カップルの関係における4つの警告サイン

パートナーとの関係は、常に豊かになるよう育んでいくべきものです。そうでない場合、警告サインが現れ、うまくいっていないことを示してくれます。
カップルの関係における4つの警告サイン

最後の更新: 27 12月, 2020

パートナーとの関係は、人生において最も重要な関係の一つです。そのため、両者が豊かで満たされるような健康的な絆を保つことが欠かせません。しかし、関係が良くないことを示す大事な警告サインを見過ごすことは少なくありません。

人間関係はそれぞれ性質が異なります。しかし、すべてにある程度リスクがあります。別の人間と感情でつながる時、それには自分への責任と相手への責任が必要とされます。不和により疲労したり、気分を害して苦しまないよう努力が必要です。

カップルによく見られる害となるシチュエーションを次にご紹介します。カップルの関係における警告サインに気を付けることで、2人の状態を理解するのに役立ちます。そして、適切な行動の助けになります。

カップル 関係 警告サイン

カップルの関係における警告サイン

人から孤立する

2人で常に一緒にいたいという強い思いから、これは恋愛関係の最初に起こりがちです。または、常に一緒にいることから惰性でこういった事態になることもあります。

両者あるいは片方が極端に嫉妬しやすい、また束縛する場合、この状態になりやすくなります。意識的に相手に多くの時間を費やそうとしている人もいるかもしれません。

状況に関わらず、これは非常に大きな警告サインです。恋愛関係にあるからといって、大切な人との接触を断つべきではありません。また、仕事や学問、趣味など自分の時間も捨てるべきではありません

健康的でバランスのとれた人生を送るためには、これらの要素が欠かせません。これを無視すると、相手に極度に依存することになります。

不均衡な関係

相手と比べ一方のみが時間、努力、エネルギーを費やし、愛を保とうとする関係が見られます。いつも片方が計画を立て、身体的にも精神的にも与える側になります。そして、相手は受けるのみです。相手が2人の関係に与えるものの価値を理解していません。

健全で豊かな人間関係を築くためには、愛と努力が双方向に働く必要があります。そうでなければ、一方のみがプレッシャーに耐えることになります。そして、フラストレーションや悲しみ、孤独を抱くようになります。

しかし、これは両者が常に平等に物事を行わなければならないことを意味するものではありません。一般的に、協同し、一緒に進んでいると感じることが大切です

尊重の欠如

尊重はどんな人間関係においても基礎となりますが、特にここでは重要になります。尊重の欠如は様々な形で現れます。最も明確なのは、身体的、精神的攻撃性で、最もよくみられるのは、相手をからかったり、相手の興味や意見、思いを軽視することです

どんな状況であっても、尊重の欠如を受容したり、耐えることがあってはならないということを両者が理解しておくことが重要です。どんなに怒っても、どんなにフラストレーションを抱えていても、大人として、繊細な境界線を越えないような方法を使う必要があります。

もし、パートナーに見下されている、バカにされている、無視されている、感情をけなされていると感じるのであれば、我慢してはいけません。尊重は自分から始まるものです。どう接するべきか相手に教えましょう。

不適切なコミュニケーション

最後に、攻撃的、受容的、不適切なコミュニケーションという警告サインを無視してはいけません。

カップルは関係の中のどこかで厳しい状況に直面するでしょう。そこでコミュニケーションの取り方が分かっていれば、痛みを伴ったり負の結果を生むことなく、衝突を解消することができます。反対に、正直に、アサーティブにコミュニケーションをとることができなければ、2人の距離は広がります。

カップル 警告サイン

警告サインが現れた場合どうする?

警告サインは、関係を終わらせるべきだということを意味するものではありません。しかし、それを見過さないことが重要で、状況を変えようとしなければ問題は大きくなるばかりです

話し合い、行動を変化させ、あるいは必要であれば専門家の助けを得ることにより、絆を深めることができます。

人間関係は複雑なもので、恋愛関係では自分の欠点が如実に現れるため、特に複雑になります。カップルが一緒に努力することで成果が得られるでしょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
人間関係における敵意=終わりの前兆
こころの探検Read it in こころの探検
人間関係における敵意=終わりの前兆

人間関係 における 敵意 は、相手にダメージを与えようという故意で意図を伴う侮辱的態度として姿を現します。この現れ方は様々で、例えば密かにその意図が表現されることもありますし、うわさ話や誹謗中傷という形で、あるいはもっとはっきりと言葉の暴力や身体的暴力という形で表現される場合もあります。



  • Rodriguez, C. (2013). Parejas viables que perduran en el tiempo. Diversitas9(2), 257-270.
  • Zafra, E. L., & Espartal, N. R. (2008). Relación entre cultura del honor, celos y satisfacción en la pareja. Boletín de Psicología94(1), 7-22.