本当に使える5つの勉強法

25 2月, 2020
情報を理解し覚えることは簡単ではありません。そんなあなたを助けるため、特にあまり得意ではない分野の学習をしようとしている時に本当に使える勉強法をご紹介します。

学習法は人ぞれぞれなので、世の中にはたくさんの勉強法が存在します。あなたにピッタリの方法が他の人に役立つとは限りません。見て学ぶ人もいれば、ノートを書くこと、読むこと、聴くことで学習する人もいます。

今回の記事では、使える勉強法を5つご紹介します。互いに組み合わせることもできますよ!

 

1. 重要な部分に線を引く

スペイン国立通信教育大学のある記事によると、言葉に線を引くことは、読んだ情報の中でもっとも大事な部分を覚えるのに役立つと書かれています。

2回目に読む時、線を引いた部分に注目したら良いため時間の短縮にもつながります。そしてあまり重要でない部分を飛ばすことができます。

線を引くことは、そのパラグラフの中で最も大事な部分を見るのに良い方法です。2回目に読む時は線を引いた部分に目が行くようになるでしょう。

効果的 勉強法

 

2.声に出して読む

使える勉強法2つ目は、声に出して読むことです。こうすることにより、勉強に飽きてきたとしても集中しやすくなります。さらに勉強していることを理解しやすくなり、なにかを記憶しなければならない時にも役立つことが分かるでしょう。

声に出して読んで理解できない部分を繰り返すことにより、言葉で説明しやすくなります。これは素晴らしい結果を生む、効果的な勉強法です。

 

3.まとめる

勉強の内容をまとめることで勉強する人はたくさんいます。こういったまとめ学習は好まれているのです。しかし大事な部分と大事でない部分が分かりづらいこともあるので、これまでの2つの勉強法よりはやりにくいかもしれません。

学習内容を自分の言葉でまとめられたら、自分の書いた部分で大事な箇所に線を引きましょう。まとめがより簡潔になり、勉強しやすくなります。

効果的 勉強法

 

4.学習内容の概要法

まとめ学習が難しいと感じる人もいます。このような人は学習内容の概要法の方が良いと感じ、まとめは必要ないと考えます。これは視覚的な学習を好む人達です。あなたがこれに当てはまるのであれば、大事なこととそうでないことがよりはっきりとわかるのでしょう。

概要は、短時間で要点を理解することができます。そして学んだことを自分の言葉で説明できます。これには、要項すべてを読むことが必要です。

良い学習内容の概要を作るには、短い文章、ゆるい概念、まとめを理解できるような要点を絞った構造があります。これはとても個人的な勉強法です。

 

5.記憶術

自分には概要法が一番良いと分かったけれども、まだ理解しづらい部分があるというときに記憶術を使っていきましょう記憶術には訓練が必要ですが、非常に有用です

例えば、Texas Statewide Leadership for Autism (自閉症のためのテキサス州リーダーシップ)による、「PIRATE」というテストのためのストラテジーがあります。

「PIRATE」記憶術は以下のようなものです

  • Prepare to succeed:成功のための準備
  • Inspect the instructions : 指示をよく読む
  • Read, remember, reduce:読む、覚える、減らす
  • Answer or abandon:答える、またはとばす
  • Turn back:戻る
  • Estimate:予想
  • Survey:見直し

テストがある時は、「PIRATE」を思い出すと、残った情報を覚えるよりも楽になります。この勉強法は様々な場面で使えるもので、例えば買い物に行くときなどリストを覚えるのにも役立ちます。

効果的 勉強法

 

あなたには、どの勉強法が向いているでしょうか?いくつかを組み合わせてみましたか? 使える勉強法の5つすべて、または1つを使ってみてください。どれかがうまくいかなくても、他の方法があります

「重要なことを覚え、そうでないことを忘れるという美しさが読書と勉強にはある」

-アドルフ・ヒトラー-

  • Camarero Suárez, F. J., del Buey, M., de Asís, F., & Herrero Díez, F. J. (2000). Estilos y estrategias de aprendizaje en estudiantes universitarios. Psicothema, 12 (4).
  • Pérez, V. M. O., & Barberis, L. T. (2005). Análisis de los hábitos de estudio en una muestra de alumnos universitarios. Revista Iberoamericana de Educación36(7), 1-9.
  • RIFFO, BERNARDO, CARO, NATALIA, & SÁEZ, KATIA. (2018). CONCIENCIA LINGÜÍSTICA, LECTURA EN VOZ ALTA Y COMPRENSIÓN LECTORA. RLA. Revista de lingüística teórica y aplicada56(2), 175-198. https://dx.doi.org/10.4067/S0718-48832018000200175