人の問題を解決すべきでない3つの理由

人の問題を解決すべきでない3つの理由

最後の更新: 24 12月, 2018

人を助けることは、思っているほどポジティブではありません。人の欠点を満たそうとしたり、人が苦しまないで良いようにします。人の問題を解決すべきではないのは、人を傷つけることになるためです。

欠乏や苦悩は、本質的にネガティブなものではありません。実際、不満や痛みを通して、内なる強さを見出すこともよくあります。そのため、人の問題を解決すべきでなく、それは、人の成長の邪魔にもなりかねません。

「人に魚を与えると、一日の糧になる。人に釣りを教えると、人生の糧になる。」

-孔子-

誰かが身体的に、精神的に一人ではどうしようもない場合、その人を助け、問題を解決すべきです。世話を必要とするような障害をもつ人や子どもが、このケースです。それ以外の場合は、手を出すべきではなく、手を出してしまうと人の一部を奪うことになります。人の問題を解決すべきでない3つの理由を見ていきましょう。

 

1.柔軟性や反発力を阻害する

私達は、問題を解決したり、解決法を見つける能力をもって生まれるわけではありません。訓練により、学び、それを発達させていきます。この力には、認知的側面があり、感情や態度から生じるものです。つまり、一晩でできるようになるというものではありません。

問題の解決能力をつける唯一の方法が、問題と向き合うことです。当然、人にしてもらった方が楽です。ただ、そうしていては、不安が強まり、依存傾向は高まります。

人の問題を解決すべきでないのは、人の柔軟性や反発力の成長を妨げるためです。これらは、生きる上で非常に重要な力です。これにより、人は地面に縛り付けられるのではなく、飛ぶことができるのです。

線でつなぐ

 

2.成長を妨げ、依存を生む

これは、一つ目と関係しています。いつも誰かに助けてもらっていると、何が起こるでしょう? その人は、成長せず、発展しなくなります。知的に子どものような状態です。精神、気持ち、行動も成長しません。

また、結果はこれだけではありません。まず、問題を自分で解決しない人は、気まぐれで要求が多くなります。さらに、助けてもらっても感謝せず、それが当然であるかのように感じます。

このように甘やかされている人は、自分の努力により何かを得るということを知りません。仕事を与えられることを不快に感じます。自己中心的で、思慮に欠けた人になります。これが、人の問題を解決すべきでないもう一つの理由です。

人の問題を解決する

 

3.何が一番良いか分かるのか?

人の問題を解決すべきでない理由のメインがこれです。どうして、それがその人にとって一番だと思うのでしょうか?人は、自分の目を通して世界や問題を見ます。他の人は違った視点を持っているのです。

その人にとって一番だからと言って、他の人にもそうだとは限りません。皆が自分の道を進むべきです。この道は、自分を満たし、できる限り良い自分でいられる道であるべきです。これは、誰かがあなたのためにできることではありません。完全に人の気持ちになることは不可能です。

善意が人を傷つけることもあります。人の問題を解決する権利は誰にもありません。それは、新たな問題を引き起こしたり、今の状態を悪化させることにもなりかねません。

人の問題を解決することは、いい考えとは言えません。それは、自身の力を信じられなくさせるという結果を招くためです。助けたいのであれば、手を差し伸べ、決断は本人に任せ、自分の運命を築かせてあげましょう。

こちらの記事もおすすめです。
もし私を助けたいないら放っておいてください
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
もし私を助けたいないら放っておいてください

もし私の事を助けたいなら、何も言わず私を尊重してください。そして、一人にしてください。私に「だから言ったじゃん」、「いつもミスをするね」と、言わないでください。それはさらに私を傷つけます。助けないことが最も良い助けになるということを覚えておいてください。共感や理解を示して、これからもそばにいて...