演説の恐怖を克服するための3つの戦略

2018年5月4日

あなたは発表や演説による恐怖に悩まされていませんか?もしあなたがこの恐怖に悩んでいるなら、これまでに多くのアドバイスを参考にしたことがあるかと思います。そのようなアドバイスは一部の人には効果が見られることもありますが、この問題を根本的に解決するような戦略ではないでしょう。今回は、全ての人に効果のある3つの新しい戦略を紹介したいと思います。

ず、このテクニックを紹介する前に必要なことは、言いたいことをはっきりさせておくことです。ほとんど暗記するくらい発言をしっかり覚えておくと良いでしょう。もし演説に恐怖を感じても、何が言いたいのかを知っていると、少なくともその場をしのぐことは出来ます。

1.「最悪の悪夢」テクニックを使って恐怖に立ち向かう

これは演説の恐怖を克服するのにとても役に立つテクニックで、「不安をコントロールする」という短期療法の一部です。これは、演説や発表がある1週間前から毎日行うことで効果が発揮されます。

まず、毎日同じ時間に薄暗く邪魔の無い部屋を用意してください。鍵も施錠して誰も入ってこないようにしましょう。次にタイマーで30分セットしてください。その後は、30分間くつろぐように座って、演説の恐怖に集中してください。

恐怖を避けるのではなく、演説で心配なこと全てについて考えて、恐怖を全て思い浮かべます。30分間経ったら、アラームを止めてください。その後はしっかり考えを切り替えて違うことを考えましょう。立ち上がってその部屋を後にし、洗面所で顔を洗い流して通常のルーティーンに戻ってください。

「勇気は怖くないことを知ることだ。」-プラトン-

目をつぶる女性

2.恐怖を共有して弱さを打ち明ける

この方法はスピーチや発表をする時に行いましょう。演説が怖いと思ったら、その恐怖を共有し、打ち明けることで効果が得られます。見ている人達にあなたが興奮していること、喜んでいること、そして、観客の存在を頼りにしていることを説明するのです。

そして、直接観客の人達に緊張していることを許してもらうように伝えるのです。緊張してしまうのは、あなたが演説することや観衆がいることに喜びを感じていることを示しているので問題ありません。

恐怖や弱さを述べることで、隠そうとしていたプレッシャーから解放されます。また、この戦略は、誰かに自分の恐怖がバレてしまっているのではないかという考えからも解放してくれます。

弱さに開放的になると、それは強さに変わります。さらに、見ている人達の共感を惹きつけ、繋がり合うことが出来るのです。この世界の多くの人が社会不安障害で苦しんでいたり、公共の場でのスピーチを恐れていることを覚えておきましょう。

観客はあなたを理解してくれるので、緊張がその場から消えてくれるでしょう。この方法の全ての要素が演説の恐怖を克服してくれるのです。

「自分の脆弱性を認めると、それは止まり、強さになる。」-ジョルジョ・ナルドーネ-

3.呼吸を整えてゆっくり話し始める

呼吸を整えることも演説の恐怖を防ぐ良い方法です。深く呼吸をすることに集中して、腹式呼吸を行うようにしましょう。全ての感覚を呼吸に向けると、緊張や恐怖に対する意識が止まるのです。

マイクを持つ人

スピーチが始まったら、出来るだけゆっくり話すようにしてください。そうすると、スピーチがもたらす神経的、意識的な反応を改善して、恐怖をコントロールしやすくなります。ゆっくり話すと恐怖が引き起こす症状を防いで、距離を作ってくれるのです。これは、これはあなたの注意を声のリズムなどニュートラルなものへ向けることで起こります。

この3つの戦略は、演説などの恐怖を抑えるのに最も効果的な方法と言えます。この戦略は「恐怖症」(非常に激しく、麻痺するような恐怖)ではなく、「恐怖」に対して効果を発揮しますが、恐怖症にも少しは効果を見せてくれるかもしれません。今回紹介した方法を参考にしてあなたの苦手なスピーチや演説、そして発表を克服してみてください。あなたなら出来るはずです。