人を判断するのをやめよう

2017年11月3日

一部の人は、音の速さのごとく、鋭く、無慈悲に他人を判断します。 彼らの視野は狭く、共感もない空の心に導かれています。 自己中心主義の種子が彼らの心に植えられ、そして周囲にも植えられています。

過ち、偏見、誤解から学ぶことは、私たちにとって習得が難しい芸術です。 まず、自分のアイデンティティを再構築することを含む、自我の壁を崩壊させる必要があるからです。他人の嘘の情報を信じたせいで、誰かを間違った理由で裁いたとき、あなたはそれをどのように認めることができますか?

「人々は見ているものに従って判断し、彼らは自分たちが見たいものを見る。 だから、私たちは自分たちが欲しいものとうらやましいものを判断してしまうのです」

-老子-

私たちは価値判断が重要な社会に住んでおり、誰もがそれを知っています。この複雑な世界では、あなたを区別しようと評価を下す人が必ずいて、あなたが努力を払っても意味がないこともあります。 しかし、この世界がジャングルのように混沌としていることも、 人々があなたを評価したり、虚偽のラベルを貼ったりした回数も重要ではありません。

それらは単なる言葉、意味のない行動、背景の雑音です。 このような複雑な世界において、価値のある唯一のものは信頼性であり、それに向かって毎日、毎瞬間努力すべきです。

耳打ちする女性

良いか悪いかを問わず、私たちは皆判断する

私たちは皆そうなのです。誰もが日常生活と交友関係において価値判断をしています。しかし、この心理的な行動を否定的なものとして見るのではなく、未知のものを評価して管理するという自然な必要性として受け入れる必要があります。

判断は私たちの生存の仕組みです。しかし、そのやり方があなたの性格、あなたの欲求不満な偏見、あなたの考えの柔軟性に直接的に影響を与えます。ハーバード大学の研究によると、人々は誰かを判断するのに数秒しかかけないのです。事実、私たちの判断は、2つの基本的な質問に基づいています。

・この人を信用できるか?

・この人は私の尊敬に値するのか?

ハーバード大学の心理学者は、第1の基準を暖かさ、第2の基準を能力と呼んでいます。仕事の観点から話している場合、能力は不可欠な要素です。この人が生産性を保証できるか?彼らは敬虔なリーダーなのか?彼らは創造的でモチベーションを持っているか?私は彼らと一緒にチームで働くことができるのか?

目から育つバラの花

一方、暖かさや信頼は、私たちの生活の最も重要な側面の一つです。事実、それらは私たちの生存には不可欠なものです。信頼とは、共有し、絆を深め、成長することを意味します。したがって私たちは、見ているものと、相手が私たちをどんな気持ちにするかに基づいて、他人を信頼できるかを判断します・・・

しかし、私たちはいつも正しいとは言えません.

貧弱な判断と自己訂正の価値

判断が生存の一部である場合、悪い判断を受け入れてそれから学ぶ方法を知る必要があります。しかしお分かりのように、この姿勢はあまり一般的ではありません。あなたのすべての判断は、正しいか間違っているかにかかわらず、あなたの最も深い自己、あなたの育成、価値観、経験、解釈の一部です。

悪い判断を間違いとして受け入れるには、謙虚さが必要です。知恵は思考の枠組みを再構築し、他者との共存を改善することから来ます。とりわけ、それは変化を伴うものです。あなたに他人を判断する能力があるならば、自分自身を判断することもできるはずです。

頭を取り外す

有害な判断をコントロールする方法を学ぶ

私たちはすでに、本能的に判断を下すことを知っています。粗悪な先入観や固定観念を避けるための第一歩は、反射的な姿勢を避けることです。誰かや何かについての結論に至る前に、以下のことを考えてみてください。

  • あなたが行うすべての判断は、あなた自身の一部を反映しています。そのように思った、判断を下した、もしくはそのレッテルを選んだ理由は何なのか。
  • 行動を「人のタイプ」と関連させないでください。すべての人はユニークな存在なので、あなたのように自由で他人と違って生まれた人に判断の鎖を付けないでください。
  • 一人ひとりの良いところを探してください。たとえあなたがそれを信じていなくても、最初はそれを見つけるのに苦労しても、信頼できないと思われる人が、あなたが学んで真似することができる良いところ、またはあなたを刺激する美徳を隠しているかもしれません。

最後に、あなた自身についてポジティブになってください。自分と調和し、自分自身と自分の持っているものに満足している人は、他者を判断しないからです。心に空いた穴を自尊心で埋めることが出来る人には、どこにも欠陥が見られません。そういった人は、自分の欠点を反映することができる被害者を探したりしないのです。