子供を幸せに教育するためのアドバイス

2018年4月14日

子供を幸せに教育することは、親として直面することになる最重要の作業です。自分の子供に良い教育や価値観を与えたいと思うことでしょう。しかし、最も基本的かつ重要なことは日々我が子の顔を笑顔にすることです。

なぜなら、子供を教育している時に子供の幸せを考えなければ、それ以外のことは何の価値も持たないことになるからです。学びたい、価値観を自分のものにしたいと子供に思ってもらう最善の方法は、子供が守られていると感じる関係を通して、幸せを毎日楽しむことです。

以下に、子供を幸せに教育する一連のコツをお教えしたいと思います。子供を幸せに教育することは複雑ですが、あなたの心と魂を満足感と誇りの気持ちで満たす実に心に響く作業です。

決して自分の不満を子供に向けないこと

子供を幸せに教育したいのであれば、いかなる状況下にあっても、間違っても決して自分の不満感を子供に向けない事です。子供の心は、なぜあまりにたくさんのことを要求されなければいけないのかということを理解することはできません。

おそらく、あなたの幼少期の夢は最高のサッカー選手になることだったり、クラスで一番になることだったかもしれません。しかし、自分の子供にそれが本当に子供が望むことかどうかを尋ねたことはありますか?子供は本当に自分に似るものです(子供は自分の遺伝子を継いでいることを忘れてはいけません)。しかし、子供は自分とは違う存在であり、自身のニーズや願望を持っているものです。

良いコミュニケーションを築く

子供を教育する時が来た時に、絶対的に必要なことは子供と良好なコミュニケ―ションをすることです。

例えば、時に子供や親の双方に不満や苛立ちが表れることは理にかなったことです。子供は自分のコミュニケーションスキルや能力を完全に発達させているわけではないからです。しかし、絶望に陥ってはいけません。

子供と父親

自分の子供とコミュニケーションしようとする時、あるいは、奇異だったり人目を引くような行動がみられたとき、あなた自身のことを考えてみましょう。子供だった頃のあなた自身を考えてみましょう。努力して内省し、過去に足を踏み入れましょう。どんなことを感じていましたか?何が自分をやる気にさせていましたか?どんなことが自分を幸せにしてくれていましたか?きっとそうしたことの中に自身をたくさん見つける事でしょう。そして、これが子供をより理解するのに役立つ事でしょう。

共感力を使う

前述した点と関連して、自分の子供を幸せに教育する時になると、共感力が大変貴重な手段となります。共感力が自分の子供を大変よく理解させてくれるからです。

自身の幼少期の願望やニーズを理解することは、子供を理解し、子供に共感するのに大変役に立ちます。

どんなゲームが好きでしたか?どんな食べ物が大好きでしたか?自分の親にどうやって接してもらうのが好きでしたか?新しい事にどのように反応していましたか?これらやその他多くの質問に回答することで、子供の世界に入り、子供と幸せな関係を築くことができるようになるでしょう。

ありったけの愛情を注ぐ

子供を幸せに教育する時に大事なことは、子供にありったけの愛情を注ぐ事です。この件に関して、残りをセーブしたりしてはいけません。ありったけを注ぎましょう。

しかし、愛情を注ぐことと子供に欲しがるものを全て与えることを決して混同してはいけません。幼い子供にはルーティンや限度が必要です。子供は価値観を取り込み、安全だと感じ、その上で性格を形成できるように、何が正しくて何がそうでないのかを知らなければいけません。

これを踏まえた上で、それが物質であれ心情であれ、欲しい物は何でも与えてもらっている子供は、自身を理解することが不可能で、不満に苛立ち、自立することや周りの人と関係を築く事に深刻な問題を抱えることになる未来の暴君と化す非常に深刻なリスクを侵すことになります

ソファーで眠る家族

時間を捧げる

子供を幸せに教育することには、多くの時間と忍耐力が必要となります。初めは、最も身近な家族の人が子供にとって世界の全てとなり、子供が安全だと感じられる場所になるため、常に側にいてあげなければいけません。

子供が大きくなるにつれ、子供と遊び、教訓を学ぶことを楽しみ、愛情と保護を施し、子供に自分を完全に捧げなければいけなくなります。あなたの時間と忍耐力は、子供にとって大きな価値のあるものです。それは、あなたが子供にとって自分が映る鏡であり、本当になりたい人間であるからです。

しかし、この点を義務だと捉えてはいけません。子供を幸せに教育することはあなたにも充実したものになり、あなたをより完全な存在にし、子供の側にいつもいたいと思うことが極自然になることでしょう。この事を絶対に忘れてはいけません。

画像提供:パスカル・カンピオン