世界の理解に関してプラトンが言った言葉

2018年4月28日

古代ギリシャ=輝きと知恵であった時がありました。思想家たちは、詩人、数学者、天文学者、学者と共存していました。

しかし、彼の時代をプラトンほどよく表した人はいませんでした。プラトンが言った最も素晴らしいことは、理解、個人主義、自己認識に関することです。

 

プラトンは彼の時代の最大の反動主義者だという人がいます。ソクラテスの長い影がプラトンの功績に影響したのは確かですが、それが邪魔になったりすることはありませんでした。

プラトンは自分の考えたことを書き出さずにはいられなかったため、彼の著書、アドバイス、教訓に今でも触れることができます。

その発見のお陰で、このアテナイの体操好きは、アリストテレスやソクラテスに並ぶ西洋哲学の重要な哲学者となりました。今日わたしたちの教育、政治、現代思想のもとになっている哲学です。

世界の理解するためにプラトンが放った言葉

1. 「ものを見るのは目ではない、それよりも私たちが目を通して物を見るのだ。」

プラトンは、物理的世界と概念的世界の関係を説明するのにアレゴリー、洞窟の比喩 を用います。洞窟につながれている人のグループは、自分の見るものが唯一の現実だと信じる、ということです。

外にあるものが見えたとき、太陽によって目がダメージを受けます。そのため彼らは暗闇に戻っていきます。そのほうが快適で、慣れているからです。しかし、元に戻ると彼らの現実の認識が変わります。

この寓話で、アリストテレスはなぜ自分たちがチェーンでつながれているのかを考えるように語り掛けます。チェーンから解かれた時に見つけるものを恐れているのでしょうか?

 

洞窟の中から見る影は、偽りの現実を創り出し、本当の現実からわたしたちを遠ざけます:外の世界で起こることです。

地球が映る目

2. 「賢い人は自分より賢い人と一緒にいる。」

プラトンの最も素晴らしい言葉のひとつは、世界は思想家によって治めされるべきだという考えに基づいています。彼によれば、最も賢い人たちこそ治める能力を持っています。

彼は貴族家庭に属しており、政府の対応に対しての不満は隠すことはありませんでしたが、反民主主義でした。

彼はソクラテスなど他の思想家を尊敬していました。プラトンはソクラテスからたくさんのことを学ぶことができると考えていました。ソクラテスのお陰で、自分一人では成し遂げることができなかった絶対君主制のコンセプトの普遍的真実を発見しました。

何かを教えてくれる人で自分を囲むことはいつでも必要です。その人たちと同意していなくてもです。

3. 「悪に対する神を見つけるよりも大義を求めるべきだ。」

プラトンは、ソクラテスと彼の考えの尊敬者でした。この理由で、異教徒の倫理を広めたことによるソクラテスへの死刑宣告は彼に深く影響を及ぼしました。別の考えを提案することで殺されるのは不公平だと考えました。

彼のメンターから、プラトンは人は本質的に悪いわけではなく、無知よって悪くなるのだと学びました。人間は自分の行動のマスターであり、自分の決定に責任があります。不公平なことを行うために神の考えのもとに隠れるのは、逸脱しています。

4. 「どんな人間の大義も不安を受けるに値しない。」

最も有名なプラトンの言葉のひとつです。人間大義で苦しみやストレスに値するものはありません。わたしたちが考えることをやめたら、大抵わたしたちは簡単な解決策がある小さなことを心配し始めます。

不安が本当に正当化されるシチュエーションでは、わたしたちはそれをどうにかしなければなりません。不安が健康に影響を及ぼしたり、みじめに感じさせることを許してはいけません。

苦悩

5. 「仲間のいいところを探すのは、自分自身のいいところを見つけるのにも役立つ。」

5つ目の言葉は、理解と優しさの重要性を表しています。プラトンの根本原理は、人々が安心して暮らせる正しい形態を確立することでした。

残念ながら、彼には成し遂げることができませんでした。しかし、わたしたちが挑戦するのに遅すぎることはありません。

「他の人を見ないでうまくやりなさい。」
-リカルド・パルマ-

他人を助けることは相手だけでなく、自分自身にもメリットがあります。自分が役に立っているように感じられ、もっと他人に共感できるようになり満足感を得ます。

プラトンは時代の先を行っていました。反抗姿勢で批判を受けていたにもかかわらず、彼の教えは今でも息づいています。

わたしたちの問題はとても似ています。もしかしたら、プラトンのアドバイスを実践したら、人生を異なる視点から見れるようになるかもしれません。