怒鳴られることにより子どもが受ける影響

· 2018年10月29日

怒鳴られることにより子どもが受ける影響を学び、自分をコントロールし、衝動的な行動を抑えましょう。まず、なぜ自分が怒鳴りたくなるのか分析しましょう。その原因が行動を変えるカギになるかもしれません。

子どもに敬いの心を教えることはとても大切です。大声を出さずに教育する方法やツールはたくさんあります。それでも、自分がストレスを抱えていると、大声を出したくなることがあります。その後で不満や罪悪感を感じ、自分は悪い親なのではないかと自分を責めます。

子どもを怒鳴ることによって引き起こされるネガティブな影響に気づいていない親もいます。そこで、子どもが成長し大人になるまで影響しうる危険な2つを紹介します。

「真実を大声で言っても、事実が事実であることに変わりはない」

-アレハンドロ・カソーナ-

1.自尊心への影響

怒鳴るということは、忍耐力、抵抗力に欠けているということを意味します。自暴自棄になった時、大声を出し、叫ぶことがあります。それを子どもに対して行うと、子どもは自分は間違っていると受け取ります。大人が言うことを聞かせるためにしていることであっても、子どもは自分は良い子ではないと思ってしまうのです。

落ち込む子ども

これが続くと、さらに誤った方向へと向かいます。子どもは、自分は何をしても間違っていると思い始めます。親を喜ばせることができないと感じます。何をしてもうまくいかない、怒鳴られて当然だという思いは、大人になっても続きます

子供の自尊心は外側から固められます。愛や温もりを感じ、周りが手本を示すことにより、子どもは自信をつけます。うそをつき、自信を持たせるのとは違います。時には、不満が子どもを成長させます。重要なのは、子どもの年齢や知識を考慮することです。子どもが完璧でないことを忘れてはいけません。

「叫ぶのは、何も言うことがない人だ。」

-エンリケ・ハルディエル・ポンセラ-

子どもを理解する

朝の支度中、子どもに向かって大声を出すことは少なくないでしょう。子どもは、大人程はやく行動できません。年齢や自立度により、スピードは違います。時間に間に合うようにするには、助けが必要かもしれません。

十分な時間を与えなかったり、子どもの能力以上のことを望んでも、できないのは当然です。そのような状況で怒鳴ることは、子どもに自分ができなかったという思いを無意味に与えることになります。自分が悪く、愛されていないと捉えてしまいます。

子どもが成長し、自立するまで手を差し伸べるのが親の仕事です。応援し、自信をもたせましょう。時間と共にできるようになるのです。親を敬い、家事を手伝ったり、自分の部屋を片付けるようになります。子どもが恐怖の中にいては、それは期待できません。自分でできるという思いと支えがあり、行動になるのです。

「話し合いの場で大声を出す人は真実を語っていない。真実を語るのは、きちんと議論できる人である。」

-フェルナンド・サバテール-

2.誤った感情との向き合い方

大人は子どもの手本であるべきです。かっとなったり大声を出すのは、その場において平静を保てないためです。自分をコントロールできないということです。それを見た子どもは、怒鳴ることがストレスへの正しい対処法だと学びます。親を真似し、これからもこのような行動をとるようになります。

「母親は怒鳴り、子どもは泣く、ここからどのような人生が送れるか?」

-バルサタル・グラシアン-

怒鳴る親子

そのため、大人が感情の対処法を知っておくことが大切です。特に子どもの前では、疲れていても怒りを感じても、恐れていても、感情をコントロールしましょう。ストレスにより子どもに怒鳴ることで、子どもは周りの人に怒りをぶつけていいものだと受け取ります。

子どもが前へ進む時、私達が不安になるのを子どものせいにしてはいけません。簡単ではありませんが、子どもの新たな一歩や発見を応援しましょう。子どもの冒険に寄り添うのが大人の仕事です。自分のネガティブな感情が何によるものなのか探りましょう。

子どもに自分を押し付けてはいませんか?子どもが傷つくのを恐れていませんか?状況がどうであれ、子どもの行動を変えるため、子どもを守るために怒鳴るのは良くありません。大人が子どもを信じ、子どもが自分でできるのだと自信をつけた時、物事はうまくいくようになります。

「叫んで自分を表現したり、騒音で不安感を表現する彼女のやり方は理解し難い。そんな時、彼女がそのやり方で喜びを得ているか、静寂が怖いかのどちらかだろうと考えるようになった。」

-セサール・ゴンサレス・ルアーノ-

結論

怒鳴られることにより子どもが受ける影響を紹介しました。両親ともに感情をコントロールする必要があります。怒鳴らずに、問題と向き合い、スムーズに問題を解決する方法もあるのです。

しかし、子どもに怒鳴った経験があるからといって、自分を責めてはいけません。完璧な人はどこにもいません。大切なのは、今すぐそれを止め、自分の行動を変えることです