ヘッドハンティング:その仕組みをご存知ですか?

· 2019年5月29日
ヘッドハンティングは、比較的最近出現しました。50~60年代、ニューヨークの会社が、管理職の訓練を受けた人を見つける方法のひとつとして使い始めました。ここ数年、アメリカで、小さなヘッドハンティングの会社が飛躍してきました。後に、大きな多国籍ヘッドハンティングの会社になっています。

ヘッドハンティングの起源を見ると、それはあまり良いものではありません。じつは衝撃的なものなのです。しかし、現代社会ではこの言葉は進化しています。ヘッドハンティングは、人気のある就職法です

就職者が就職先を探すのではなく、会社が、職にあった理想の候補者を探すものです。職に一番合うプロフィールの持ち主をヘッドハンターが見つけます。

何のために?

ヘッドハンティングは、比較的最近出現しました。50~60年代、ニューヨークの会社が、管理職の訓練を受けた人を見つける方法のひとつとして使い始めました。ここ数年、アメリカで、小さなヘッドハンティングの会社が飛躍してきました。後に、大きな多国籍ヘッドハンティングの会社になっています。

最近では、レベルの高い候補者のみに使われる方法ではなくなってきています。珍しい、評価が高い、変わった訓練を受けている、スキルや技量をもっていることなどで選ばれる人もいます。

ヘッドハンティング

 

どのようにヘッドハンティングは行われるか?

インターネットや新しい技術が大きく関わり、ヘッドハンティングは変化してきました。今のように「接続される」前は、候補者を探すことは非常に大変でした。募集する側は、考えられる候補者を上げるために、小さな名簿帳を使っていました。

ソーシャルメディア、メール、携帯電話が使われるようになり、この仕事は非常にやりやすくなりました。さらに、今、個人の仕事、教育、経験を特に強調するプラットフォームがあります。一目で、あなたが探している人物かどうかが分かります。

こういったものは数回クリックするだけで見られる候補者カタログのようです。時間が節約されるようですが、ヘッドハンティングはいくつかの段階を必要とする長いプロセスです。

 

プロセスの段階

通常、会社はヘッドハンティングエージェンシーを雇います。会社は、その職に関する非常に詳細なプロフィールを渡します。ここでの第一ステップはクライアントのニーズを聞くことです。

  • クライアントが必要とする人に関する調査:クライアントが求めるもの、求めないものに関する会議を重ねます。これからの仕事の基礎になります。
  • 募集要素の調査ソーシャルメディア、コネ、雇用ポータル、コンペティション、データベースなど。ヘッドハンターは、すべてのネットワークを利用し調査します。
  • 候補者との接触:与えられるポジションに関して、必要なプロフィールを説明し、追加情報を求めます。
  • 面接集団面接から個人面接へと移ることがあります。
  • 候補者に関するレポートを作成し、クライアントに提案する:候補者を審査し、一番だと思われる候補者に関し、小さなファイルを作成します。
  • 最終候補をクライアントに提案する:当然、クライアントが決定権をもちます。
ヘッドハンティング 面接

 

香水から服まで

人事で重要なもののひとつは、候補者の履歴書または経歴です。そして、もうひとつ欠かせないのが、人との接触、非言語です。すべてを見ます。握手の仕方、服装、外見、面接中の姿勢、香水、自己表現の仕方などです。

ヘッドハンターは、それらすべてを観察し、クライアントのニーズにあうかどうかを見ます。組織行動学で博士号をもつ、レケシュ・クラナは、専門家のヘッドハンティングは、調整され、仲裁され、認証されると言います。誰が才能をもち、エリート職につながるネットワークへ招待されるべきが決められます。

 

ヘッドハンティングの利点

ヘッドハンティングには、たくさんの利点があります。昔ながらの方法と比べ、お金と時間の節約になります。今まで数週間かかっていたものが、数時間で可能になります。個人に特化したアプローチ、要員の最適化、献身は、雇い主に必要な健康と心の平和をもたらします

さらに、選択のプロセスの外在化により、理想の候補者をみつけやすいようです。ヘッドハンティングの会社は、才能の持ち主を見つけることに全力を注ぐため、会社の人事部より上手くできるようです。

ヘッドハンティング 仕組み

 

山がムハンマドの元へ行かないのであれば、ムハンマドが山へ行くべきだ

もし、あなたが無職、または、自分の求めるものにあった仕事を探しているのであれば、ヘッドハンターをヘッドハントしませんか?ヘッドハンターを探し、「ハント(捕まえて)」してもらいませんか

まず、仕事に関わるソーシャルメディアをアップデートするのが良いでしょう。そして、働きたいと思う会社を見つけ、あなたの求めるポジションをふるいにかけましょう。誰が雇用の責任者かを探りましょう。そして、接触します。これまで、あなたは視界に入っていなかったのです。このような小さな段階を経て、あなたの求めるポジションに関し、会社はあなたの名前を考慮してくれやすくなるでしょう。