ゲシュタルト療法:妄想を辞めて現実を経験する

2018年3月10日

妄想は幻想の扉を開きます。しかし、それは私達と現実の間に距離を生み、今この瞬間から連れ去ってしまいます。ゲシュタルト療法の生みの親、フレデリック・パールズは、この療法がどのように私達が今を生きることが出来るのかを教えてくれます。これを行う為に、まず未来への決めつけにフタをするところから始めましょう。

地についた私達の足だけが現在と繋がることが出来ます。しかし、今はまだ起こっていない、重要な結果をもたらす物事がまだあるのです。

ゲシュタルト療法は人間を世界的なものと捉える人間性心理学に分類されます。心、感情、そして体が人間を形成しており、このタイプの療法は出来事に対しての責任感を強くして、個々の成長を促してくれるのです。この心理療法はクリニックを超え、実生活にまで効果をもたらしてくれます。

「ゲシュタルト療法は、それが何をするか、よりもそれが何を拒絶するかによって分類され、意識することが重要だと主張します。そして、意識的、または責任感を強くする為の変化を起こすには現在以外に必要なものは無いのです。」

-クラウディオ・ナランホ-

ゲシュタルト療法の影響

この心理療法のスタイルは精神科医のフレドリック・パールズによって50年代に作られました。彼はこの療法を心理学者で彼の妻であるローラ・パールズと一緒に組み合わせました。また、特定の治療法を作り出す為に、ゲシュタルト心理学の原理には、人物像や人格の概念が含まれています。

ゲシュタルト療法では個人全体の概念を重要視しています。パールズによると、ゲシュタルト(ドイツ語で鋭い、または固い)は不完全で過去の問題を繰り返すかもしれないが、人は自然に自分自身の存在を達成する傾向があると言います。

女性のシルエットと空

ゲシュタルト療法に影響を与えたものに、防衛メカニズムの研究を含む精神分析、仏教などの東洋の宗教、実在哲学、現象論、劇場、そしてサイコドラマ(心理劇)などがあります。作家のポール・グッドマンやイサドラ・フロムなどもそれに貢献しました。彼らはゲシュタルト療法は単なる治療法を超えて、様々な社会的、そして個人的な領域に広がっていることに着目したのです。

ゲシュタルト療法とは?

ゲシュタルト療法は個人の潜在能力に焦点を置いた療法です。自己調整の為にそれぞれの個人が持つリソースや能力を見ることなのです。これは、中身よりその人の進歩により注目する治療法でもあり、セラピストは「なぜ?」というような質問はせず、代わりに「どのように?」と尋ねます。この考えは行動や態度などの原因を理解するのではなく、プロセスを理解する為にあるのです。

そして、ゲシュタルト理論では主観的な肉体の感覚や感情を重要視して、クライアントが直面している問題を解決する助けをします。この方法は挑戦を促すのではなく、受け入れるように仕向ける為、マインドフルネスと多く共通している部分があります。

さらに、基礎的な概念の一つに、「意識」を実現することがあります。それは、今この瞬間に意識を持つことです。制御するより自発性を重視し、拒絶や対抗する代わりに直面しているものと共存するという概念です。例えば、あなたが感情的になった時、ゲシュタルト療法はその気持ちにしがみ付くことを促さずに表現することを勧めます。

ゲシュタルト療法の基本的な概念

ゲシュタルト療法の主な目的は、クライアントの心理的な幸福をサポートし、責任感をより意識出来るように助けることです。この目的の為に使用されているいくつかの重要な概念を紹介します。

意識

意識することは基礎的なステップです。ある特定の結果に対して、人は自分がどのように考えているか、感じているか、そして行動しているかを理解する必要があります。この3つの要素が無いと、そこには大きな不快感が生まれます。そこに意識があれば、その結果は時間が経たなくても変わることが出来るのです。

緑の女性の顔と蝶

「今」、そして「ここで」

この療法では、現在が全体的な生活を担っているので、現在のみが可能なシナリオとして理解されています。ですので、もしセラピストとクライアントが過去の何かに取り組んでいたら、それは、もしこれが現在起こっていたら?、というシミュレーションをしているのです。

例えば、もしクライアントが過去にいじめられていたら、セラピストはクライアントにその経験を現在起こっていると想定して説明してもらいます。こうすることで、セラピストは彼に過去の感情を思い出させて、今ここでそれに取り組む機会を与えるのです。

責任感

セラピストはクライアントがネガティブな人であっても行動や、考え、そして感情へ責任を持つことを勧めます。責任を持つことで、より自由と規律を持つことが出来るのです。この方法により、彼らは自分の間違いを受け入れやすくなり、そしてそこから学ぶことが出来ます。また、よく使用される例に、自分の言葉を使って初対面の人と会話するという方法があります。

ゲシュタルト療法の役割

ゲシュタルト心理療法士はクライアント(彼らは患者とは呼びません。彼らは意欲的な参加者として捉えられています。)と一緒に向き合います。そうすることで、成長を促しているのです。これにより、治療関係は平行的になり、セラピストとクライアントは平等となるのです。

心理療法士はただ促したり勇気づけるだけです。アドバイスを与えることはせず、クライアントが自分自身を管理出来るようになったり、強くなれるように、クライアントの持っているスキルを探す手伝いをするのです。クライアントは彼らの人生の「エキスパート」であり、誰も彼らの人生を決めることは出来ません。そして、責任感が彼らに与えられ、自立心が尊重されるのです。

この療法の目的は、クライアントの感情の為に彼らが責任を持てるよう促すこと、そして、人生で費やさなければいけないことを調和を持って受け入れるように促すことです。誠実さ、寛容さ、そして現在への意識はゲシュタルト療法の基礎的な価値観なのです。

参考文献:

Peñarrubia, F. (1998). Terapia Gestalt: La vía del vacío fértil. Alianza Editorial.

Martorell, JL. (2008). Psicoterapias. Ediciones Pirámide.

Latner, Joel (1994). Fundamentos de la Gestalt. Cuatro Vientos.