怒鳴るというコミュニケーション方法

2018年3月16日 in 感情 0 シェア済み
窓ガラスに手をつく女性

怒鳴ったり叫ぶことはを過度に刺激し、感情の繊細なバランスに警告、そして攻撃することがあります。残念なことに、怒鳴ることは多くの家庭に見られるコミュニケーション方法の一つとして存在しています。その為、不快感と見えない攻撃性を持った衝撃が深刻な影響を与えるのです。

ハルディエル・ポンセラはいつも喋らない人が大きな声で喋ることは効果的だと言いました。しかし、興味深いことに、お皿を取ってもらう為、子供の注意を引く為、テレビ番組の感想を言う為に、声を荒げる以外に他のコミュニケーション方法を知らない家庭もあります。そこには、不安なくコミュニケーションを取れない人もいるのです。

「他人の声を聞きたくないから叫ぶ。」

-ミゲル・デ・ウナムーノ-

「そう言われても出来ない。これは癖だよ。」と、彼らは正当化します。声を荒げることを避けると、他人のコントロールを出来なくなります。それは、声を荒げることは幼少期から聞いてきたトーンであり、いつも注意を引く時に役に立ち、誰がパワーを持っているかを明確にするツールであったからです。また、逃げ道を探している怒りやフラストレーション、そしてエゴを開放するのにも使われてきました。

声を荒げても相手がしっかり耳を傾けてくれる訳ではないのに、私達はよくそうしてしまいます。それは、そういったコミュニケーションを取る時に私達が知っている唯一のトーンで、もし誰かが怒鳴ると、ほとんどの相手が同じようなレスポンスをしてしまい、無秩序で強制的な関係性を生み出すということを知らずに行っているのです。

そして、残念ながら多くの家庭でそういったコミュニケーションがとられています。

吠えるライオン

怒鳴ることで関係が壊れる

叫ぶことは人間にとっても、その他の動物にとっても、非常に自然で具体的な目的を持っています。それは、自分やグループが危険に侵された時に生き残る為の防衛反応としての目的です。もし、私達がジャングルの中を歩きながら自然を楽しいでいる時に、急に私達の脳に突き刺さるような高音のサルの叫び声が聞こえたとします。

その鳴き声はただの「警告」をあなたやグループに意味しているのではありません。ほとんどの動物は私達のように恐怖に興奮して反応します。それは防御メカニズムの一種で脳の特定の構造である扁桃体をコントロールします。高音のうるさい声を聞くと、脳のこの小さな領域はそれを直ちに脅威と解釈します。そして、交感神経系を活性化させ私達に逃げるよう促すのです。

これを知る事で、この生物学的で本能的な基礎を理解出来て、怒鳴ることやうるさい声のトーンでコミュニケーションを取ることの影響が想像できるでしょう。脳は定期的な警告を持つ状態で生きています。アドレナリンが常に放出され、「何か」から自分達を守るという意識が慢性的なストレスや不安定な苦悩を引き起こすのです。

怒る脳

一方、さらにこの事実を深めているのは、攻撃的なコミュニケーションのスタイルに直面すると、相手も同じ攻撃的な要素を持った防衛反応を生み出すことが一般的であるということです。このように、私達は意識的、または無意識にこの悪循環に落ちてしまい、コミュニケーションの質が非常に重要な複雑で破壊的な人間関係に足を踏み入れてしまうのです。

声を荒げてコミュニケーションを取る家族

ラウラは18歳の女の子で、最近ある事に気づきました。彼女はとても大きな声で喋っていることに気づいたのです。彼女のクラスメートは彼女の声がクラスで一番うるさく、彼女のコミュニケーションを取り方は、どこか驚異的だと言います。

「全ての叫びは誰かの孤独から生まれた。」-レオン・ヒエコ-
シェアする

ラウラはどうにかこの癖を直したいと思いました。しかし、家では彼女の両親と兄弟たちはいつもこのようなコミュニケ―ションを取っているので、それは簡単なことではないと分かっていました。これは単純に彼女がこのような環境で育った為に習慣となってしまったのです。また、彼女の家庭では、テレビがいつも点いており、家族は一人一人自分の世界に没頭して十分な調和が無かったので、誰かに話を聞いてもらう為には声を荒げる必要があったのです。

このようなケースでは、ラウラは簡単に家族を変えることは出来ないと十分理解しないといけません。彼女は親や兄弟を、親や兄弟は彼女を変えることは出来ませんが、彼女は自分を変えることが出来ます。彼女がすべきことは、自分の話し方を変え、相手の話を聞く為に声を荒げる必要はないと理解することです。そうすることで、落ち着いた声のトーンを持ち、それは他人とより良い繋がりを生み出してくれます。

相手に怒鳴る人の脳は小さい

このシンプルな方法は、あることを明確にします。それは、私達は自分を育ててくれた人を変えたり、過去を変えたり、この声を荒げる環境が普通になっている家族を消し去ることは出来ないということです。

過去を変えることは出来ませんが、今から友人や恋人、そして家族と取っているこのコミュニケーション方法を止めることは出来ます。声を荒げることは、あなたを正しくすることではないことも覚えておきましょう。時には、静かにしたり、聞いてあげる方が賢明であり、コミュニケーションを本当に知っている人間と言えるのです。

あなたへおすすめ