反社会性パーソナリティ障害:人に対する憎しみ

· 2019年1月4日

反社会性パーソナリティ障害をもつ人は、人の権利を無視することがあります。その軽蔑視が、自分の人生に障害を作り出しえる人に対し、失礼な行為を取らせます。多くの場合、その様子は幼少期、または十代で明らかになり、大人になっても続くと言われます。

反社会性パーソナリティ障害は、精神病、社会病質としても知られています。この障害の主な特徴は、惑わしとごまかしです。

 

反社会性パーソナリティ障害の診断

反社会性パーソナリティ障害と診断されるには、一定の基準があります。まず、18歳以上であることです。例え、すべての特徴がこの障害に当てはまったとしても、子どもが反社会性パーソナリティ障害と診断されることはありません。

さらに、15歳までに何らかの行動障害が出ているはずです。人の権利を侵害する、繰り返しや永続性のある行動パターンを含む行動障害です。

行動障害は主な4つのカテゴリーに分類されます。人や動物に対する攻撃行動、所有物の破壊、詐欺や窃盗、重大な法律違反です。

反社会性パーソナリティ障害の女性

 

反社会的な行動パターンは、何らかの介入がない限り止まることはないでしょう。大人になっても続きます。社会的規範や法に適応することができません。チャンスがあると、これらの行動を繰り返す傾向があります。所有物の破壊やストーカー、ハラスメント、窃盗、違法な活動への参加などがこれにあたります。

 

反社会的な人の特徴は、人に対する憎しみと怒り

反社会性パーソナリティ障害をもつ人は、人の望みや権利、気持ちを嫌います。自分の欲しいものや快楽(セックス、お金、権力など)を手に入れるため、周りの人を騙したり、嘘をつくことがよくあります。

常に嘘をつくのは、反社会的な人のもう一つの特徴です。嘘を繰り返し、偽名を使い、人を騙し、仮病を使います。

将来の計画を立てることができず、衝動的な行動がみられます。あまり考えず、思い付きで決断する傾向があります。

反社会性パーソナリティ障害をもつ人は、不機嫌で攻撃的な傾向があります。身体的暴力に走ることもあります。また、警告なく、人の安全を奪うことがあります。例えば、運転している時です。制限速度を超えたり、飲酒運転をします。

無防備なセックスや違法ドラッグなど重大な危険を伴うリスクの高い行動に走ることがよくあります。子どものネグレクトや子どもを危険な状態にさらすこともあります。

反社会性パーソナリティ障害の人は、非常に無責任である

この傾向は職場で明らかになります。仕事の機会があっても、長期間無職でいることがあります。現実的な計画なく、または、新たな職を探すことなく、何度も仕事を辞める人もいます。

同様に、病気以外の理由で、仕事を休むこともあります。経済的にも無責任で、特に借金に関してそうなります。さらに、子どもの基本的なニーズを満たすことができません。

同じような意味で、自分の行動に後悔がないのも特徴です(Rosenblum, 2011)。 自分の犯した行動を正当化したり、無関心である傾向があり、「人生は楽ではない」「敗者は負けて当然だ」と言い逃れます。

反社会的な人は、被害者が弱いことを非難したり、「運命」であるなどと被害者のせいにします。「当然だ」「いつかはこうなった」というフレーズはこの障害をもつ人がよく言うものです。

ご覧いただいたように、反社会性パーソナリティ障害をもつ人は非常に重大な結末を伴います。非常に対応が難しい人格障害で、大抵の場合、幼少期や青春期に行動障害がみられます。