつも心に留めておきたい言葉です。私達は生活するうえで、仕事に焦点を置きがちです。職場で生産性を上げるため、地位や技術、心理学的知識を磨きます

どの力を磨いても、自分を知っておかなければ幸せや自己成長にはつながりません。自己と繋がることが、真になりたい自分への道です。人生の目的を達成するため、自分の限界とニーズがどこにあるのか探りましょう。

鎖と女性

4.禅とは何か

「必要なのは、どのような状況でも内なる平和、平穏、調和を保つ材料である。それが禅の美だ。」

-スザンヌ・パウエル-

禅と聞くと、文化をイメージする人も多いでしょう。武道や室内の装飾、庭。スザンヌ・パウエルはこの分野に精通しています。スペインの禅の団体の代表であり、様々なボランティアと協力し、読者の日々の生活に役立つよう、仏教の本質を説いています。

禅は心と体の調和です。真の変化をもたらすための責任や正しい方法です。例えば、スザンヌ・パウエルは、チャクラのバランスを整える部分を鍛える方法や呼吸法について話します

5.気長に、楽観的に

「全ては周期的であり、変化に目を向けよう。常に波の頂点に立ち、何が起きているのか、離れていくのか、助け合うのか、全体を見渡そう。時間はすべてを決まった場所に置き、全てを癒す。気長に待とう。」

-スザンヌ・パウエル-

何事にもすぐに食らいつくようせかされる世の中です。5歳児のような不満をもち、我慢できない世界です。しかし、気長でいることは息をするのと同じように重要です。

不確かなものに囲まれた交差点に立たされた時でも、状況を受け入れようというメッセージのこもった興味深い言葉です。そして、このような場合でも、楽観的に、勇気をもって耐える方法を知っておかなければなりません。

星空

6.手本になる

「批判されたくなければ、人を批判せず、傷つけられたくなければ、人を傷つけるな。人が真似する手本でいよう。」

-スザンヌ・パウエル-

否定できますか?私達は、何も考えず人を批判します。人の態度や言葉、行動をすぐに批判します。知っている人、知らない人関係ありません。自分の置かれた環境を整理するために人を批判しているのです。カテゴリー別に分け、それに見合ったレッテルを貼ります

ここから何が起こるでしょう。スザンヌ・パウエルはこう言います。誰かが誰かを傷つけ、傷つけられ、嫌な行為が生じ、人はわがままになるだけです。このような環境では何も成長しません。レッテルを貼ることで、人間は前へ進みません。調和のとれた未来を目指すのであれば、自分から始めましょう―人が真似する手本でいよう

7.今ここを大切に

「どんな時も自分を大切に、結果を含めて今を楽しむ。」

-スザンヌ・パウエル-

「今ここ」を楽しむことは、今日再注目されている言葉です。自己成長の柱であるこの考えを取り入れられているでしょうか?実際、いつもではないという答えが多いでしょう。過去を引きずったり、将来を心配しすぎるためです。これでは、現在までぼやけてしまいます。スザンヌ・パウエルの言葉の力を借りましょう。今を大切に、自分の責任は自分にあります。

愛と知恵の言葉

最後に、これらの言葉を通し、あなたも何か考えることがあったでしょう。考え方に共感し省みるだけではだめです。行動しましょう。日々の生活に取り入れ、生き生きと、より親しく、愛のある寛大な世界を作りましょう

あなたへおすすめ