変化を恐れないための5つのキーワード

· 2019年2月11日

それを望もうがどうかに関わらず、人生とは激動的です。ずっと同じことが続くということはありません。今日あったものが明日あるとは限らないのです。そうだとしても、多くの人にとって変化を恐れる心に打ち勝つのには勇気が必要です。中には、変化に対して必死に抗おうとする人すらいます。

ほとんどの人は今よりも成長したいと思っています。それを頭の片隅に置きながら日常生活を営んでいても、そのための対価を支払うべきかどうか迷う瞬間があります失敗することや未知なるものへの恐怖心があるのかもしれません。しかし、それによって変化を恐れる心が肥大化していくのです。だからこそ、私たちは早く改善したいと思っていても、1つのことに長く悩むことがあるのです。

変化を恐れる心には、快適な状況に私たちを縛り付ける力があります。変わることとは、今までの自分のルーティーンや内面的世界を壊すことです。そして、新たな壁にぶつかります。これらのことが怖いと感じるのは当たり前です。そこで今回は、この変化を恐れる心に打ち勝つための5つのキーワードをご紹介します。

「恐怖心や疑念、不快感は成長のための道しるべとなる。」

-不明-

1.魅力的な目標に感情を付加する

変わろうと思ったとき、もっとも大切なことは変化を求める気持ちです。時々、何かを変える必要があると「感じて」も、変わろうとしないことがあると思います。それではいつまでも変わることはできません。

だからこそ、自分が何を望んでいるかしっかりと考える必要があるのです。目標を心の底から達成したいと思っているのであれば、簡単に変化を恐れる心に打ち勝つことができるはずです。そしてもし、自分の人生において大切なその目標に感情を付加できないのであれば、自分の中で何が起きているのかを分析しなくてはいけません。自分が望む変化を妨げているものが何なのか、自分自身に問いかけてみましょう。

宙に浮く鍵

2.具体的で小さな目標を作る

明確な目標を設定することは必要不可欠です。曖昧なままにしていても、変化を恐れる心に打ち勝つことはできません。さらに、達成するのが難しい目標ほど、そのための努力が難航します。なので、目標を明確にすること、これがまず初めにすることなのです。

次に、そのゴールを小さな目標に分類していきましょう。もし、分類分けが多くなりすぎてしまったら、少し目標を狭めてみてもいいかもしれません。こうすることの目的は、目標達成のための課題を減らすことにあります。目標を狭めることで、プロセスをより明確化することができるようになるのです。そこから、進捗状況を知ることで、満足感とやる気を得られます。

3.明確なビジョンを持つ:変化を恐れる心に打ち勝つために重要なポイント

この分野の研究によると、合理的な理屈では変化を恐れる心に打ち勝つためには不十分だといいます。変わるためには、世界で唯一無二の理由付けが必要です。しかし、理由を見つけたからといって、自動的にやる気が起きるともかぎりません。そこから、さらに一歩踏み出さなくてはいけません。

変わろうと思ったとき、自分の望む姿を明確化する必要があります。未来の自分像と、何もしなかったときの姿を思い浮かべます。つまり、自分自身を未来に映し出すのです。変わることができたら、自分の人生はどのようになるのか、そう考えることでやる気が掻き立てられます。

「失敗を恐れるな。今立っているところとまったく同じところに来年も立っていることを恐れろ。」

-不明-

鉛筆と女性

4.短期間での達成

大きな目標を小さな目標に振り分けるとき、それらを短期間で達成できるようにします。基本的には、あまり時間をかけてはいけません。目標を達成させるために、長期間要してしまうと、やる気が削がれます。

一方、短期間で結果を得られると、モチベーションが上がります。こうすることにより、自分の人生を本当に変えているという実感を持つことができるようになり、前に進み続けられるのです。

5.自分のアイデンティティを否定せず、肯定する

変化において、アイデンティティは非常に重要なものです。変化がどのようなものか計り知れないばかりに、自分の生活の中で何かを変えることに消極的になってしまうことがあります。たしかに、ある変化によって、自分らしさ失われてしまうと感じる瞬間はあります。

こうなってしまう原因は、外部からのプレッシャーにあるかもしれません。誰かにとっては意味のある目標かもしれませんが、それが必ずしもあなたに価値あるものだとは限りません。なので、自分の周りの人を喜ばせようとして、変化を望むと失敗しやすいのです。

空飛ぶ人

ここで紹介したのは、変化を恐れる心を克服するためのいくつかのキーポイントです。変化を成し遂げるために最も重要なのは、変化を望む心です。人間は、自分の望みを形作れる生物です。まずはそこから始めましょう。自分の望みは何なのか、そしてそれをどのようにして手に入れるのか、自分自身に聞いてみましょう。

「最も強いもの、もしくは最も知的なものが生き残るわけではない。生き残るのは最も変化に対応できるものである。」

-チャールズ・ダーウィン-