表面的な関係にならないために避けるべき間違い

2018年1月15日

多くの人にとって、恋愛はゲームに過ぎません。相手の感情には価値がないエンターテイメントの一種です。このような考え方には、恋愛関係をうまくいかなくさせるごまかしが表れています。このような状況では続くはずもありません。恋愛ゲームをする人がいるのは事実ですが、こういうひとは遅かれ早かれ燃え尽きます。これが、表面的な関係の現実です。

「不安定な関係は、常に水を取り込みます。」
-ジェニファー・デルガード-

 

もしかしたら、不安定でいっぱいのフォーマルな恋愛関係への恐怖かもしれません。試してはみるものの、わたしたちは強固な絆を築くことができなくなります。これによって、始まる前にすら終わってしまう恋愛関係もあります。だから、このような間違いを避けることが重要です。

関係を定義することを拒む

ラベル付けすることが、簡略化し限定することであるのは事実です。しかし、2人の人間が一緒にいることを望み、人生をシェアすることを望むのであれば、2人の間に起こっていることに名前を付ける必要があります。その関係に名前を付けるのを拒むのであれば、どちらも迷子になったように感じます。彼氏、彼女の関係?セックスフレンド?

行動に任せておくのはフェアでありません。相手は他の人ともデートしていいのか、真剣なフォーマルな恋愛関係を築いているのか知る必要があります。2人のうちどちらかはこの関係について不満に思うかもしれません。そのため、2人の関係を曖昧にしておくのは正しいとは言えません。カップルダンス

この傾向は、コミットメントや定義づけへの明確な恐怖を表しています。こういった関係に関して話し合わないと、間違った幻想や考えがもっと深刻な問題を引き起こすかもしれません。

自分が必要な時だけ連絡を取る

人には感情があります。もののように扱うことはできません。必要な時にわたしたちのニーズを満たすためだけに彼らは存在しているわけではありません。このように相手を扱う時、わたしたちはその人を「利用」しています。

「人類の不名誉はすべてはっきりと口にしないことから始まる。」
-アルベール・カミュ-

他の人に利用されるのを喜ぶ人はいません。他人を利用したことがありますか?自分が必要になるまで相手を無視したことがありますか?このような関係は、自尊心を傷つけ、劣等感を生み出します。人を単に物として扱うことは、その人から人間性をはぎとることです。

二人のカップルのカギ

低い自尊心や感情的な依存によってそれらに屈してしまうひとはたくさんいます。しかし、あなたは自分をもっと愛してあげる必要があります。あなたには利用されるに値しません。あなたはものではなく人であることを覚えておいてください。誰かが自分を利用することを許さないで下さい。

思っていることの反対を言う

セフレが流行った時、たくさんの人がこの新しい流行りにのりたがりました。でも、これが本当に彼らの望んでいた関係でしょうか?多分、たくさんの人はこのような関係に自分がはまってしまったことに気づくでしょう。本当はこんな関係を望んでいないからです。 一生続く感情として愛を特徴づける考え方に対立するための方法なだけです。あるいは、現実がそうではないと証明してくれるまでです。

走るカップル

境界線のない関係は、ゲームになります。はじめはこのゲームも情熱を保ってくれます。しかし、時間が経つと関係性を壊してしまうだけです。メッセージを送るのに返事はなかなかしないという一見悪気のないゲームです。ミステリー感を残し、相手にもっと興味を持たせるためにわざと行われます。

「恋愛関係のアイディアは、まだ不明瞭な脅威と悲観的な予感で溢れています。それは同時につながる喜びと制限の恐怖を感じさせます。もしかして、だから人はカップルよりもつながりの話をするのかもしれません。」
-ジグムント・バウマン-

近年、恋愛関係はもろいように思われます。わたしたちの愛の理解が変わったからか、以前の愛のコンセプトをどうにか壊してしまい新しいものを代わりに作り出せていないからです。

カップルが直面するコミュニケーション不足に関してお話してきましたが、「ラベル」付けもキーポイントです。このラベルがないことで、わたしたちは混乱し、境界線なく迷います。わたしたちは何を求めていないかに対してははっきりしていますが、何を求めているかに関してはあまりはっきりとはしていないようです。同意に至るまでに交渉をすることはさらに少ないように思われます。

最終的には、空虚感が訪れます。空虚感には害があります。なぜなら、混乱と感情的なダメージの素になるからです。社会として、ひとりの人として考えていかなければならない問題です。