クリエイティブな脳になる方法

2019年6月8日
考えを育て上げることは、いいアイディアを多く生み出す一つの方法です。また、アイディアをもっと自由に生み出す方法もあります。これらは全て脳を鍛える過程の一例です。では、あなたの脳を創造力豊かなものに鍛え上げるための、いくつかの方法とアドバイスを紹介します。

クリエイティブであることってちょっと過大評価されがちじゃない?と思っていませんか?それとも、人類には偉大な考えが必要だと思いますか?あなたは他人のアイディアを尊重できる人でしょうか?それとも、あなた自身の新しい考えが、自分、そして他人の人生を変えるのに貢献できると思いますか?

誰でも、脳を鍛えることで想像力豊かになることができます。しかし、そのためには、想像力が役立つものだと信じることが大切です。

人間の価値の中で、創造力以外に大切なものはないと言って過言ではないだろう。創造力なしでは、進歩もなく、同じことを永遠に繰り返しているだけであろう。

エドワード・デ・ボノ

毎日の創造力

創造力豊かな頭が、高く評価されるのは今後も変わらない事実でしょう。一方で、創造力は大小に関わらず、日々直面する問題解決に大いに役立ってくれます。また、普通の考えでは解決できないような問題に対しても、想像力のおかげで素晴らしい解決策が思い浮かぶこともあります。

ここでいう想像力豊かな頭とは、アルバート・アインシュタインのような脳のことではなく、私たちが持ち合わせている想像力のキャパシティーをどれだけ広げることができるかということです。創造力とは、美術家、作家、実業家に限られたものではありません。誰しもの生活を独創的なものにする可能性を秘めているものなのです。

クリエイティブな脳になる方法

クリエイティブになる9つの方法

自分がクリエイティブな人になるのは無理だと思い込んでいる人がほとんだと思いますが、それは間違いです。みんな、今よりももっとクリエイティブになることができます。きちんと脳を鍛えることで、毎日少しずつクリエイティブになることができるのです。

考えを育て上げることは、いいアイディアを多く生み出す一つの方法です。また、アイディアをもっと自由に生み出す方法もあります。これらは全て脳を鍛える過程の一例です。では、あなたの脳を創造力豊かなものに鍛え上げるための、いくつかの方法とアドバイスを紹介します。

全ての人に才能はある。人間である限り、何か表現することがあるからだ。

ブランダ・ウェランド

結果を気にしない

大切なのは、過程であって、結果ではありません。考えを形にする過程を楽しむことで、頭が自由になり、別の方法を考えたり、広い視野で考えることができるようになります。あなたの意識を十分に注ぎ込だ、創造力豊かな過程を経ることで、初めて結果が実を結ぶのです。

批判を気にしない

ストレスは、創造力を邪魔する敵の一つです。少しくらいのストレスであれば、やらないといけないことを終わらせる手助けになりますが、創造力を豊かにするには、落ち着くことが不可欠です。シャワーを浴びている時や、散歩中、洗い物をしている時など、日常的なことをしているときに良い考えが浮かんだという人もたくさんいますよね?なぜなら、リラックスしているからなのです。

アイディアを書き留める

アイディアが思い浮かぶのと、それを記録するのは全く別物です。アイディアを形にするには時間がかかるものですし、都合の悪いときに良い考えが浮かぶこともあるでしょう。浮かんだアイディアを書き留めることには2つの利点があります。1つは、アイディアを忘れないこと。2つ目は、アイディアが頭を占領することなく、他のことに集中できるということです。アイディアを書き留めることで、プレッシャーがなくなり、必要なときに見直すことができます。

読書

読書には脳を刺激する働きがあります。読書をすることで、あなたの経験をより高めることができます。また読書すると、頭の中で新しく神経が結合されます(神経可塑性)。

瞑想する

瞑想は、体と心をリラックスしてくれる働きがある他、創造力もかきたててくれる働きがあります。しかも、マインドフルネスと呼ばれるタイプの瞑想は、余計なことを考えずに、一つの考えに集中する力を鍛えてくれます。これはクリエイティブな発想を形にする上で、とても大切なスキルです。

クリエイティブな脳になる方法

健康的な生活を送る

アルコール、喫煙、薬物、座りっぱなしの生活、偏った食生活は基本的に脳によくありませんし、創造力を司る脳には特によくありません。体から毒素を取り除き、適度に運動することで、もっとエネルギッシュに、よりクリエイティブになることができます

思い切って自分のコンフォートゾーンから抜け出す

多くの人に見られる問題は、自分のコンフォートゾーンから抜け出すことなく、新しいアイディアを生み出そうとすることです。これは、選択肢を限定してしまうことになります。しかし、偉大な考えというものは「政治的な正しさ」「伝統」「安心感」など関係なく生まれるものです。これらの限界を超えて形にする勇気を伴うのです。

問題を別の角度から考えてみる

あなたの周りで起こりうる全ての問題には、一通りでなく多数の起こり方があることでしょう。そして、問題の解決方法は、クリエイティブな方法を見つけだすことではなく、別のクリエイティブな角度からで問題を考えてみることにある場合もあります。

たくさんの考えがあるからといって、良い考えがたくさんあるわけではない

クリエイティブでたくさんの考えを持っているからといって、その全てが価値のある、役立つ良い考えであるわけではありません。例えば、作家も良い作品を書くまでに、たくさんものを描きますよね。画家、彫刻家、作曲家にも同じことが言えます。それは私たち全てに言えることです。

クリエイティブ 脳

実際、もっとも知的な人物や、創造力に長けた人物が、素晴らしい価値のある発明を生み出すとは限りません。それよりも、自分の考えと向き合い、実現に向けて一生懸命頑張る人がそういった発明を生みだすのです。これはシンプルなことなのです。他の人よりも努力が必要になるかもしれませんが、多くの失敗を恐れずに努力できる人が、最後にはとても価値のあるものを生み出すことができるのです。