エクササイズは精神面で生活を改善させる

· 2018年7月23日

肉体的にも精神的にも生活を改善させるためのガイドの多くが、様々なアイディアを紹介しています。これらは説明したり議論したりするのは簡単です。しかし、実際に日々の生活に取り入れるのは簡単ではありません。自分のルーティーンを変える必要があります。特に、だらけた習慣です。 自分で作り出し、何度もしているうちに抜け出せなくなるようなものです。


ダンベル

もちろん、運動はいいことです。でもメンタルレベルでは運動にはどんな効果があるでしょうか?自分のスケジュールに組み込むに値する理由は何でしょうか?家に戻って、片付けたりご飯を作ったり休んだり言語を学ぶ代わりに運動を選ぶ意味は何でしょう?

やる気がでない、外は雨が降ってるし風も強い、ジムは人が多いし暑すぎる。それでも行く価値がある理由とは…?

運動をすることで体内の細胞を維持する

精神というのは少し抽象的なものかもしれません。多くの人がオーケストラの指揮者がオーケストラと別物だと考えるように、体と精神は別、と考えている人が多いようです。生物学的システムの一部ではないかのように捉えています。肉体的疲れや精神的な疲れについて話すとき、2つは全く別物のように話します。でも、それは正しくないのです。

エクササイズをするとき、何かとても変なことが起こります。細胞が酸素を送り込みます。運動をすると、家に対してするように体を換気するんです。もちろん夏には行うことが簡単です。しかし、冬には話が変わってきます。リビングやベッドルームに冷たい風が吹き込んできたら嫌ですよね?でも一回やったらどうなりますか?ちょっと気分がすっきりしますよね?

モーター(心臓)がスピードを上げる感覚を体が楽しむときもあれば、かなりだるい日もあります。でも、運動をしたらどう感じますか?気分がすっきりしますよね? 

靴

エクササイズは体と精神をつなげる

神経システムの中にある細胞は、ジョギング、ジャンプ、サイクリング、ウォーキングなどで体を動かしてカロリーを消費することで喜びます。エクササイズには、精神と体に他にも大きなメリットがあります。これはコミュニケーションに関係していることです。よく運動をする人で、一時的に怪我をしている人に何が恋しいか聞いてみてください。たぶん自分の体とのコミュニケーションと答えるでしょう。

運動できずに1週間、2週間といたら、自分の体がもう話してはくれないと感じるかもしれません。あるいは痛みの言葉でしか話してくれないと感じるかもしれません。体から得る情報は、かなり質の高いものです。運動するときに得るものは、体とのコミュニケーションです。エネルギーがもっとあるかないかを見極めるのに害のあることをする必要はありません。あまり運動しない人には説明してもわからないかもしれません。体とのコミュニケーションが取れることがどんな感覚か忘れてしまっているんです。もったいないですよ。

コミュニケーションを充実させることは、努力するだけの価値があります

ソーシャルライフを改善して、自分のための時間をつくれる

もう一つの精神的なメリットには2つの面があります。ひとつは社会的な面です。個人的なエクササイズだろうが、スポーツだろうが、同じようなことをしている人に出会うのは難しくありません。アクティブな人は家にこもりません。こういう人は、スポーツや他のライフゴールてあなたのモチベーションを高めてくれるはずです。あなたのソーシャルサポートの枠を広げてくれます。

もう一つのメリットは、運動することで自分の時間を確保できることです。振り返って考え事をしたり、心配事を忘れられる時間です。運動するときは、どこかに時間通りに行かなければという心配をしません。料理を焦がしたり、自分のすることが人を傷つけたり、自分のイメージを傷つける心配もしません。運動をすることは自由の行動です。精神機能をアップデートし、自分と向き合えます。

運動が精神的な不快感を与えることはほとんどありません。運動しているとき、自分という人間(あるいはなりたい人間)と自分のすることの間につながりを感じます。脅威はなく挑戦のみです。点を入れたりちょっと早く走るという挑戦です。物事がシンプルになります。そして、その自由の感覚を精神はありがたく思うはずです。

ヨガ

エクササイズ、自制心、信仰、感情

運動の間接的なメリットは、秩序と自制です。定期的なエクササイズで、調和の感覚を得ることができ、気分がよくなります。「ねぇ、自分で設定したゴールをちゃんと達成できるじゃない。」と言っているようです。このようなメッセージが自尊心を強め、ゴールを達成しやすくなります。

諦めてしまった人がたくさんいます。彼らの言葉が聞こえるかもしれません。自分が達成できると信じることができずに目標を立てなかったのです。ネガティブなセルフトークの無政府状態を生きています。彼らがする選択はランダムでバランスが弱いのです。これらのケースでは、自信をつけるのに運動よりいいアクティビティーはありません。

どれだけたくさんのメリットがあるでしょうか?まだまだあるんですよ。最も大切なもののひとつを紹介しましょう。それは、感情のコントロールです。運動することは、余ったエネルギーを使用するポジティブな方法です。わたしたちは実際に使うより多くのエネルギーを取り入れます。 脳のアクティビティーをあまり必要とせず、感情に集中することができます。

運動をすることは心拍数と緊張を緩和します。その為、運動する前よりもっと余裕ができます。行動するためのより広い精神的スペースを得て、感じている感情からの情報を賢く使うことができます。そして、後で後悔するようなことを起こしかねないエネルギーの使い方を回避できます。うまくスケジュールに組み込めば、子どもも運動によって自制心を改善し、眠りのコントロールが高まります。

試してみる価値あり、って思えましたか?