デーメーテール、ブロンドの女神

25 4月, 2020
デーメーテールは農業や生と死のサイクル、そして豊穣の女神です。
 

デーメーテールは、ギリシャ神話の中でも重要な女神です。人類の偉大な母として崇められた彼女は、レアーやガイアといったその他の重要な女神よりも高位にあるとされています。

デーメーテールは穀物や収穫物と土壌の肥沃さの保護者であり、また、彼女は結婚や神聖な法律、そして生と死のサイクルを司っていました。彼女は時間の神クロノスと、万物の母であるレアーの娘です。祖父母はウーラノスとガイアで、彼女はオリンポスの神々の主要な地位にいました。

ギリシャ神話では、デーメーテールはゴージャスなブロンド女性として描かれています。彼女には、兄であるゼウスとの間にペルセポネーという娘がいました。しかし別のバージョンの神話ではゼウスとエーレクトラーの甥であるイアーソンが父親だったとされています。いずれにせよ、デーメーテールは美しく魅力的な女の赤ちゃんを産んだのです。

“そして男性のような彫刻を作ることができる。それから馬たちは神々を馬のように描き、牛たちは牛のように描くだろう。それぞれが神々の体を自分たち自身に類似した形で形作るだろう”

クセノパネス

デーメーテールとその娘ペルセポネー

デーメーテールは娘のペルセポネーを溺愛していました。ペルセポネーは平原を生命で満たしながら走り回る日々を送っていましたが、ある日冥府の神であるハーデースが彼女の姿を目にし、恋に落ちます。そこでゼウスは、彼女や母デーメーテールに知られることなく密かにペルセポネーをハーデースの元へ授ける手助けをしました。

 

ある日ペルセポネーはいつものように野を走り回っていました。彼女はシチリア島の周辺でオーケアノスの娘である友人たちとともに花を摘んでいましたが、突然大地が揺れ、冥府からハーデースが現れてペルセポネーは連れ去られてしまいます。彼女は母を求めて叫びましたが、それは無意味に終わりました。

これを知ったデーメーテールは激怒し、オーケアノスの娘たちをマーメイドに変えました。彼女はペルセポネーを救えなかった者たちを罰したかったのです。その後デーメーテールは娘を探して地球上を九日間歩き回りました。その間彼女は飲まず食わずで虚しく泣きながら過ごしました。

デーメーテール ブロンドの女神

新たな冒険

九日後、デーメーテールの泣き声を耳にした魔法と魔術の女神ヘカテーは、彼女をあらゆることを見たり知ったりする能力のある太陽神へーリオスのもとへ連れて行きました。そしてへーリオスはデーメーテールに、ペルセポネーが冥府にいることを伝えます。

自暴自棄になったデーメーテールはオリンポスを後にし、地球を放浪することに決めました。しかし、彼女は冥界への行き方を知らなかったため、エレウシスという都市にたどり着いた老女に変装し、井戸のそばに腰掛けました。そこへエレウシスの王ケレウスと女王メタニラの娘たちが水を汲みにやって来てデーメーテールを発見します。そこで彼女は嘘をつきました。

 

彼女は彼らに自分はクレタ島の出身であり、海賊にさらわれたがその後解放されたのだ、と伝えたのです。そして家事が得意だとも言ったので、ケレウス王は彼女を息子デモフォンの乳母にしようと連れ帰りました。デーメーテールは少年を気に入り、彼を不死身にしたいと思うようになります。これを実現するために、彼女は焚き火の中で少年の肌を燃やすなどの儀式を行わねばなりませんでした。

しかし儀式を目撃した女王はパニックに陥ります。デーメーテールは更生を決意し、その子どもに不死身の命を授けることは諦めました。しかし代わりに彼に農業を教えたので、彼はその技術を町民たちにも共有しました。

デーメーテール ブロンドの女神

幸せな再会

娘を探している間、デーメーテールは収穫の保護者としての自分の責務を忘れていたため、土地は荒廃していきました。作物は何も育たず、人々は飢えに苦しんでいました。これを危惧したゼウスはハーデースと取り引きを行うことを決断します。

そしてついに、彼らはペルセポネーを6ヶ月間は冥界でハーデースとともに、そして残りの6ヶ月をオリンポスで母親とともに過ごさせることを決めたのです。ペルセポネーが冥界にいる間、地球では何の作物も実りませんでしたが、彼女が母の元にいる間は大地が肥沃になりました。このようにして季節が生まれたのです。

 

デーメーテールは自分を暖かく迎えてくれた場所であるエレウシスを崇拝するよう頼みました。そしてエレウシスでのカルト信仰は密議とされ、メンバーは内容を明かすことを許されておらず、拷問にあっても沈黙を守ったまま死んでいった巫女がいたほどでした。

巫女の死を聞いたデーメーテールは疫病をこの地に送り込み、その巫女の死体からは蜂の姿をした豊穣の女王たちが飛び出て来たそうです。

 

Diestre, J. A. P. (2004). Deméter y Ceres: Las diosas de la fertilidad. Graffylia: revista de la facultad de filosofía y letras, 4, 53-57.