ヒューリスティクス:思考の近道

認知処理におけるヒューリスティクスのいくつかのタイプは、日常生活の中で見ることができます。しかし本記事では、私たちがよりよく利用しているものをご紹介していこうと思います。
ヒューリスティクス:思考の近道

最後の更新: 21 6月, 2019

長い間、人類は環境に合わせて完全かつ正確に成長していった理性的な動物であると考えられていました。しかし、S. E. テイラーによれば、人間は「認知的に貧弱」です。これは、人間は精神的な過程を最大限最適化したということを意味しています。これを達成するための認知的な方法が、ヒューリスティクスという方法です。

ヒューリスティクスは、複雑な認知的問題を解決する方法を簡易化するための精神的な近道です。問題を再公式化して、より容易な自動的な機能に変えてしまう、無意識のルールです。このお陰で、問題が起こるたびに広範囲にわたる理由付けを行う必要がありません。しかし、これらの近道はからなずしも正確であるとは言えず、間違いを起こすこともあります。

認知処理におけるヒューリスティクスのいくつかのタイプは、日常生活の中で見ることができます。しかし本記事では、私たちがよりよく利用しているものをご紹介していこうと思います。代表性ヒューリスティック、利用可能性ヒューリスティック、係留と調整、シミュレーションヒューリスティックです。

代表性ヒューリスティック

この思考の近道は、刺激(人、出来事、物)などが特定の分類に属しているという可能性に関する推論をすることです。表面的な特徴と今までの概要を踏まえて人はこの分類化を行います。しかし、情報が今までの大筋に合っているという事実は、必ずしも真実ではありません。先述したように、人は簡単に間違いをおかしてしまうものです。

代表性ヒューリスティックの例には次のようなものがあります。誰かが3人の新しい人を紹介してきたとします。実際に出会う前に、1人が子どもを教えている教師だと知らされます。短い会話のあと、2人は子どもが嫌いだと話して、1人は子どもが好きだと言いました。代表性ヒューリスティックを使うと、子どもが好きだと話した人を先生だと結論付けます。

ヒューリスティクス:思考の近道


利用可能性ヒューリスティック

利用可能性ヒューリスティックは、出来事の起こる可能性、分類の起きる頻度、または2つの現象の関連を予測することに利用されます。この予測は、経験を通じて頭に浮かんできたケースの利用可能性や頻度を通じて行われます。直感的統計推論のようなもので、経験の記憶を例として利用します。

この例としては、次のような疑問を投げかけるときです。心理学者と精神科医のどちらの方が数が多いのか?この質問に答えるためには、このヒューリスティクスを利用して、どちらのケースの方がより利用可能なのかということを見ることができます。心理学者の方が精神科医より頭に浮かんでくる場合、心理学者の方が多いと答えるでしょう。

係留と調整

はっきりしない状況にいて、その出来事に関して経験的な知識を持たない時、参照するものが必要になります。それを行う時、係留と調整を利用することができます。参照点となるのは、スタート地点となる係留です。 このような不確定な状況を解決するには、様々な直感の調整が必要になります。

この方法は、例えば、自分自身に自国の平均賃金をたずねてみるときなどに使えます。このケースでは、自分自身の年収を考えて、自分が平均以上か以下かと評価するでしょう。その修正を行った後、国の平均賃金だと自分が思う額を考えます。

この方法で起こる間違いは、偽の合意効果と呼ばれています。これは、他人にどれだけ自分と共通点があるかを過大評価してしまう、認知的な偏見です。他人の信仰、意見、思考は自分のものと一致していると推論し、誤った合意効果を生み出します。このケースでは、他人の思考を推論する係留として、自分の意見を利用します。

 

ヒューリスティクス:思考の近道


シミュレーションヒューリスティック

これは、出来事が起こる可能性をどれだけ簡単に想像できるかということに基づいて推測する傾向です。それを脳内で簡単に思い浮かべられるほど、そのようなことが起こる可能性が高いであろうということを信じやすくなります。

このヒューリスティクスは、反事実的思考と密接に関係しています。これは、痛みを和らげることを目的に、過去、現在の事実、現在の状況に対する別の可能性を探し求める考え方です。しかし、よく起こるのはその痛みを増幅させてしまうことです。反事実的思考の例は、典型的な「もし…だったら」というものです。これらは、別のことが別の方法で起こったらなどと、起こりえていたことに関する典型的な思考です。

別の例としては、アスリートにとっては時に表彰台の2位になることは、3位になるよりうれしいことではないという事実です。どうしてそのようになるのでしょうか?2位の人は、自分が1番になるところを容易に想像できてしまい、それによってより最悪な状況に陥るということです。3位の人にとっては、物事が失敗していたであろう状況を簡単に想像できてしまいます。表彰台にすら登れていなかったかもしれないところを、実際は表彰台に上ることができました。それ故に、 3位のアスリートの方がより大きな満足感を得ます。

さて、以上ヒューリスティクスに関して学んできましたが、日々の生活で活用している例がたくさん思いついたのではないでしょうか。これは正確とは限らず勘に頼るところが大きいものの、素早く効率的に特定の問題に直面する人間の進化の過程における「武器」です。 もちろん、自人生の重要な決断を下す時、これらの思考の近道の間違いに落ちてしまうべきではありません。そのような場合にはより慎重になるべきです。

こちらの記事もおすすめ
人間とは理性的な動物か
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
人間とは理性的な動物か

人間は理性的な動物である、というような表現を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。しかし、これは本当でしょうか?日々の思考やふるまいに関する研究によると、これは誤った考えかもしれないそうです。特に、これを絶対的な事実として見るべきではありません。