不確実性への不耐性:うつ病と不安の心

· 2017年12月6日

不確実性に対する不耐性は、うつ病と不安の本質の一部です。 その起源をわかりやすく説明してみましょう。それが起きる理由の一つが、私たちは変化をポジティブなものや建設的なものとして受け入れないからです。

不確実性に対する不耐性は、過度に心配する傾向がある場合によく起こります。私たちが不確実性や未知を受け入れる方法次第で、私たちの感情状態に凹みをもたらす可能性があります。 不安やうつ病などの心の問題の発症を促進することすらあるのです。

時々私たちは新しいこと、変化、またそれらの複合物に対してアレルギーを感じるようです。 今までとは違うことを受け入れるのを恐れています。 この特性は、私たちが現状を改善する可能性のあるものから注意をそらせてしまいます。

「現実がそうでない限り、不確実性はすべての悪の中で最悪のものだと我々は考えている」

-ジーン・バプティスト・アルフォンス・カー –

後光の差す男性の影

不確実性に対する不耐性とはなにか

定義上、不確実性に対する不耐性は、不確実性とそれが暗示するものについての否定的な信念からなる個人的な特性です。

最新の証拠によれば、不確実性に対する不耐性は未来に向けられていることがわかっています。 それは現在の瞬間に影響を与えるとされる、曖昧さに対する不耐性と同じではないのです。

したがって、これは2つの次元によって表すことができます:

・未来に焦点を当てた不耐性は、予期せぬ出来事が非常に煩わしいという考え方です。 このタイプの推論パターンは、特に、不安やうつ病の脆弱性の要因であると考えられています。

・抑止不耐性:小さい疑問があなたをブロックし、あなたがやっていることを止めるときです。 この特定要因は、通常、強迫性障害(OCD)のような病状に存在します。

不確実性に対する不耐性は、不安やうつ病などの感情的な問題を診療する際に考慮されている転移診断の概念です。 その存在を理解することは、それらの思考や感情のすべてをより効果的に経験することに役立ちます。 私たちを壊す考えや感情のすべては、大きな不快感を作り出すからです。

「不確実性は人間にとって非常に不愉快である。そしてそれを受け入れる代わりに、私たちは自分たちのために物語を作り、何が起きるかについて他人に伝えることが望ましい」

段ボールの人

私たちの思考を柔軟にすることの重要性

絶対確実性の探求は誰にもあるものです。しかし、それが必ずしも幸せにつながるわけではないことを指摘しなければなりません。すべてが因果関係なのではありません。実際、私たちの人生で絶対的なものはないのですから。私たちは皆、次のようなことを自分自身に尋ねます。これらの痛みはすべてがんが原因なのでは?もし私がいい仕事を見つけられなかったらどうなるの?

これらの種類の質問に答えることと、それらが現れる出来事の頻度とタイプは、これが危険な習慣かどうかを決定づけるものです。 うつ病、不安、またはこの種の問題を抱えた人々は、本質的により破局的または否定的な傾向があります。

私たちは確信性が好きなので、不確実性に強く反応します。 我々はすべて計画されていることが大好きです。 しかしこの考えは、私たちが知らない事の否定的な結果を誤って過大評価することにつながります。 あるいは、私たちが「正常」と考えている期待値に合わない出来事もあります。

手のひらの上の惑星

確信性を増そうとする私たちの試みは、不確実なことへの耐性を減少させ、心配を増加させます。 反対に、あなたの不確実性に対する耐性を高めることは、あなたの心配を減らすことにつながります。 別の言い方で柔軟性を持つということです。

実は不確実性への耐性を持つことを学ぶことができます。 まず、未知の状況に直面したときの自分の反応を調べてみましょう。 次に、この出来事が起きる可能性があることに参加してみてください。 これらは私たちの期待に正確に合致しないかもしれないのです。

不確かさを許容しないと、私たちはより堅固で不幸な人になってしまいます。しかし、その不確かさを許容することで、より柔軟で、より幸せになることができます。 それらを達成することの価値は、完全に心の健康状態を変えることが期待できることです。 

目を閉じる女性

この分野に関連する専門家:

Sandín, B., Chorot, P. y Valiente, R. (2012). Transdiagnóstico. Nueva frontera en Psicología Clínica. Revista de Psicopatología y Psicología Clínica