ハルク症候群:ブルース・バナーの悪夢

18 12月, 2018

ハルク症候群についてご存知の方はあまりいないようです。これは、唐突な怒りの爆発に特徴づけられています。この爆発が攻撃的なふるまいにつながります。アモック症状群とも呼ばれていますが、緑の怪物のハルクを思い浮かべる人が多いようです。

ハルクは、マーベルコミックスのキャラクターです。マーベル・シネマティック・ユニバースにも登場しています。最新の『マイティ・ソー』や『アベンジャーズ』シリーズにも登場します。ハルクは、心優しいブルース・バナーのもう一人の姿です。彼は毒性のある廃棄物で実験中、自分を汚染してしまいます。

バナーが2つ目の人格を持った瞬間、ハルクになります。緑の化け物が突然現れるのです。凶暴で、自分の周りのものすべてを破壊します。バナーはハルクをコントロールできません。少しずつ、バナーはこの最悪な怪物と共存していくことを学びます。

ハルク症候群

映画では、バナーは怒りを感じるとハルクに変身します。ふるまいのコントロールが効かなくなり、怒り任せになります。人が怒りをため込んでしまうと、それはとても暴力的に爆発してしまうことがあるのです。

専門家によれば、ハルク症候群には文化的な要因が強くかかわっています。ハルク症候群は多くの文化で記録はされているものの、すべて異なる記録がされています。

ハルク

欧米では、ハルクが架空のキャラクターとして有名になる前に、ハルク症候群が記録されています。当時は、アモック症候群として知られていました。心理学者は、マレー語の「men-amok」から名前を取っています。この言葉は、「盲目の怒りで攻撃して殺す」という意味を持っています。

心理学者は、ハルク症候群は多くの損害を引き起こし、肉体的な変化を起こすことにもなるとしています。しかし、その診断の頻度は社会で実際に起こっているよりもずっと低いことが研究でわかっています。アモック症候群を患っている多くの人は、その怒りの症状の最後に自らの命を断つことがあるようです。

怒りをエネルギーに

すべての怒りがネガティブなわけではありません。感情を拒否することに意味はないんです。精神的に健康な人は、様々な自分の感情を感じることができる人です。

これは、怒りや悲しみなどのネガティブな感情も含みます。怒りは、わたしたちに警告を発しているときに機能します。誰かが自分の権利を冒すと、怒りを感じます。これには正当性があり、自分のために戦うことを可能にしてくれます。反応するエネルギーを与えてくれるため、怒りにも価値があります。他人が愛する人を不当に扱うのを許さないように教えてくれます。しかし、この感情がネガティブなエネルギーと一緒になった時、人のふるまいを支配します。

心の知能を使って怒りを制御する必要があります。たくさんの努力と献身で、怒りを有効に作用させることができるのです。

こぶし

怒りをコントロールすることは、意識的な努力が必要な道のりであることを理解することが重要です。これは、とてもやりがいのある経験でもあります。今までは暴力を生み出していたエネルギーを、体系化された行動の計画に注ぐことができます。ハルク症候群は、誰かの人格を定義づけるものではありません。怒りを制御して力に変えることは可能です。

怒りを表現する

次に、怒りを少しでも制御する助けになる方法をご紹介します。これらの方法を使えば、ハルク症候群のような状況に陥ってしまう可能性を減らすことができます。

  • 運動して新鮮な空気を吸う。運動することで、たまったエネルギーを放出することが容易になります。さらに、運動によって幸福と関連があるホルモンが分泌されます。
  • 自分の持つ思考を具体化する。感情について話すことは簡単ではないかもしれません。しかし、感情を表現することはとても重要で、物事を対処する助けになります。
  • 瞑想。精神を空っぽにすることは、激しい感情を感じる状況では役に立つスキルです。例えば、瞑想をすると自分をよりよく知ることができます。

怒りといらだちは自然な感情です。ポジティブでためになる方法で、その感情を外に出してください。制御するための一番良い方法は、自分の味方にしてしまうことです。