知性と節度を高める老子の格言5選

2019年9月14日
素晴らしい知恵を現代にまで遺してくれた老子は、賞賛に値します。老子の考えは、東洋文化の本質的な原則の多くを反映しています。

老子とは、中国語で「年老いた師」を意味しますが、7世紀に中国に住んでいた哲学者や思想家として知られる「老子」の名前でもあります。

老子は「老子道徳経」を書いたと信じられていますが、謎に包まれた人物であり、老子が実在した人物かどうかを疑う研究者も多くいます。

私たちが確実にわかっていることは、「老子」という名前の元で、現在でも語り継がれる多くの言葉や伝説が存在するという点です。

そして何千年後である現在でも、老子の言葉から学ぶことはたくさんあります。

「良い言葉で交渉はできるが、自分を素晴らしいものにするためには、努力が必要だ。」

-老子-

素晴らしい知恵を現代にまで遺してくれた老子は、賞賛に値します。老子の考えは、東洋文化の本質的な原則の多くを反映しています。

良い判断力、シンプルさ、そして平穏さが老子の言葉の魅力であり、私たちの知性と節度を高めます。

本記事では、老子の素晴らしい格言を5つご紹介します。

こちらもご参照を:内面の光を輝かせる東洋の知恵

1. 老子の目に映る幸福

老子の格言は、幸福を多く反映しています

消費主義の時代になる何世紀も前から、老子は自らの視点で、東洋哲学では幸せを物の所有から切り離して考えると説明していました。

時代を超越したこのテーマにおいて、老子は「少しのもので満足しない人は、多くを得ても満足しないだろう。」という言葉を遺しています。

老子 格言

この格言は、自分が何を持っているかは関係のない枠組みにおいて、幸せが見つかるという意味です。

何かをたくさん持っていることと幸せは同義ではありませんし、何かを所有することなく私たちは幸せを見つけることができます。

幸福と不幸は、持ち物や私たちを取り巻くものとは関係なく存在します。

2. 頑固さと柔軟さ

厳格であることを美徳として語る人が多くいますが、私たちは生きているという論理を忘れているのではないでしょうか?

生命があるところには変化があり、変化には適応が必要です。

鋼鉄のような頑固さではなく、水のように柔軟な流れが生命には必要です。

このテーマに関して、老子の素晴らしい格言があります。

「人生を生きている間、人間は柔軟に進化する。死の瞬間、人間は堅く不変となる。太陽の下にある植物は柔軟な繊維状だが、乾燥して枯れやすい。柔軟性と弾力性が生命に関わり、剛性と不変性が死と連動するのはこのためだ。」

-老子-

3. 愛し愛される

人道主義者の教義が登場して人気を得るよりもかなり前に、老子は愛の力についての視点を提示しており、愛することと愛されることの深い違いを、その格言で強調しています。

「深く愛されることはあなたに力を与える一方、深く愛することはあなたに勇気を与える」

-老子-

老子 格言 愛情

強さと勇気の間には微妙ながらも大切な重要な違いがあります。

強さが何かを行う物理的で主観的な力として定義される一方で、勇気とは、勇気を持って実践するという自分の選択を指します。

強さは自分ができること、そして勇気は自分が望むことです。

4. 欲望と欲求不満

アジアの中には欲望を断固として拒否する文化がありますが、これは欲望が過度の苦しみの原因となると考えられるからです。

東洋哲学では、自分が望むものを探す前に自分が持っているものをあきらめる力により焦点を合わせます。

この哲学に忠実な老子の格言があります。

「望まない人は欲求不満にはならない。イライラせず、腐敗しない。すべてが起きている間、真の賢人は静けさの中で待つ。欲望は何も示さない。この考え方ならば、平和と調和にはそれぞれの場所があり、世界は自然な流れに従う。」

-老子‐

成長と進歩が野心の源となる西洋社会では、このような東洋の考えは理解されにくいとはいえ、現代社会が持つ欲求は底知れず、決して満たされることのない底なし沼のようになる可能性もあります。ですので、老子のこの言葉が一石を投じるかも知れません。

発見:最小努力の法則を使ってストレスをコントロールしよう

5. 戦うか退散か

武道の本拠地とも言える東洋文化では、逆説的に、武道の大半は可能な限り戦いを避けるように指導されます。

戦争から私たちが学ぶことは、戦争を避けるために最善を尽くさなくてはいけないということです。

老子の格言も、この考えを支持しています。

「戦争を引き起こすのではなく、受け入れなさい。1センチ前に侵攻するよりも、1メートル退散する方が良い。」

-老子-

知性と節度を高める 老子 格言

老子の考えと格言は、間違いなく現代社会に贈る素晴らしい知恵です。

より良い人生を送るための指示を提供するだけでなく、格言を通じて多くの教訓を私たちと共有しています。

何千年も前に存在した人物から私たちは多くのことを学ぶことができるため、まるで今でも老子が生きているようです。