この騒がしい世界で心の平穏を手に入れる

2018年7月26日 in 心理学 0 シェア済み
この騒がしい世界で心の静寂を手に入れる

静かな人は、この忙しい世界では理解されにくい存在です。静かな眼差しや素晴らしい素振り、そして地に足がついている存在感は、この社会では恥ずかしがり屋として捉えられるのです。しかし実際には、彼らは人生に対して優れた態度を持っており、心の平穏を見つけるために努めているのです。

アルベルト・アインシュタインは、静かな生活の単調さと孤独は創造的な心のモチベーションとなる、と述べています。にもかかわらず、その穏やかなイメージは現代社会では上手くいかないのです。静かで内向的な性格について書いたスーザン・ケインは私達にそれを思い出させてくれます。

「静かな場所には理由がある。」

-アドレー・E・スティーブンソン-

例えば、教師がリラックスして落ち着いた静かな生徒のことを誤解することが良くあります。その子供達を情熱的でない、恥ずかしがりやで殻に閉じこもった性格だと思い、「個性がない」と冗談を言う教師もいるかもしれません。私達の社会では、声をあげて積極的に参加できる人が高く評価される傾向が未だに強いのです。

また、個性がないということは他と比べて良いことでも悪いことでもないことを覚えておきましょう。人間の様々な行動や態度の違いが世界を豊かにし、私達の一人一人が周囲の人に何かを与えているのです。これは、私達がそれぞれの性格の後ろに隠された大切なことを理解し、それに気付く必要があることを意味します。

海辺の岩の上に立つ男

静かな人の脳

静かな人の脳は少し違う働き方をします。この考えは驚きを与えるかもしれませんが、近年の新しい情報ではありません。60年代に、有名な心理学者であるハンス・アイゼンクが皮膚覚醒理論を唱えたのが始まりで、彼はこの概念を使い、なぜ静かな人は外向的でない傾向があるのかを説明したのです。

また、他の研究もアイゼンクの仮説を認めました。2012年、ハーバード大学の研究者はこのアイデアをさらに応用した研究をおこなったのです。その発見と研究の基本的要素を見ていきましょう。

  • 外向的な人が幸せになるにはより多くのドーパミンが必要です。その結果、幸福感を得るために新しい経験や頻繁な社会的接触を必要とするのです。
  • 静かな人はドーパミンの低い数値で幸せを感じるのです。それ以上の数値になると不安やプレッシャー、そして疲れを感じてしまいます。その為、彼らはリラックス出来て、調和のある状況に幸せを感じるのです。
  • さらに、研究者は静かな人の前頭前皮質の異なる構造を観察しました。彼らは抽象的な思考に関連する灰白質を多く持っていたのです。それは、このタイプの性格が内省・内観的な傾向にあることを示します。

ニューロン

静かな人の癖

静かだからより幸せで、能力や知性が高いというわけではありません。活発で外向的な人にも同じようなことが言えるでしょう。ただ一つ異なるのはこの世界の捉え方です。

彼らは自分の周囲と異なる関わり方をするので、習慣も違います。その違いに繊細になることで、私たちは静かな人をより理解することが出来ます。理解できれば、自分に役立ちそうな部分を真似ることも可能です。

「静寂が最も大きな声になる時がある。」

-リロイ・ブラウンロー-

静かな人の特徴

  • 孤独を楽しむ:一人でいることは自分を知るのには最適だと知っています。孤独の方が創造性を目覚めさせることが出来、恐怖に対処して目標の設定が可能なのです。
  • 選択的:静かな人は何が自分に良くて、何が自分を怒らせるのかを知っています。無視することと利用できることの違いを理解しており、一緒に過ごす人を選ぶのに長けているのです。
  • 物事を個人攻撃として捉えない:不和や失敗などに固執する人は苦しみます。ですので、一歩下がって、視野をいくつか持つことは重要なのです。静かな人は他人と自分の間に健康的な距離感を作る方法を知っており、人生で起こることが全てプロセスだと理解しているのです。大切なのは、出来るだけ軽く前へ進むことです。

花畑

  • 見る、聞く、感じる、そして学ぶ時間をとる:自分の感覚と周囲を繋げることほどご褒美になるものはありません。静かな人は平然とした態度を持っていますが、心の中では感情や経験を求めています。つまり、彼らの理想は静寂から始まって方向付けされていくことなのです。観察する目、しっかり聴く耳を持ち、大切なことなのか、そうでないのかを区別することが出来ます。
  • ゆっくりは良いこと:騒がしく忙しい世界では、静かな人がその中で唯一急いでいない人です。そして、彼らが急がないのは、自分がどこに向かっているか知っているからです。自分を良く知っているので、自分のリズムや間を持っており、彼らにとって目標を達成する為の最も良い道のりは明らかなのです。また、静かな人は物事を一つ一つ処理することを好みます。ゆっくりとした平和が良いのです。

つまり、静かで平和的な人の力を過小評価しないようにしましょう。彼らのリラックスしたカリスマ性は私達に様々なことを教えてくれます。最高の革命は静寂から始まることもあることを忘れないようにしましょう。

あなたへおすすめ