私は反抗的で多くの人が耐えられないような女性だ

· 2017年12月3日

私は反抗的で不自然な女性であり、多くの人々にとって私と一緒にいることは耐え難いのです。 私という人間は自分自身の努力の結果であり、また苦しみの結果でもあります。なぜなら、私はいつも犠牲者や奴隷になることを拒否してきたからです。 あなたが見ているのは、偽りのない本物の私なのです。 自分を愛し、人生を愛するような女性なのです。

この本物の、実現した自身のビジョンは、20歳や30歳のころにはまだ正確には現れていません。実際、ここでは50代の女性の力について話しています。 それぞれの年齢には、それに見合った成果、勝利、そして美しさがあることは明らかです。 しかし、これが50年にも近づくと、多くの関わりが絶たれ、考え方も変わってきています。 女性は幸せになるために「誰かのかわり」である必要はないことも知れ渡っています。

「吠え方を知らない人は、何が自分の荷物になっているのかすら見つけられないであろう」

-クラリッサ・ピンコラ・エステス-

一方、「アルファ女性」(企業を率いる女性)と呼ばれる女性たちは重要な役割を果たしています。彼女たちには影響力があり、価値観、創造性、人の目を弾く人格を持ってビジネスを行います。さらに、職場に新たな成果をもたらすような、共感的な職場環境を作り出します。

「アルファ女性」は21世紀に生まれたものではありません。 私たちが昔の王朝時代に生きていることを想像してみてください。その例でいえば、彼女はいつも黙っている名も知れないの戦士のような存在です。 例えば、私たちは祖母の存在を忘れたことはないでしょう。悲しみを髪に染み込ませたような、子供、家庭、家族のためにすべてを与えた素晴らしい女性たちのことです。

嘆くことを一度もしなかったこのような勇敢な女性たちは、年齢と苦労を重ねた手を見て、いつか彼女たちの娘たちが輝く機会を持つことを夢見ていました。 彼女たちはそんな自信を持って未来を築き上げた女性たちなのです…

手を組みあう世界中の女性

反抗的な女神たちの遺産

多くの文化において、そのような女性たちは「生命の光」を表していると言われています。しかしその光とは目に宿るものではなく、女性が命を授けることができる能力を指しています。そして女性の姿が「創造」の象徴としてだけでなく、挑戦的な存在としても見られたのは大変興味深いことです。

ロバート・グレイヴズが彼の著書「白い女神」の中で古代の地中海のヨーロッパと中東の両方について説明しているように、最高の女神を崇敬したような文化は、多くの国で非常に一般的でした。彼女は月に関連した神であり、残りの男性の神々を差し置いて自分の光で立ち上がったのです。しかし、これらの根とその顕著な美しさはすべて、父権社会によって押しつぶされてしまったのです。

強い女性の人類学的および文化的な影響は、女性が静かに受け身で屋内に住む義務があった時代である、紀元前400年から始まります。偉大な女神、謎に満ちていた反抗的な女性の一部分は衰えませんでした。彼女は様々な文化の中に密かに存在し続けたのです。その女神の一部は女性から女性へ、秘密の魔法が伝えられていくように、世代から世代まで伝承されたのです。

太陽と月

かつて、女性は様々なサイクルや変化を通じて進化するものだといわれていたことがありました。 自然よりも力を持ち、男性を象徴する太陽が恐れるような、月のような存在だったそうです。

あなたの中にいる挑戦的な女性

女性たちにとって困難な時代もありました。 女性を沈黙させてしまった男性主体の文化的遺産は、すべて私たちの中に引き続き存在しています。 それは、グレイブスの本の「白い女神」やクラリッサ・ピンクラ・エステの「狼と一緒に暮らす女性たち」のような本で明らかになることです。しかし、 女性は彼女が勝利できること、彼女の声が力を持っていることを知っているのです。そして彼女は自分自身と世界自体に挑戦することができることも知っています。

「私が最もよく知っている主題は私だから自分を描く」

-フリーダ・カーロ-

私たちはその瞬間が来ることを知っています。 女性たちが「はい」と言うのにうんざりして「いいえ」と叫びたくなる瞬間です。女性たちが早熟したとき、そのような反応をしたくなる感覚が襲ってくるかもしれません。 それは、時間の経過への恐れがなくなり、孤独が敵とみなされるのではなく成長、拡大、そして機会のための時間として見られるようになるときです。

しかし、挑戦的な女性が社会で受け入れられないことがあるのを私たちは知っています。 それは、地球の深みから来る、現実を変える力を発揮する磁気のようなものであり、古いしきたりが壊れるようなものは、恐れられやすいのです。

猫と女性

同時に、強烈な性格の女性に対してはまだ不信感があります。 人々は彼女が自分の価値観を確信しているという理由だけで、自発的であると呼んでいます。あるいは、結局、他よりも自分自身を優先することを最終的に選択するからです。 女性は魔法使いのようなものであり、時々そのような特性を憎むことも、自分の能力を誇らしく思うこともあったでしょう。

女性が根本的にとても忠実であるか、ということは重要ではありません。 また、女性の特性を我慢できない人がいることもいいのです。 女性自身の遺産を誇りに思ってください。 尊厳と幸福の中で私たち自身の道を創造しようとする、反抗的女神の特性を受け継いでいるのですから。