第六感:直感の声

· 2017年11月8日

第六感は、人間の自然な直感を指すもう一つの単語です。 それはあまり真剣にとられることはないかもしれません。それは、内なる感情によってあなたに話す声です。 しかし、その「直観の」アイデアは、あなたの真の自己を反映しているため、「考えられた」アイデアよりもずっと価値が高いことがあります。

それだけでうまくいけばいい話なんですが、うーん…私たちは本当に第六感覚に頼ることができるのでしょうか? 答えは簡単で、あなたはそれにふさわしい価値を与えなければならないのです。 超能力や予言については話していないのです。 直感は、無意識のうちに脳に来るアイデアで構成されています。 実際には、第六感覚は、必要な時に正しい答えを見つけるために、意識を探る繊細な検索ツールなのです。

海の中では、愛のように、本に従うよりもしばしば笑いに頼る方が良い」”

-ジョン R. へイル-

時には、あなたが誰かと知り合ったとき、信じられないようなことを伝える内なる声を聞くことがあります。 あなたが何かについて決定を下さなければならないときは、それについて考えた後でも、あなたは最初から正しいと感じた選択肢を選択することがあるのです。 第六の感覚は常に存在している、存在しているが隠れているのです。 それはあなたの人生の中で選ぶ多くの反応や多くの道を形作る、控えめでありながらも指導する力なのです。

それを信頼できないものとして見るのではなく、直感が今日持っている意味に注意することが重要です。 直感的な知能を持つことでより深く自分の中に入り、自分の環境に適応することができます。 このようにして、あなたは仕事でより効果的になり、交際関係においてより幸せになれます。 ここで理由を説明します。

脳の神経

直観と脳の特権領域

わたしたちは、脳が情報の交換に基づいて機能することを知っています。しかし、脳はすべてを知っているわけではなく、しばしば行き当たりばったりな機能をすることがあります。実は、ほとんどの場合そうなんです。何かについての直感を育てることができるように、あなたが見たこと、感じたこと、解釈したこと、すべて経験に基づいて決定を行います。

第六感は驚きのサバイバルシステムであることを認識することが重要です。まるで警報のようです。何かがうまくいかないときや、すばやく効果的に反応する必要があるとき、この魅力的な内部回路、このコンパスが起動されるのです。これらの内なる心の反応のおかげで、あなたはより効果的な選択をするために行動を調整することができます。

近年、第六感が発達している脳の正確な領域について多くの関心が集まっています。ワシントン大学セントルイス校の科学者は、第六巻は2つの半球の間に位置する領域である前帯状皮質に位置していると説明します。また、専門家によると、この領域はある種の危険に対して警告するために無意識の精神につながっています。

なんて魅力的なんでしょう。

紫のドアノブ

高度に発達した第六感を持つ人々の特性

1930年、記者がアルベルト・アインシュタインに相対性理論を本当に信じているかどうか尋ねたところ、「本当に価値のある唯一のものは直感である」と答えました。彼は自分の研究が真実であることを完全に確信していました。 彼は直感を持っていたのです。

「奇抜さはあなたに何かを伝えようとする創造性である。」

ーフランク・カプラー

アインシュタインの個性と彼の研究に対する本物の信頼は、第六感の素晴らしい例です。 時々、あなたはそれを信じるために何かを見たり触ったりする必要がないことがあります。 例えば、あなたが感じることができるなら、あなたがたどっている道が正しい道のりであることを誰もあなたに見せる必要はありません。 そして、あなたが愛して愛されていることを知るために本を用いて調べる必要もありません。 あなたの心があなたに語ります。 直感はあなたに語るのです。

目の後ろに走る神経

特長を定義づける

まず、第六感が毎日訓練され改善されることを理解することが重要です。実際、ロビン・ホガースの「直感的な教育」やマルコム・グラッドウェルの「第1感」など、この問題に関する非常に興味深い本がいくつかあります。

さらに、これらの著者は、真の第六感は40歳から50歳の間に成長することが一般的であることを示しています。これは大きな内なる成長、自分の感情やニーズの目覚めの時です。しかし、直感性の高い人々の一般的な特徴は、次のように要約できます。

  • 内なる声を聞く。
  • 頻繁に独りになり自分自身と繋がり、これらの瞬間に喜ぶ。
  • 創造的である
  • 分析的な傾向がある。
  • 注意深い。
  • 具体的な目標をもって彼らの体に耳を傾ける:体ともっと調和し、趣味にもっと注意を払う。
  • 自分の夢を考慮する。
  • ルールが好きではない。
  • リスクを背負う。
  • 多くの間違いを犯し、それらから学ぶ。
  • 独立している。

これらの戦略に基づいた人生観を見れば、より解放的で満足のいく道に導かれます。結局、知性は正しいものですが、直感もめったに間違っていないのです。