顎関節症と、そのストレスとの関係性

顎関節症の背後には、ストレスが隠れています。この病気によって引き起こされる顎の痛みは耳にまでおよび、しゃべる時や食べ物を食べるときに不快感が生じるほどです。この記事を読み進め、その原因や治療法について学んでいきましょう!
顎関節症と、そのストレスとの関係性

最後の更新: 22 12月, 2020

ストレスと顎関節症は大抵の場合、関連性があります。しゃべったりあくびをしたり食事をしたりする時の痛みや不快感には多くの人々が悩まされていますが、これは偶然起きていることではありません。実は、歯科健康相談の場で持ち出されることの多い問題で、ストレスや不安障害がこれを引き起こしている犯人です。

顎関節症、あるいはコステン症候群とは、基本的に顎の関節の辺りやその周辺の筋肉に痛みが出る疾患群です。症状は大抵朝起きて、歯にちくっとした痛みを感じた時に始まります。そしてしゃべろうとしたり何かを食べようとすると痛みがさらに強まります。

その時点から、耳のうっ血や耳鳴り、頭痛、首の凝りといったその他の不快感が始まる場合もあるようです。そしてそれらの不快感があまりにも強烈かつ分散的で四六時中続くために、やがて自分では手に負えなくなってしまう瞬間が訪れます。したがって、この病気と原因について知っておくことが重要なのです。

“復讐は顎ほどの力で心臓を締め付ける”

-シャルル・ドゥ・ルース-

顎関節症の特徴、原因、治療

顎関節の見た目を想像するためには、ちょうつがいのようなものを思い浮かべてみてください。これは顎を頭の側に接続する領域です。このイメージを頭の中に持っておくことで、顎関節の日常的な活動における重要性にお気づきいただけるでしょう。朝起きてあくびをすることは、その後の話したり噛んだり食したり飲んだりすることの前奏に過ぎません。

また、顎関節が非常に重要な関節であることにも留意しておきましょう。なぜなら、顎関節領域は軟骨円盤や筋肉、靭帯、神経、血管、歯といった複数の組織を構成しており、さらには耳や首のあたりにまでも達しているためです。

顎関節症は最近になってその発症が増え始めるまで、それほど知られてはいませんでした。

顎関節症 ストレス 関係性

顎関節症の症状

ストレスと顎関節症は通常、一緒に出現します。そうは言っても、この領域の不快感について歯科医に相談する人々のほとんどがそれを心理的な変調による病気と結びつけて考えてはいません。

平均的に、顎関節の痛みは30〜50歳の女性により多く見られます。以下は、中でも特に一般的な症状です。

  • 歯の痛み。
  • 顎関節が脱臼したような感覚。
  • 殴打されたかのような下顎領域の痛み。
  • しゃべっている時や食べている時に痛みがより顕著になる。
  • 口を開けるのが困難で、痛みを伴う。
  • 口を開閉する際や咀嚼の際にカチッというような音が聞こえる場合が多い。
  • 顎の凝り。
  • 耳の中や周辺、およびこめかみの痛み。
  • また、噛み方が変化する。
  • 歯が敏感になる。
  • 首の痛みが起こる場合もある。
  • 耳鳴りを起こす患者もいる。
  • 頭痛が存在する場合もある。

原因

ストレスと顎関節症は密接に結びついています。しかしながら、どんな時も専門家の診断を受ける方が安全でしょう。一般的に、以下のような原因について医師と話し合わねばなりません:

  • 歯並びの悪さによる歯科疾患が、歯ぎしりや顎関節の痛みに繋がっている場合があります。
  • ブラジルの州立大学で行われた研究によると、症例の70%以上でストレスがその原因となっているそうです。また、この研究は顎関節症がいかに大学生の間で増加しているかを示しています。懸念や未処理の感情、プレッシャー、そして日常的な問題などがこの不快感を引き起こしており、それが歯科医の元を尋ねる原因となっている場合が多いのです。
  • また、下顎領域の脱臼や受傷、筋肉の問題、神経の変性と言った解剖学的側面が原因となっている可能性もあります。
顎関節症と、そのストレスとの関係性

顎関節症の治療

ストレスと顎関節症とは関連しています。事実、近年ストレスや不安障害を抱える人々が増えていることにより、この病気を発症する人も増加しているのです。この症状、そしてその他の身体症状があらゆる人のクオリティオブライフを制限していることに疑いの余地はありません。

このような状況では常に、複数の専門家(医師と心理士)による診療や監督を受けることが推奨されます。例えば、歯科医は以下のような戦略を選択するかもしれません。

  • 暫間固定。顎に圧力が生じた時の筋肉の痛みを抑えるために器具を用います。これにより歯ぎしりを止められるほか、この領域の感覚刺激を修正することも可能です。
  • 理学療法。斬間固定に加えて、下顎の理学療法に基づいた治療も効果的です。問題を大いに改善してくれます。
  • 医師たちは、ストレスマネジメントのためにルーティーンの中に様々なテクニックを取り入れることを推奨しています。例えば、腹式呼吸、漸進的筋弛緩法、ビジュアリゼーション、ヨガなどが役立つ可能性があります。

ただし、この病気と症状がしばらくの間続いているという場合には心理士に相談するようにしましょう。例えば、不眠などを経験している場合もぜひそうしてください。患者は、生活の楽しさを引き下げるような身体症状と心理的原因の両方に圧倒されている場合があります。したがって、専門家に助けを求めることが最善かつ最も推奨されているのです。

こちらの記事もおすすめです。
ブラキシズム :歯ぎしりをする原因とは?
こころの探検
で読むことができます。 こころの探検
ブラキシズム :歯ぎしりをする原因とは?

寝ている時に歯ぎしりをしていると誰かに言われたことや朝目覚めた時に顎が痛かったり疲れていた経験はありますか?このような経験のある方は、無意識のうちに、夜間歯ぎしりをしています。一般的に歯ぎしりと呼ばれる「ブラキシズム」は、私たちが夜間の就寝時に無意識に行う行動で、ストレスなどが原因だと言われて...



  • Viviane Gontijo Augusto , Keity Cristina Bueno Perina (2016) Disfunción temporomandibular, estrés y trastornos mentales. 2016 noviembre-diciembre; Actas ortopédicas. 24 (6): 330–333. doi:  10.1590 / 1413-785220162406162873