本当の優しさは世界共通の言葉

· 2019年1月9日

本当の優しさは、その人を強くします。それは良いマナーや形式的な尊重を超えたものです。優しさが本物であるとき、それは他人への真の気遣いと尊重を表します。それはまた良い性格であることの証拠であり、ほとんどの扉を開けるためのカギになります。

実は、優しさは世界共通の言葉なのです。これは友達の間だけで使われる言葉ではありません。優しさは辛い状況や頑固な人に対して大きな力を発揮します。ほとんどの人間は、優しい態度を受け入れるようにできているのです。

しかし時に、優しさと偽善を取り違えてしまうこともあります。私たちは他の人に優しいふりをしたり、何も言わないことでいざこざを避けようとしたりします。または、状況をコントロールするために、相手の耳に優しいことしか言わないということもあるかもしれません。これは本当の優しさではありません。これはむしろ操作に近いのです。

本当の優しさは、社会的な形式的尊重よりも、ボディーランゲージで伝わります。本物の優しさを見分けるためのアドバイスをご紹介します。

「優しさとは耳の聞こえない人が聞こえ、目の見えない人が見ることのできる言葉である。」
―マーク・トゥエイン―

視覚的な関わり方と本当の優しさ

視覚的関わり方が、敵意と優しさを感知するための一つの方法です。相手が自分の目を見ようとしなかったら、それはある程度の拒絶を意味しています。顎を上げて見下したり、肩越しに見たりするのもまた、敵意のサインかもしれません。

相手を優しさを持って見る時、あなたはそれを自然に、そしてあたたかく行います。優しい人は誰と話していても、その人の目を見ます。話しているとき、本当に優しい人は聞いている人とアイコンタクトを取ります。このあたたくオープンな関わり方が、誰しもを快適で平等の関係にあるという気持ちにさせるのです。

本当の優しさとは

受容のジェスチャー

本当に優しい人は、他の人の意見を尊重します。その人の意見に賛同していないとしても、聞き方をわきまえているのです。優しい人は、他の人が話しているときに、それを受け入れるジェスチャーをします。会話を促し、ちゃんと聞いているというシグナルを送るためにそうするのです。

うなずいたり、相手に対して少し前に乗り出すようにすることで、話し手が話し続けるのを応援します。こういったジェスチャーは、些細なことに思えるかもしれませんが、人は自分の気持ちを表現しやすくなるのです。存在するかもしれないいかなる障壁も、壊すことができます。笑顔もまた、受容と承認のサインです。これらすべてが、話し手をリラックスさせ、みんながよりつながりを感じられるようにしてくれます。

会話の中でバランスを見つけること

会話という芸術に精通している人はほとんどいません。本当にあたたかい雰囲気の中では、みんながお互いのやり取りの中のバランスの重要性を理解しています。良い会話においては、行ったり来たりするバランスの大切さを誰もが努力することなく認識しているのです。話す時があれば、聞く時があります。良いコミュニケーションをとるためには、これしか方法はないのです。

会話を独占したり、一般的な関心ではない話題を投げることは、コミュニケーションには良いことではありません。みんなが参加できるのが理想です。押しつけがましいことを言ったり、自慢しようとしたりしなければ、これは自然にできることです。誰かが特別な努力をしなくても、会話はスムーズに流れていくはずです。

会話のバランスが大切

お世辞を言うことと優しさは同じではない

どんな状況でも、もてなし役にまわろうとする人がります。人とつながりを持つために、お世辞や誉め言葉を言って、自分を良い人に見せようとします。しかし、それを自動的に行っているのです。まるで台本を読んでいるかのように、自分が本当にどう思っているかとは関係が無いのです。

優しさはお世辞とは全く関係がありません。他の人が達成したことの価値を認めることと、それに対してこびへつらうことは別物です。優しいということは、おべっかを使うということではないのです。本物の優しさは、特定の状況では多少の変化があるかもしれませんが、演劇のようなものでは決してないのです。本当に優しい人は、演技をしません。

本当の優しさとお世辞の違い

優しさは、最も良く知られたパーソナリティーテストで評価される特徴の一つです。もちろんビッグ・ファイブモデルのことです。このパーソナリティーテストで、いろいろなことがわかります。

全ての人間の行動と言葉は、優しさがあれば改善することができます。私たちがみな優しくなろうと頑張れば、難しい人間関係やシチュエーションにも、より知的で容易に取り組むことができるようになるでしょう。

  • The Big Five dimensions of individual differences in personality. Ter Laak, Jan J. F. Revista de Psicología. 1996.