保釈の目的とは?

2019年12月20日
保釈について聞いたことがあるでしょう。保釈の目的は何でしょう?ぜひ記事を読んで理解を深めましょう。

保釈の主な目的は、被告人を特定の法的措置で管理することです。被告人が条件に従っているか否かを、後に裁判官が判断するほど、被告人は徹底的に管理されています。

保釈は、完全な自由と禁固刑の間だと言うことができます。弁護士はこれを個人的な予防措置と捉えています。

保釈には特定の義務を受け入れることが必要なことを頭に入れておくことも重要です

保釈 目的

 

なぜ、保釈される人がいるのか?

保釈は予防措置です。被告人が犯罪を犯したことに疑問があると納得された場合、裁判官は保釈を考慮します。裁判の前、そして裁判の間、被告人を監視するため、暫定的な禁固や勾留などの措置を裁判官は適用します。ただし人としての自由や行動の自由には制限がかけられます。

重い措置は必ずしも必要ではありません。被告人が逃げ出さないと考えられる場合、他の措置が適用されます。また、仮拘留などお金のかかる不必要な措置を避けるためにも行われます。

その状況によって裁判官は決断を下します。例えば、外国人抑留者に保釈が認められることはあまりありません。それは、被告人が身を隠すリスクが非常に高いためです。

 

法的側面と保釈の目的

保釈の法的枠組みは国によって違いますが、その過程には同じような傾向があります。

保釈の主な特性:

  • 手段:犯罪と被告人に繋がりがあり、予防策として使われます。
  • 仮で変化しうる:その過程の中で、別の措置が取られたり、変化が生じるためです。
  • 管轄:裁判官のみが、どの予防措置をとるか決めることができます。
  • 一時性:保釈につながった行為が変わった場合、保釈は変更されたり、終了します。

一時性は特に重要です。被告人が無罪とされた場合、裁判官は予防措置を終了させ、被告人を解放しなければなりません。

保釈 理由

 

保釈された人の義務

保釈を言い渡す時、裁判では支払いか債権を要求します。犯罪の重度や特性、個人の社会的地位や背景を考慮し、裁判官が判決を下します。また、パスポートや運転免許書を預かるケースもあります。

場合によっては、被告人は裁判官を定期的に訪れなければなりません。これは裁判により要求される管理措置です。裁判官がその頻度を決定します。

同様に裁判では、被告人の財産や所有物を収集することが可能です。これは予防措置ではありませんが、予防目的で行われます。

  • “Derecho Jurisdiccional III, Proceso Penal”. Moreno Aroca, J., Gómez Colomer, J.L., Barona Vilar, S., Esparza Leibar, I., Etxebarría Guridi, J.F.
  • Ley de Enjuiciamiento Criminal, artículos 528 al 544. https://www.boe.es/buscar/act.php?id=BOE-A-1882-6036.