内面の光を輝かせる東洋の知恵

· 2018年7月28日

自らの内面を意識して探求すれば、誰でも内面の光を輝かせることができます。どんな人間も、知恵を持っています。しかし、多くの人が自分が学んだことを輝かせることができていないようです。

このような状況をランプの電源を入れる行為に例えることができます。接続されていて、電力も利用可能です。電力を電球に送るための構造もちゃんとあります。スイッチを押せばいいだけです。自分の中の光を輝かせるのも同じことです。すでにあるメカニズムに命令を出して、エネルギーを流れさせればいいだけです。

 

「賢くなりたいなら、疑問を持ち、よく聞き、落ち着いて反応し、言うことがない時は黙っていることを学ばなくてはいけません。」

-ヨハン・カスパー・ラヴァーター-

東洋の賢者たちは内面の光を輝かせるための重要なヒントを残しています。必要なのはやろうとする意思です。輝く光の筋は、あなたのを照らしてくれます。他の人にとっても導く光になるかもしれません。これを実現するためのステップを見てみましょう。

内面の賢者とつながる

毎日が学びです。学びを探して見つける人がいます。出来るだけ早くページをめくってしまおうという人もいます。そういうひとは次に何が起こるかしか考えていません。そのようなふるまいは自分という人間とのつながりができていない証拠です。

 

ドア

毎日のちょっとした内省で十分です。その日成し遂げたこと、失ったものを考えてみてください。どれくらい前進したか、どのように後退したか考えます。こうすることで価値のある教訓を得て、自分自身の知恵を育てます。それが内面の光を輝かせるカギになります。

内面の光を輝かせたいなら耳を澄ませて

聞くことは心と精神の高い技術です。自分の偏見を抜きにして、他人に自由に表現を許します。いい聞き手は、話し手に白紙のページにストーリーを描いているように感じさせます。

相手に深い敬意を持って、自分を完全にオープンにしたとき可能になります。敬意と愛を伴って聞くことは、自分の内なる光を輝かせる方法のひとつです。しかも、相手は邪魔されずに自分自身の声を聴くことができます。

夢にフォーカスする

夢があるところに人生があります。人生があるところに光があります。自分の願望に集中することも輝くための方法です。意味のある目標やゴールを自分に設定して、到達するまで諦めないということです。

自分の夢のために戦うことは、内面的にも外面的にもあなたを輝かせます。より忍耐ある粘り強い人間になるようにあなたを鼓舞します。そして、それは他人をも刺激します。自分の願望のために目標を設定する人は、他人からもよく見られます。お手本になることで教えを説いているのです。みんなが愛する物のために戦えたら、世界はもっといい場所になります。

愛情を持って自分を表現

愛は恋愛感情だけではありません。また、それを感じることができる人は幸運です。愛を感じることはとても実りの多いことです。暖かく心地よい光を人生に与えるような感覚です。すべてを違う風に見せてくれます。

ここでお話ししているものは恋愛も含みますが、それだけではありません。どんな生き物、風景、人生そのものにも愛を感じることができます。内面の光を輝かせる助けになるものであれば、それは愛なのです。

愛は自分で表現しなくてはいけない感情です。感情だけではありません。ジェスチャー、言葉、行動も愛情を表す方法です。人が愛を表現するとき、周りを照らします。他人の一番いいところを見抜いて、それを育てます。

魂を育てるものを見つける

自分の内面の平安を育てずに、内面の光を輝かせる方法はありません。世界はわたしたちに刺激を与えすぎます。この刺激は精神の乱流をおこします。憎悪、怒り、拒否… 平静を壊すものが人生にはたくさんあります。

力

自分の魂を養うスペースが必要です。物理的、抽象的スペースどちらでも構いません。落ち着きと平和を見つける自分だけの儀式を生み出してください。自分の光を見つけるためには、自分のこころがそれを反射する穏やかな鏡でないといけません。

わたしたちは光です。どんな人の内面にも、世界をよりより場所にする力がある賢者がいます。わたしたちが住む世界は、内面より外側ばかりを見るように強制します。そうならないようにしてください。内面の自分と光を見つけることにフォーカスしてください。