変化への恐怖にどう打ち勝つか

2019年8月9日
変化を起こさないことは、一見リスクを減らしたようですが、実際は違います。同じ場所に留まることで幸せになれなかったり、人生で目指す場所へ行けなくなったりするリスクを負うことになります。

もしあなたが変化に対して恐怖を感じてるタイプなら、辛いこともあるかもしれません。しかし、そう感じているのはあなた一人ではないのです。同じことで悩んでいる人は想像以上に多く、そう感じるのにもちゃんと理由があります。変化への恐怖は役に立つ場合もありますが、身動きをとれなくされてしまうこともあります。どういうことなのか、より詳しく見ていきましょう。

変化への恐怖は特定の状況に順応するのに役立つこともありますが、障壁となることもあります。これは成長過程で親、経験、教師、友人、社会から学びます。

変化に対して注意を呼び掛ける有名なことわざが存在します。たとえば「転ばぬ先の杖」。ポジティブに考えれば、このことわざは変化に伴うリスクについての注意喚起です。しかし、「失敗しないように前もって準備する」という意味であることわざの「失敗」という部分にばかり注目すると、私たちを制限してしまうかもしれません。変化が必要な場合でも、変化をリスクと見なし、失敗を恐れて変化を起こさないかもしれないからです。このようなことから、私たちは未知のリスクを負うのではなく、悪い状況に留まる選択をしてしまうのです。つまり、安心領域に留まることを選んでしまうのです。

変化 恐怖 打ち勝つ

合わせて読みたい『良い変化も苦しみを伴う

 

安心領域

安心領域とは、安心でき安全を感じられる精神的状態のことです。何が起きるか予想が立てられる状態です。また、安全領域は物理的な場所を指すこともあります。その場所は安心感や安らぎを得られる場所ではありますが、それは必ずしも幸せを意味するわけではありません。

安心領域自体は悪い場所ではありません。悪いのは、有用でないと分かっていながらもそこに留まったときです。そうすることで人としての成長や幸せが妨げられることがあるからです。自分の成長を防ぐ原因になっている場合、安心領域は問題として取り上げられるべきなのです。

具体的にはどうしたらいいのでしょうか。まずは、自分の行動の理由について考えるところから始めましょう。安全領域に何を求めていますか?習慣から安全領域に留まっているのですか?それとも必要性を感じているからですか?恐怖心、安らぎ、安全からですか?

変化を起こさないことは、一見リスクを減らしたようですが、実際は違います。同じ場所に留まることで幸せになれなかったり、人生で目指す場所へ行けなくなったりするリスクを負うことになります。最初の一歩は恐ろしいものですが、それは単に未知に直面しているからなのです。

変化の恐れ

変化はなぜ恐ろしいのでしょうか。危険を冒すのが怖いからとチャンスを自ら避けたことがありませんか?ほとんどの人は人生のあらゆる局面でそれを行ったことがあるはずです。

時に私たちは不快な状況にとどまることを自ら選んでしまいます。変化によって起こりうる悪い結果を避けるために不快な状況に残り、ポジティブな結果を無視するのです。これは幸せを犠牲にしているのと同じです。

用心深いということは通常は前向きで有益な姿勢です。用心深いことで危険を回避できることもあります。しかし、リスクを負わなければ、勝つことも負けることもありません。自ら作り上げた平常に留まるだけです。しかし、人生は絶えず変化しているため、個人的にも、仕事においても、経済的にも成長するにはリスクを負うことが必要です。

変化は結果を予測することが不可能な不確実性に満ちているため不快な気持ちにさせます。そして、結果はポジティブかもしれませんし、ネガティブかもしれません。問題は特定のリスクを負う必要がある状況です。しかし、それは悪いことだとは限りません。

変化 恐怖 打ち勝つ

合わせて読みたい『大胆さ:リスクを負う勇気

変化のリスクにどう向き合うか

難しい質問です。秘密の数式など存在しません。すべての変化にはあらゆる結果が起きる可能性があり、あなたにはどうにもできないこともあります。このことは覚えておきましょう。そして、そのことを恐れる必要がないということもです。

変化が怖いのは当然です。恐怖は危険の存在を私たちに警告する感情です。恐怖という感情が私たちに何を伝えようとしているのか耳をすませ、同時に自分自身にも耳を傾ける必要があります。効果的なテクニックの一つに、恐怖に名前をつけるというのがあります。恐怖に顔を与えてもいいでしょう。そうすることで恐怖を対処しやすくなります。そして、恐怖に立ち向かうにあたり、なぜ対処するのか、何のために対処するのかといったこともクリアになってきます。

成長のためにリスクを負う

人生で出くわすすべてのリスクを負う必要はありません。しかし、人生のある部分でうまくいっていないと感じるのであれば、リスクを負って変化を生み出しましょう。

変化をもたらす決断を用心深く下すのは良いことです。しかし、不快な状況のまま、あるいは個人的成長を妨げるような状況に身を置き続けるのはいけません。

変化への恐怖にどう打ち勝つか

ただし、単に大きな変化を生み出せばいいというわけでもありません。小さなことでも、徐々に変化をもたらすこともあります。大切なのは、前に進む勇気をみつけること、そして勇敢であることです。幸せは自分の手でつかみ取るものです。幸せになるか否かはあなた次第なのです。