ごめんね:家族の基本

· 2018年7月22日

親が「ごめんなさい」というのを見て、子どもたちは謝る方法を学びます。しかし、すべての家族が自分たちの子どもに許しを得るのがうまいというわけではありません。多くの場合、謝ることが強く幸せで敬意に溢れる絆を作り出す基本であることを忘れてしまいます。

 

多くの家族が十分に考えていないのが、コミュニケーションスタイルです。口に出したり、時には無言で使用する、たくさんの暗示、見えない命令、愛する人に投影している心理的なサインなどを意識していないことをわたしたちはあまり意識しません。

 

「間違いを冒したら、『ごめんなさい、わたしが間違ってた』と言えることを見せて、問題を改善することを口に出す勇気を持ってください。」

コミュニケーションする方法によって、ハーモニーの根を貼ることができるでしょうか?あるいは不幸の種を最も親密な人間関係にまいてしまうのでしょうか?これは考えるべき質問です。家族のダイナミクスがどういうものかは関係ありません。わたしたちはみな間違いをおかし、許しを請う「必要」があります。 そして「ごめんなさい」と口に出せて、心の知能を使えるようにならないといけません。

心の知能は健全でインスピレーションを与えるツールです。子どもを育て教育するにはとても大事です。人間の親密な考え方を持ち、間違いを認める価値を子どもたちに紹介するためのいい方法です。間違った行いを正すために許しを請う方法を知ることも大事です。絆を壊さないためにです…

 

子ども

「ごめんね」ということは共存の基本

わたしたちはみな間違いを犯します。間違い、失敗、誤解に耐性を持って生まれてきた人はこの世には存在しません。だから、子どもを育てたり教育することにおいては、失敗、不適切な行い、誤ったフォーカス、ネグレクトなど避けて通ることはできないのです。大事なことは子供より間違いが多いとか少ないということではありません。カギは、このような状況になった時どう対処するかです。

間違いを見つけて「ごめんね」という言葉で自分の責任を認めることは教育です。しかし、わたしたちの大人の「文化」では、それを承認したり行うことは簡単ではありません。親自身が子どもたちが信じる親の絶対確実性の神話を恐れているかのようです。しかし、子どもに謝らせる方法を教えるのであれば、自分たちはどう謝っていますか? 謝ることが自分の権限を失い、信頼を傷つけるときだと信じている人がいるのです…

多くの親が考えていることです。子どもと約束して、結局守れなかったときパパが考えることです。仕事の不安を処理できずに部屋に入るなりばかばかしいことで子どもに怒鳴った時にママが考えることです。

スプーン

「ごめんね」ということは、共存の基本です。問題が発生して大人として責任を取るべき時にすることです。この表現をうまく要約してくれるものは他にありません。「ごめんね」には共感と共存のルールの認識が詰まっています。結局、大きかろうが小さかろうか、みんなのために従うべきはルールなのです。

家族になることを学ぶ

小さいことで「ごめんね」と謝る人がたくさんいます。誰かにぶつかった時、バスで席を譲らなかったとき、クラスメートや同僚のために本を持っていき忘れたとき…小さいことでも「ごめんね」のアートを行うのが大事なのではあれば、自分に最も近い最も愛する人にも同じようにするべきですよね?

さらに、毎日会うから、あるいは相手(パートナー、親、こども、兄弟など)が近い人だから、許してくれると思い込みます。愛、愛情、ケアは意識して行うものです。「ごめんね」ということを学ぶのは、家族の基本です。適切な価値観を持ってハッピーな子どもを育てる環境を作り出します。では、その主なメリットを見てみましょう。

家族で歌う

許しを請う:大きなメリットのある前進

  • 「ごめんね」と子どもに言うことで、日々の生活にフォーカスできる。旋風のように一日を過ごして、自分の過ちに気づけたら、もっと今に集中して子どものニーズに気づけるようになります。
  • 子どもに許しを請うことは弱さの表れではないことを理解する。むしろ逆です。成熟や責任の表われです。
  • さらに、間違いを犯したことを認めることで、もっと複雑な状況を回避する。そうしなければ、子どもは少しづつ信頼を失っていきます。
  • 大人が「ごめんね」と言えて許しを子どもに請えるような関係では、どちらにも素晴らしい学びがある。年上だからと言って間違わないということはありません。間違いを犯すのは、わたしたちのDNAの一部です。人間を成長させる素晴らしい方法でもあります。

結論としては、もし幸せとハーモニーを望むなら、どんな家族も「ごめんね」は誰にでも優しい心理的なスキルであるということを理解すべきです。だから、怖がらずに振り向かずに始めましょう。謝ることができれば、新しい貴重な機会を得ます。自分をよりよく知る機会です。