ゲーテの5つの名言

2019年5月25日
ゲーテは生涯を通じて、学ぶことを止めず、世界に興味を持っていました。彼の特異性は、シュトゥルム・ウント・ドラングにもみられ、これがロマン主義文学へとつながりました。

ドイツ文学において、ゲーテは素晴らしい言葉を残しています。文字に長けたこの人物は、作家であり、詩人、脚本家、科学者でもあります。医学から神学、物理学から詩へと彼の知恵は広がりました。

彼の文学界での頂点はファウストでしたが、物議をかもす書簡体小説「若きウェルテルの悩み」も書いています。これも大成功で、ウェルテル効果と呼ばれる若者の自殺の波まで引き起こしました。

彼は生涯を通じて、学ぶことを止めず、世界に興味を持っていました。彼の特異性は、シュトゥルム・ウント・ドラングにもみられ、これがロマン主義文学へとつながりました

 

ゲーテの5つの名言

ゲーテの作品の特徴は何でしょう?現代社会と不安、魔女や悪魔とのつながり、感傷的な効用があげられるでしょう。これから皆さんにみていただきたいゲーテの言葉には、知恵と知性が詰まっています。

 

願うことにより、戻ってくる過去はない。過去を元に、より新しく、より良い何かを作る永遠の今があるだけだ

ゲーテにとって、過去は過去でなければなりません。考えないだけではすみません。人生観に沿って、行動する必要があります。ゲーテはフランス革命により、ひどいうつ病を患いました。社会的確率がなぜ変えられなければならないのか、そのためになぜ、血が流されなければならないのか、彼には理解できませんでした。

過去にとらわれることは、問題を生むだけでなく、私達は今ある幸せを大切にすることができなくなります。いつか暗い時代はやってくるでしょう。それでも、今、自分にあるものを楽しみましょう

ゲーテの言葉

 

皆誰かになりたい。しかし誰も成長したくない

皆、誰かに認められたい、尊敬されたいと思っていますが、人として自分を振り返りたいと考える人はいないということを語っています。有名になり、富を得ると、人は自分を磨き、完璧を目指すことを止めます。停滞してしまい、成長することを忘れ、うぬぼれという瓦礫の下にはまってしまいます

そうあることより、成長することを考え始めれば世の中はより良い場所になるかもしれません。服従のために、自分の潜在能力を捨てることは、大きな間違いです

 

才能は孤独の中で育つ。性格は、世界の嵐のような荒波の中で作られる

シュトゥルム・ウント・ドラングの一員がこのようなことを言うのは、皮肉的です。ゲーテは比較的、衝動的な性格でした。創造性があり、興味を持ち、休むことがなかったため、勝利したのです。孤独や孤立の時間は、知的美徳をもちたいと願う人には必要だとゲーテは考えていました。

私達は皆、質の高い時間を必要とします。知的に成長するためには、活動と休息のバランスが大切です。それがなければ、価値あるものに手は届かないでしょう。

ゲーテの名言

 

人をその人であるように接すると、その人は変わらないだろう。しかし、人がどうあるべきか、あることができるかで、人を接すると、あるべき姿、あろう姿になるだろう

この言葉で、ゲーテはピグマリオンとガラテアの神話をまとめています。キプロスの彫刻家ピグマリオンは、理想の女性を彫刻で掘るギリシャの伝説です。彼があまりに崇拝するので、キプロスの守護アフロディーテは可哀そうに思い、その彫刻を本物の女性に変えます。

この神話は有名なピグマリオン効果の元になりました。ピグマリオン効果とは、ある人を失敗者として接すると、例えその人が職場で優れていても、失敗することになるというものです。反対に、できると信じ込ませ、応援すると、勝利へと導かれます。

 

自分を実際より優れている、または、劣っているとするのは、大きな間違いだ

ここで、また、ゲーテは確信をついています。人は、自分は人より優れていると考えますが、いつか、真実は明らかになります。しかし傲慢さへの境界線を越えない範囲で、自分を愛することは、絶対不可欠です。

常に求められることを必要としない謙虚な天才は、尊敬されます。人に強く認識してもらうために、偽り、誇張、自己重要性を使う人は、尊敬に値しません。