怒り方を学ぶという挑戦

2018年9月26日 in 感情 124 シェア済み

私たちは皆、いらいらしたり、辛辣に振舞ったり、復讐したいと思ったりしたときのことを覚えていますよね。しかし、こういった私たちを怒らせるような状況に気づく方法を知っている人はいるでしょうか?怒り方を学び、正しいタイミングで怒りを表し、正しい人に向けて怒れるようになる方法はあるのでしょうか?答えはイエスです。しかし、いつものように、まずは自分自身の中で変えなければならないことがあります。

怒り方を学ぶことは難しい挑戦で、ほとんどの人はそれを克服することができません。怒り方を学ぶということは、つまり不満に耐えられるようになり、その方向をきちんと変化させることができるようになるということです。

そうすることで、それが間違った方向へ行かないようにし、悪影響を受けるべきでない人に影響がないようにするのです。あるいは最低でもその影響が必要以上に長引かないようにします。怒ることは、大きな(自分の)精神内の苦悩と(他の人との)対人関係の苦悩を必要とします。

怒り方を知ることがなぜ大切なのかが分かる例を挙げたいと思います。カップルが家でけんかをするとします。お互いに自分の思うことをぶちまけて、そのままにしてしまいます。一人は仕事に行き、一日のある時点で部下が小さなミスをしたとします。するとその人は部下を怒鳴りつけ、弁明する余地も与えません。

そして怒鳴られた部下は家に帰ります。今度はその人が怒ってしまって、自分の娘が言うことを聞かないと言って娘を罰します。そして娘は学校に行き、クラスメートが失礼なことをしたと言ってケンカをするのです。

つまり、ここでは終わりのないサイクルができてしまうのです。これは、カップルの中だけで収められるはずだったものです。もしカップルが問題をきちんと話し合い、お互いの話を聞いていたら、上記のことは何一つ起こらなかったのですから。

怒りは負のサイクルを生み出す

あなたを怒らせる状況を特定すること

あなたが間違っていることは、あなたを怒らせているのは外部の要因や他の人のせいだと思っていることかもしれません。しかし、あなたを怒らせるものは、実はあなた自身に関係しています。同じことでみんながみんな怒る訳ではありませんし、すべてのことがすべての人を怒らせる訳でもありません。ですので、まずやらなければならないことは、どんな行動や言葉があなたを怒らせるかを特定することです。

それが特定できたら、それに取り組んで、それがやめられるように努力します。自分のことを知ることで自分を理解しましょう。自分が嫌いな部分、知らない部分、そして取り組み続ける必要のある部分に影響するせいで、我慢することのできないものがあるんだということに気づくことができるでしょう。

怒ることは完全に普通で健全なことです。しかし、適切な人に、適切なタイミングで怒る方法を知っているかどうかはあなたの責任です。怒りを必要以上に長引かせてはいけません。自分が嫌いなものと常にコミュニケーションを取りましょう。あなたを怒らせるものについて黙っていることは、問題の根本的な解決にはなりません。

あなたの怒りとコミュニケーションを取る方法を知ること

それはあなたが不快に思うことについてコミュニケーションをとることです。まずは自分を落ち着かせ、そのことについて落ち着いて話し、解決法を見つけられるようにしましょう。怒鳴ることは、どんな形の合意にもつながることはほとんどない、ということを覚えておいてください。

怒りとコミュニケーションをとる方法

  • あなたがどう感じているかを話しましょう。相手の行動や言葉に焦点を当てるのではなく、自分がどう感じているかを話すことは大切です。同じことでも、「あなたが私を仲間に入れずに予定を立てると取り残された感じがする。」と言うこともできれば、「あなたが友達とだけ遊びに行くといらつく。」と言うのでは全く異なります。
  • 問題を文脈に沿って説明しましょう。いつも、絶対しない、みんな、といったような言葉を使うのを避けましょう。問題を明確にし、問題の範囲を定め、それが何なのかを具体的にすることがコミュニケーションを取り、それを解決することに役立ちます。先ほどの例では、「あなたはいつもあの人たちといるよね。」というのではなく、「ここ数日はあの人たちだけと遊んでいるよね。」と言うのです。
  • どうしたいかを話しましょう。あなたが本当にしたいことを話す時です。例えば、「友達と遊びに行く約束をしないでって言っているんじゃないの。二人の時間も作る努力をして欲しいだけだよ。」というように。
  • 共感を示しましょう。相手がなぜそのように行動したのかを理解しようとすれば、その言葉や行動から気分を害されにくくなります。こうすると状況をより効果的に解決することができます。例えば、「時々友達との時間を楽しく過ごしたいっていう気持ちもわかるよ。」と言ったような言葉をかけることができるでしょう。
  • 解決案を出しましょう。これが全体の中で最も難しい所です。あなたは自分がどう感じているか以上のことを言わなければなりません。あなたの目標が何なのかも話す必要があります。例えば、「一緒に何かできる時間を見つけようね。」などです。

コミュニケーションを取ること

チャレンジを受け入れて

怒り方を学ぶことはチャレンジです。これはたくさんの努力と忍耐を必要としますが、やるだけの価値はあります。気分がよくなり、自分にとっても、周りの人にとっても、人間関係がよくなります。ですので今すぐこの挑戦に取り組みましょう。あなたは怒り方を知っていますか?

あなたへおすすめ