脳損傷が愛する人を変えてしまうとき

· 2018年7月2日

脳の損傷があなたの愛する人を奪うことはしなかったものの、それが永遠にその人を変えてしまったとき、あなたは人生の最も難しいパラドックスの一つ直面します。あなたの愛する人は物理的には離れていませんが、もはや同じ人ではありません。その人は変わってしまいました。そしてそれは、脳の損傷による身体的障害だけでなく、人格の変化にも理由はあります。

あなたの愛する人が知らない人になってしまったことをどうやって説明できますか?その人はかつての人ではないのですか?その人の色が変わってしまいました。多分、以前の社交的な性格は今や無愛想で、心を閉じていることでしょう。その人だと認識できる部分がある一方で、もはや誰だか分からないほど変わってしまった部分もあるでしょう。

紙の脳が破れている

あなたの夫、父、兄弟はかつて非常に敬意を重んじ、しっかりと教育を受けていました。しかし脳の損傷の結果、彼はもはやそうではありません。彼の脳は社会規範を理解するスイッチを「OFF」にしてしまったのです。彼はもはや特定の社会的フィルターを持ち合わせていません。彼に自制心はなく、彼が負傷したことを知らない人にとっては彼が失礼に見えるでしょう。

あなたの愛する人は、脳の損傷を認識していないかもしれない

多くの場合、脳の損傷を受けた人々は、家族への影響を認識していません。脳の損傷はだいたいそうです。それは彼らに起こったことの責任を感じさせないための防御機構のように見えます。

実際、このメカニズムは存在しています。脳損傷を受けて神経学的(認知的)な問題を抱えていても、本人が抱える困難を認識していない病理学的状態です。この臨床的現象は「病態失認」と呼ばれています。病態失認は、機能的な神経学的欠損の認知がない人々を指します。

脳損傷

言い換えれば、彼らは、認知的、身体的、または行動的な部分においての傷害の結果を完全に把握することはできません。多くの場合、彼らは注意力や爆発的な反応の問題を認識できていません。

脳の損傷を受けて再び歩くことができないのを、周りが自分の思うようにさせてくれないからだと責めるケースがあります。彼らに何が起こったのか、それがどのように影響を与えているのかを認識するのが難しい場合があるのです。

家族は愛する人が変わってしまっていることを悲しむ

このすべてが、家族を無気力にし、フラストレーションを作り出します。彼が同じではないというその事実よりも悪いのは、彼自身が同じではないことに気づいていないということです。彼の周りの人々にとって彼の変化を受け入れることは難しいです。

あなたに近しい人がまだ生きているけれども、もはや、知っている彼ではないことを想像してみてください。人生を通して彼の生き方が変わりました。これは、脳損傷患者の家族が対処しなければならない最も困難な事の一つです。

家族内の関係に変化が起こります。パズルが壊れ、ピースが飛んでいきます。それが、私たちの視点を調整し、この突然の混乱から何らかの対処をする時です。嫉妬、絶望、不確実さ、罪悪感のような後ろめたい気持ちが浮かび上がるかもしれません。あなたは多くのことを感じるでしょう。結局のところ、それは損失です。

泣く

だから、脳の損傷が、関係するすべての人の生活を変えることを強調します。それはあなたの愛する人が、その経験にうまく対処するのを助けることができるようにするために、あなたの混乱した気持ちを共有することが不可欠です。あなたとその人の人生のあるべき姿を再セットし、新しい意味を与えてください。それは勇気と賞賛に満ちた知恵のエキササイズです。

この記事を終わりにするあたり、脳損傷の影響を受けた家族に、全面的な支援を表明したいと思います。