膣痙攣:その定義、症状、治療法

2018年7月8日 in 心理学 0 シェア済み
膣痙攣:その定義と症状と治療法

性行為のある人に最も一般的な問題の一つに膣痙攣があります。これは私達が思う以上に一般的な問題にもかかわらず、認識はあまりされていません。膣痙攣は性機能不全であり、自尊心の喪失、不安、コミュニケーションの問題、そして関係を持つ両側の不満などを引き起こしてしまいます。

約3組に1組が性的な機能不全に悩んでいると言われており、多くの女性が性行為に関連した問題を話すことについて不快感や恥ずかしさを感じる傾向があります。しかし、この問題はあなたの体や心に悪い影響を与える恐れがあるので、軽視すべきではないのです。

膣痙攣とは?

膣痙攣は女性の膣を囲む骨盤底筋が不随意に引き締まる状態の事を指します。これは部分的、または全体的な膣の閉鎖を引き起こし、痛みを伴うので性行為での挿入を困難にしてしまいます。この筋肉の収縮には軽い場合と激しい場合があるので、不快感や性行為が出来ないなどの問題に繋がってしまうのです。

落ち込む女性

膣痙攣はDSM-Vが「痛みを伴う障害」(性交困難と膣炎)と呼んでいる範囲内に入ります。これは、「生殖骨盤浸透/痛み障害」(Moyano and Sierra、2015、p.277-286)の名称で組み合わされています。

このカテゴリーは新しいですが、膣痙攣と呼ぶのは一般的です。そして、この症状の診断は女性の感覚に基づいて行われるので難しい傾向があるのです。健康診断が必要になりますが、骨盤の検査は基本的にはオプションで、通常のものに含まれていない場合があります。

膣痙攣のタイプと痛み

最新の研究では膣痙攣には2つのタイプがあります。それによると、

  • 全体的膣痙攣:この場合、女性の性行為に対する激しい恐怖が拒絶に影響します。そして、骨盤底筋の全体の収縮が起こり、女性がコントロール出来るものではありません。
  • 部分的膣痙攣:全体的な痙攣に比べ、これは部分的な筋肉の収縮です。これは性行為中に膣が閉鎖し、大きな不快感を生み出します。

また、私達はこの痙攣が一次痙攣、または二次痙攣かをしっかり区別する必要があります。一次痙攣は心理的、または心理的なものと複合した要因と関係しており、二次痙攣は外傷や手術、転倒、またはカンジダ症や再発性膀胱炎の後に現れます。

膣痙攣が起こる理由

性機能不全の90%が心理的な根源があると言われています。この症状の主な原因は過去のトラウマや性的虐待、そして精神的な健康要因が挙げられ、同様に持続的な肉体の痛みに対する反応が原因の場合もあります。

性行為を恐れていても、性行為への欲望は失いません。もちろん、女性が欲望や興奮を感じることは正常なことなので、膣痙攣になっても挿入を行わずにオーガズムに達することは可能です。

1986年のバーローズモデルによると、性機能不全は認知障害と不安を伴う多次元プロセスが原因で起こると言われています。そして、このプロセスは次のように続きます。

  • 女性が性行為に対して否定的な反応をする
  • これは女性にとって無関係の刺激や状況、または否定的な期待に集中するよう促す
  • その結果、否定的な感情が高まる
  • 否定的なプロセスが続き、性的反応を阻害する(カラスコ、2001)

DSM-Vによると、これは先天的、または後天的問題です。もしこれが後天的な問題の場合、性行為による持続的な不快感や性的虐待が原因で、トラウマや性機能不全を助長してしまいます。

その為、医師に相談することがいつも大切です。これは萎縮性膣炎またはさらには糖尿病(乾燥および刺激を引き起こす可能性がある)、感染症または子宮内膜症も含みます。

顔を隠す女性

個人的要因と非個人的要因

マスターとジョンソン(Master and Johnson 1970、1987)によると、膣痙攣には個人的な要因と非個人的要因があると言われています。個人的な要因には、間違った情報や文化的な迷信(噂)、恐怖、拒絶反応、そして痛みなどと関係しています。

この研究から40年以上経過していますが、膣痙攣の要因に関しては未だに正確でなく、間違った情報などが関連していると言われています。私達は違う世代ですが、何年も前からの誤った情報はさらに歪曲しているのです。映画やポルノ、「ファッション」、ソーシャルメディアなどの媒体が、そういった情報を生み出しているとも言えます。

「エロティシズムは不可欠な詩と同じように自己知識の基本的な手段の一つなのです。」

-アナイス・ニン-

非個人的な要因は性的関係を持つ相手とのコミュニケーションや力関係、攻撃性、肉体的魅力の喪失、不信感、性行為に対する異なる態度などが挙げられます。そして、このような要因は性行為の問題(行為中の痛みなど)に繋がってしまいます。

問題を解決するには?

ここでは様々なアプローチが推奨されています。これは、複数の医学分野の観点からこの問題に取り組むことを意味し、産婦人科や理学療法士、そして心理療法士と一緒に取り組むのが理想的です。

この3つの分野で問題解決に挑むことで、あなたの思考や態度、性的なスキルだけでなく、筋肉そのものを改善することも出来るのです。また、これは個人的にも役に立ち、より良いカップルになれるようあなたを助けてくれるでしょう。

理学療法士は、筋肉に関わるレベルではホルモンの変化や筋繊維、カルシウムの放出、炎症などを担当します。ここでは通常、感覚の差別化や手の圧力、拡張期、骨盤底へのアプローチ、姿勢矯正、そして、回復と長期的な予防のための腹部へのアプローチなど様々な技術が使われます。

また、精神面も回復のために必要不可欠な部分です。先ほども述べたように、性機能不全の原因は90%が精神的な原因であることを忘れないでください。また、問題を継続させる状況について話すときには、この割合は上昇します。そして、精神的な治療には思考、感情、そして行動の3つの作業が含まれます。

心理療法の目的

思考に関わるレベルでは、性に関する迷信(噂)や信念、そして恐怖に対処する必要があります。強迫観念と否定的思考に積極的に取り組むことは、前へ進む為に不可欠なことなのです。そして、性行為に関する問題は心理的な問題と大きくかかわっているのです。

交際関係の問題と不信感は、治療に必要な2つの要点で、最後は痛みに対する思いが挙げられます。感情的な問題に関して、セラピストは患者の不安や恐怖、そして自尊心についても取り組むでしょう。

「あらゆるエロティックな出会いには、創造力という、目に見えない、常に活発な性格を持つ力があります。」

-オクタヴィオ・パズ-

セラピーを受けるカップル

個人でもカップルでもお互いの思いを話し、精神的な教育を持って問題に取り組まなければいけません。そして、女性は膣に関しての知識を持っていないことも時々あるので勉強する努力も必要です。

また、セラピストは自己探求と自己刺激の訓練を勧めるかもしれません。ここでの目的は刺激に対する体の反応と反応に対する自己知識を向上させることです。さらに、性行為への不安を軽減し、性的喜びを与える、そして受けることを学び、コミュニケーションを改善することも考慮されています。これは全て筋肉のリラックスなどの技術と組み合わされているのです。

私達の関係とサポート

性的な問題を解決することは、カップルの関係を大幅に改善する力があるということです。しかし、これは性行為が全ての関係に関する問題を解決出来るという意味ではないので注意してください。膣痙攣の治療は高い成功率を伴います。そして、その治療を妨げているのは、女性が感じる恥ずかしさと恐れと言われているのです。

あなたへおすすめ