外国語様アクセント症候群とは?

2020年1月15日
外国語様アクセント症候群は、非常に珍しい医学的症状です。ある日起きると、母国語を外国語訛りで話すようになっていることを想像できるでしょうか?

ある日突然、外国語訛りで母語を話すようになったらどうしますか?これが外国語様アクセント症候群と呼ばれる医学的症状です。

同症状は1907年にフランスの神経学者ピエール・マリーによって初めて言及されました。彼は、脳卒中を起こした後にアルザスのアクセントで話し始めたフランス人の例を挙げています。

外国語様アクセント症候群は、約20の研究で実証されているまれな神経言語障害です。患者の話す言葉は、ネイティブには奇妙に聞こえる発音で発せられます。これは、主に皮質下の脳損傷の結果だと考えられています。患者は奇妙なアクセントを直すことができず、その突然の変化のためにアイデンティティの喪失感につながる可能性があります。

症状は数ヶ月または数年続き、自然に消失します。少数の症例によると、それらは精神障害、統合失調症、および転換性障害の患者に現れやすいとされています。また、患者の多くは、アクセントが変わったことに気付かず、他人に指摘された時に初めて気づいて驚くようです。

「言語の限界は、世界の限界を意味する。」

-ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン-

ご存知でしたか?:
新しいコミュニケーション方法の人間関係の質への影響

症状

外国語アクセント様症候群

この症候群は臨床的に欠如を特徴としています:

  • 分節。子音より母音の方が大きく変化しています。母音の発音時間の変化は、一部の患者では短く、他の患者では長くなります。子音に変化と発音エラーがあります。
  • 韻律。リズムと単語のイントネーションに関連しています。研究者は、音節、母音の挿入、および単語間の移行のタイミングの低下があることを発見しました。

主な問題は次のとおりです。

  • 言語の理解と表現に困難を示すことのない文法的、関節的、韻律的な要素の変化。また、音声の変形もありません。
  • 言語の流暢さの欠如は、失語症および失行症と同じように現れます。ただし、これらの音声障害とは異なり、人の言葉による出力は病的なものではないようです。ただ奇妙に感じるだけです。

個人の日常生活における機能の変化のはっきりとした証拠はありません。しかし、この障害によって、生活における不利な心理社会的結果を伴うことがあります。

「言語がなければ、古代とのつながりをたどることはできないだろう。」

-サミュエル・ジョンソン-

こちらもご参考に:
統合失調症の陽性症状と陰性症状

原因

外国語様アクセント症候群 原因

外国語様アクセント症候群は、母国語が突然変わる障害です。患者、その家族、セラピストがすべてアクセントの変化に気づくでしょう。

多発性硬化症、脳腫瘍、麻酔などに加えて、言語の生成と表現に関連する領域に影響を与える脳血管障害と頭蓋脳外傷が主な原因です。

外国語様アクセント症候群は、数ヶ月または数年続き、徐々に消失する場合があります。しかし、言語療法と認知療法が必要不可欠です。なぜなら、この症候群は大きな心理的影響を与える可能性があるからです。時に本人でさえ自覚していない場合があります。

これらは、患者が症状発症前と同様に回復することを目指す治療法および言語技術です。言語療法士は、アクセント削減技術を使用して、特定の方法で唇や顎を動かすように教えます。

2010年、マラガ大学の科学者は、これらのリハビリテーション運動を、アルツハイマー病の治療によく使用されるドネペジルと組み合わせました。

この二重治療により、患者に顕著な回復症状がもたらされました。他にも、聴覚マスキングフィードバック、遅延聴覚フィードバック、および周波数変化を伴う聴覚フィードバック治療などが実施される場合もあります。

Buentello-García, R. M., Martínez-Rosas, A. R., Cisneros-Franco, J. M., & Alonso-Vanegas, M. A. (2011). Síndrome de acento extranjero. Archivos de Neurociencias16(3), 167-169.

González-Álvarez, J., Parcet-Ibars, M. A., Ávila, C., & Geffner-Sclarsky, D. (2003). Una rara alteración del habla de origen neurológico: el síndrome del acento extranjero. Revista de neurología36(3), 227-234.

https://www.webconsultas.com/curiosidades/sindrome-del-acento-extranjero

Marie P, Foix C. Les aphasies de guerre. Rev Neurol (París) 1917; 24: 53-87.

Mato Díaz, R., Ricart Menéndez, R. C., Sotomayor Álvarez, M., & Méndez Amador, T. (2018). Síndrome de acento extranjero. Geroinfo13(3), 1-8.