人から十分に評価されていないと感じるときには

パートナー、家族、上司などから十分に評価されていないと感じることは、非常に辛いことになりえます。このような時、どうしたらいいのでしょうか?
人から十分に評価されていないと感じるときには

最後の更新: 14 2月, 2021

「職場でも家でも評価されていないと感じる」このような思いを抱えたことがある人はたくさんいます。このように感じるほど、辛いことは他にあまりないでしょう。

これは自尊心の欠如の表れでしょうか?そうかもしれません。ですが、この問題には否定できないある一面があります。それは、人間は、自分は何かや誰かに属していると感じたいというニーズがあるということです。私達は社会的・感情的生き物で、周りの大切な人に自分を認めてもらうことは不可欠なのです。

誰もがきちんと評価されたいと思っているというのが真実です。愛情を受けたり与えたりすること、愛する人を大切にし大切にしてもらうこと、支えてもらっていると感じることは非常に大切です。この精神状態は、家族単位でも職場単位でも必要不可欠です。想像してみてください。自分の行いを認めてもらていると知ることで、自分自身に対して自分が持つイメージが良くなりますよね。

これがない場合、どうなるでしょうか?詳しく見ていきましょう。

評価されていないと感じる

評価されていないと感じ、どうしていいか分からないとき

人から評価されていないと感じる傾向がある原因には、ほとんど絶対と言っていいほど、脳が関わっています。人は、ほぼどんな時も、社会的に周りと自分を比べるように「プログラムされている」のです。

何か自分にとって良くないことを知覚すると、アラームが鳴り、何か悪いことが起こっていると自分自身に警告します。コルチゾールが血中に放出され警戒状態になります。例えば、親が自分よりお兄ちゃんをよくかまっていると気づいた時などがそうです。また、自分がパートナーのためにした小さなことに感謝してもらえなかったときなども同様です。

社会的集団に属していると感じ、一定のバランスをとるためには、脳は外的強化を必要とします。親切な行為、人を認める言葉、愛情を示す日常的行為などがあることで、すべてがうまくいっていると感じることができるドーパミンが注入されます。持続的にこれが欠乏した場合、恐怖心や気分の塞ぎを感じ始めるかもしれません。

恋愛関係において評価されていないと感じる

恋愛関係で評価されていないと感じることは、問題の原因や別れの原因になりがちです。このような状況は、恋愛関係にある両者が隠れた問題と向き合う必要があることを示している場合もあります。

どうしたらいいでしょう?

まず、あなたが求めている強化や認識が過剰でないかを見極めましょう。不安や低い自尊心などの要因から、相手に多くを求めすぎるケースもあります。また、外的承認を求め続けることで、内的欠点が明らかになるだけという場合もあります。自分にこれが当てはまらないか考えてみてください。

一方で、評価されていないと思う理由は他にあるかもしれません。これもありえます。この場合、パートナーと話し合うことが大切です。すべてを明確にし、何が起こっているか例を挙げる必要があります。また、感謝、尊重、協力、サポートなど相手に求めるものを明確にするのもお勧めです。あなたが求めるものを相手から得られないのであれば、本当に相手と一緒にいたいか考えてみる必要があるかもしれませんね。

関係において評価されていないと感じることは、本来経験すべきでない、ゆっくりとした感情的死につながりかねません。

評価されていないと感じる

家庭において評価されていないと感じる

これはあらゆるレベルで有害です。幼少期から親に様々な面で過小評価されてきた人は、数十年もこの影響が続く可能性があります。そしてその結果、自尊心が低くなってしまうかもしれません。

どうしたらいいでしょう?

家族から評価されていないと感じる時、何ができるでしょう?最初のステップは、家族に焦点を当てることをやめ、無視されてきた自分自身に集中すべきです。

自分を愛してあげることで、数十年続いてきた過小評価を癒すよう努力しましょう。そのために、自尊心、アイデンティティ、自信、自己効力感を高める必要があります。ありのままの自分と自分の持っている計画に対し、満足するべき時が来ているのです。残念ですが、家族は背景になるよう、健全な距離をとらなければなりません。

継続的に人を過小評価する人は、ある種の虐待を行っているのです。

職場で評価されていないと感じる

信じがたいかもしれませんが、人は人生の約1/3を職場で過ごします。常に周囲と競争しているように感じる場に置かれることは、なかなかに難しい状況です。

男女の賃金格差、それぞれのポテンシャルがほとんどあるいは全く評価されないこと、低賃金、悪い職場環境などは、多くの職場でよく見られます

どうしたらいいでしょう?

職場で評価されていないと感じると、モチベーションの低下、ストレス、全般的な不快感につながります。健康が害される極端な状況にならないようにすることが不可欠です。

まとめると、この世界の誰もが、人から十分に評価されていないと感じることがあります。そんな時は、まず自分を見つめることが必要です。自分が相手に与えていないものを求めていることもあるでしょう。

自尊心や自己評価と関係なく、本当に軽視されているという問題があるのであれば、解決が必要です。これはメンタルヘルスに非常に有害になりえるため、このような思いを抱えて生きるということがあってはなりません。

アサーティブネスを持って問題と向き合い、あなたが受けるべき尊重と承認を主張しましょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
健全な自尊心を持っていますか?
こころの探検Read it in こころの探検
健全な自尊心を持っていますか?

自尊心は私達が作る主観的評価と密接な関係しています。健全な自尊心は幸せな気持ちを生み出してくれますが、うつのような気持ちを作り出すこともあるのです。このように自尊心を評価するのはとても重要な事です。この健全な自尊心を持つ為に、私達が実践できる心理学のツールの一つとしてあるのが、ロゼンバーグの自尊心測定です。