歯ぎしり:原因、症状、および治療

25 2月, 2018

歯の研削、または歯ぎしりは、歯の問題ですが、それはあなたの脳がどのように働くかに非常に深刻な影響を与える可能性があります。

それは上下の歯を噛み締め、それらを前後に動かすことによって研削することからなります。これは無意識のうちに行われることが多く、予防や治療をかなり複雑にする可能性があります。

歯ぎしりの癖がある場合、昼夜行っている可能性があります。特に夜は自分でコントロールできないので問題です。睡眠時の歯ぎしりは日中の心理的なストレスが大きな原因である場合があります。

夜の歯ぎしりは男性と女性に同等に影響を与えます。また、歳をとるにつれて頻度が少なる傾向にあります。子供は14%、思春期の少年が12%に対し、大人の割合は8%です。

早期診断は、歯科衛生および睡眠の問題を予防するための基本でもあります。

歯を見せる男性

歯ぎしりの原因と症状

歯ぎしりがあると、顔面筋肉の痛みや頭痛で目を覚ますことがあります。また、歯の痛み、歯がもろくなる、または歯の擦り切れの原因となります

さらに、歯を支える骨を破壊し、顎関節症などの関節の問題を引き起こします。

歯ぎしりのある本人は歯の研削にほとんど気付きません。ほとんどの場合彼らが眠っている間に起こるので、どちらの症状にも気付かないのです。

顔面筋肉の緊張のような症状は、歯の研削が酷くなったときにのみ現れます。

さらに時には歯、顎、顔面、目または耳に痛みが現れます。 場合によっては、痛みが頭部全体に渡ることもあります。歯ぎしりが長時間続くと、筋肉の緊張が首と肩に広がります。

歯ぎしりの正確な原因はまだ分かっていません。しかしながら、いくつかの寄与因子が見つかっています:
ストレスと不安。
・軽い睡眠の間に目を覚ます。これは、この障害の最も顕著な症状の1つであり得る。
・仰向けに眠っている。
・ダイエット。
・不規則な睡眠の習慣。

・歯の位置が正しくない。

あなたの脳はあなたが良く眠れば喜んでくれるでしょう。

歯ぎしりへの対処

適切な治療はその原因に対処する必要があり、症状を治療するだけではなく、根源に着目することが重要です。

ストレスが夜の歯ぎしりの主な原因であると考えられるため、リラクゼーション技術は大きく助けになります。 効果的にストレスを軽減すること、つまり音楽を聴く、読んだり歩くことなどが効果的です。

主要因が不安などの心理状態である場合は、効果的なリラクゼーション技術を学習することをお勧めします。 理学療法、抗炎症薬、筋弛緩薬も同様に適しています。

あごの痛み

セラピストを尋ねることは、患者がリラックスしてコントロールする方法を学ぶのを助けてくれるので、歯ぎしりの発生を減らすのにも役立ちます。

不安を軽減することは、視床下部および辺縁系が筋肉の調節に及ぼす影響を制御するのに役立ちます。

歯ぎしりの治療は、症状を軽減し、歯を保護することを意味します。それでも問題が解決しない場合は、耳鼻咽喉科医、睡眠医師、理学療法士、または心理学の専門家に相談してください。

参考文献

アルコレア・ロドリゲス、J・R、へレール・エスコバル、P、ラモン・ジョージ、ソル、L、トリニダッド・E、ペレツ・テレズ、M、ガルセス・ラウガー、D (2014)、ブラキズムと生物社会的要因の関連、医療科学メール18(2), 190-202.

アレアサ、A、コレンティ、M、バティスタ、V(2010)、口腔扁平苔癬患者群の人格特性としての不安、歯科証明書、48(2).

ダ・アコスタ・アルバレツ、A、アルチエリ、A、&ジョアオ、C、ブラキシズムの人々の不安と社会的影響のレベル、インターサイキス [インターネット]、2012 [引用19 Oct 2012][約. 8 pantallas].

ペレツ・G、バスク、L & バスク・Y(2007)、ブラキズム: 歯科におけるストレスの体系化、In Rev Forum científico、(Vol. 21, No. 52, p. 5).

ピント、F、ワシントン・W(2014).キトの社会リハビリテーションセンター第2号の患者における過密状態および精神的ストレスに起因するブラキシズムおよび関連病理、2013年10月〜2014年3月(学士論文、リオバンバ:チンボラソ国立大学)。

セグラ・M、G・ロドリゲス、O、ロハス・P、D (2003)、ブルクタパス患者と咬合副尺との併用療法と心理療法。

コレロ・シエンティフ・メッドホルゲン、, 7, 12.

ビキューナ・D、Id・M、E、オヨナルテ・R. (2010)、中等学校の高齢者(セカンダリー)のbitestrip®デバイスを使用した、歯ぎしり、不安、筋電図的乳房切除術の臨床徴候との関連、口内科学の国際ジャーナル、4(3), 245-253.

 

  • Alcolea Rodríguez, J. R., Herrero Escobar, P., Ramón Jorge, M., Sol, L., Trinidad, E., Pérez Téllez, M., & Garcés Llauger, D. (2014). Asociación del bruxismo con factores biosociales. Correo Científico Médico18(2), 190-202.
  • Arreaza, A., Correnti, M., & Battista, V. (2010). Ansiedad como rasgo de la personalidad de un grupo de pacientes con liquen plano bucal. Acta odontol. venez48(2).
  • Da Acosta Álvarez, A., Alchieri, A., & Joao, C. Niveles de ansiedad y el impacto social en las personas con bruxismo. Interpsiquis [Internet]. 2012 [citado 19 Oct 2012][aprox. 8 pantallas].
  • Pérez, G., Vázquez, L., & Vázquez, Y. (2007). Bruxismo: Somatización del estrés en odontología. In Rev Forum científico (Vol. 21, No. 52, p. 5).
  • Pinto, F., & Washington, W. (2014). Bruxismo y Patologías relacionadas por hacinamiento y estrés psicofísico en pacientes del centro de rehabilitación social nº 2 de quito, en el eríodo octubre 2013-marzo 2014 (Bachelor’s thesis, Riobamba: Universidad Nacional de Chimborazo).
  • Segura, M. G., Rodríguez, M. O., & Rojas, P. D. (2003). Tratamiento combinado a pacientes bruxopatas con férulas oclusal y psicoterapia. Correo Cientif Med Holguín7, 12.
  • Vicuña, D., Id, M. E., & Oyonarte, R. (2010). Asociaciones entre signos clínicos de bruxismo, ansiedad y actividad electromiográfica maseterina utilizando el aparato bite strip® en adolescentes de último año de enseñanza media (Secundaria). International journal of odontostomatology4(3), 245-253