ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル:観念論

ヘーゲルの死後、彼の信者たちは、2つの相反するグループに割れることになりました。右派ヘーゲル派とカール・マルクスなどの左派ヘーゲル派です。
ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル:観念論

最後の更新: 11 4月, 2019

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルは、西欧と19世紀のロシアでの哲学思想に大きな変化をもたらしました。彼は、プラトン、デカルト、カントの信者です。ヘーゲルによって、ドイツの観念論が確立されました。実際、彼は意識の進化論に大きな飛躍をもたらします。

多くの人は、ヘーゲルの著書を読むことが容易ではないことを知っているでしょう。最も有名な『精神現象学』(1807)は、彼の深く決定的な知的遺産の例です。つまり、弁証法として知られている考えです。

多くの人は、彼らの考えが急進的で、これによってドイツのナショナリズムが鼓舞されたと考えています。例えば、アドルフ・ヒトラーは、ヘーゲルの思想を支持しています。「本物のキリスト教の体現であるゲルマン世界のみが、自由を象徴する」といったヘーゲルの言葉に、正当性を見出していました。

「教育は、人を倫理的にする。」

-ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル-

しかし、ヘーゲルという人は、それ以上の存在でした。彼の思考は、何千もの理論的・思想的反応に火をつけたろうそくのようです。彼は、マルクス主義の唯物論に影響を及ぼし、セーレン・キェルケゴールの前実存主義、フリードリヒ・ニーチェの形状学的概念、テオドール・アドルノのネガティブ弁証法の基礎を敷きました。

ヘーゲルの思想は、人と世界との間には多くの壁が存在しないという考えへと私たちを誘います。ヘーゲルは、人が自分たちの真実の創造者であることを表現しようとしました。さらに、歴史と私たちの思考が解決策と矛盾の間の絶え間ない変動によって生まれたことを説明するために、弁証法の概念を世に送り出しました。

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル


思想家、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルは、1770年8月27日、シュトゥットガルトのプロテスタントの家庭に生まれました。彼は、哲学者のフリードリヒ・シェリングや詩人のフリードリヒ・ヘルダーリンと友人でした。さらに、ヘーゲルはイマヌエル・カントの熱心な信者でした。

哲学と神学をエバーハルト・カール大学テュービンゲンで学びます。父親の死後、彼は遺産を相続し、卒業論文の『惑星の軌道に関する哲学的論文(Philosophical Dissertation on the Orbits of the Planets)』を1801年に発表後、本格的に学問の世界へ傾倒していきます。それから間もなく、彼は教授になります。これによって、数学、論理、法律などに関する知識を得ていきました。

「素晴らしい目標を達成して初めて、人はより強い人格を露にする。」

-ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル-

1807年、ヘーゲルは『精神現象学』を出版して、意識の感覚、認識、知識に関して掘り下げています。この作品の中で、ヘーゲルは彼にとって唯一の現実であった理性を強調しています。この本を出版してすぐに、ハイデルベルクとベルリンのたくさんの大学が教鞭をとってほしいと依頼してきました。

成功とコレラ

ヘーゲルの授業は、ヨーロッパ中で有名になりました。彼の学生はみな、ヘーゲルであれば何でも説明できると語っていました。ヘーゲルは、プラトンにも等しいとまで言われていたそうです。

法律や国のシステムの哲学に関する彼の分析から、多くの人が彼の様々なアプローチや理論を学ぶようになります。文化エリートや政治家は、彼からは学ぶことが多いと考え、様々な意味で鼓舞されてきました。

ヘーゲルは、1831年11月14日、コレラのために亡くなります。

ヘーゲルの思想

ヘーゲルは、思想に歴史を介入させたことで有名です。それまで哲学的な講和は、無、つまり重要なことを考えすぎずに真実の感覚にたどり着きたいとするエンテレケイアからなってきました。

事実、フランス革命や時間の考え方の変化は、ヘーゲルによって鼓舞されてきたもののひとつです。

さて、それでは彼の最も重要な哲学的遺産の概念を見ていきましょう。

雲

観念論

ヘーゲルをドイツの観念論の本質であると定義することがよくあります。これはどういうことでしょうか。観念論は、次のことを擁護する哲学的理論です。

  • 考えは重要であり、独立して存在する。
  • 人を取り囲むものは、人がそれを認識して、意識しない限り存在しない。
  • ヘーゲルにとって、世界は美しい。美しさそのものが理性を象徴するため、世界は象徴的に完璧である。

「考えは、常に普遍化する。普遍化は、思考の産物だ。普遍化は考えることを意味する。」

-ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル-

同じように、ヘーゲルは幸福が人生の主な目標であってはいけないと信じていました。彼にとって、最も重要なことは、知識と理性です。

弁証法

ヘーゲルは、理性を弁証法の過程として定義していました。人は事実を肯定し、それを否定し、のちにその矛盾を統合することができます。 それゆえに、弁証では次の段階が含まれているべきと考えていました。

  • テーゼ:考えの肯定。
  • アンチテーゼ: その考えの否定。
  • ジンテーゼ: 矛盾の打開。

自由

ヘーゲルは、真の自由はある特定の枠組みから生まれるべきだと信じていました。それは、国そのものです。国というのは、個人が完全であると感じることを可能にします。これによって、本当の意味の尊厳を得ます。それゆえに、人はこれに「従う」、法的な枠組みを必要とします。

ヘーゲルの考えでは、個人はキリスト教を通じて本当の自由を得ます。

 

「自由でいることは意味がない。自由になることがすべてだ。」

-ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル-

論理

ヘーゲルの最も有名な命題は、矛盾です。この原理によれば、物は存在しつつ同時に存在していません。

つまり、私たちはみな変わるということです。私たちはみな、自分たちの活力によって、一つの状態から別の現実に移りゆきます。簡単に言えば、人生はそれ自体で継続的な矛盾なのです。

海


美学

ヘーゲルは、自然の美しさと人工的な美しさの間に、面白い区別をつけました。自然の美しさは、その信ぴょう性と自由から来る、申し分ない美しさのことです。これは、物の自然な精神を象徴します。後者は、私たちの精神を形作っているもので、これによって知識を得るための美の追求が可能になります。

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルは、最も顕著な思想家のひとりです。多くの人が彼を尊敬していますが、彼の考えを不快に思う人もいるようです。ヘーゲルのドイツ的観念論やヨーロッパ中心主義のため、彼と意見を違える人もたくさんいます。また、その複雑さから彼の作品を理解できない人もいるようです。

しかし、彼の考え方は、ヨーロッパにおいて鍵となりました。今日まで、多くの人が彼の『精神現象学』を必読と考えています。

「情熱なくして、素晴らしいものは成し遂げられない。」

-ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル-

こちらの記事もおすすめ
哲学者ハン・ビョンチョルと「全てが同じである地獄」
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
哲学者ハン・ビョンチョルと「全てが同じである地獄」

ハン・ビョンチョル氏は韓国生まれの作家であり、哲学者で、現代社会にとても影響のある人物となりました。いろんなテーマについて書いていますが、彼が最も力を入れているのはテクノロジーと、テクノロジーが生まれることなった文化についてです。また、多くの作品を仕事と創造に費やしています。