一日の中で最も重要な4つの瞬間

誰もがそれぞれに落ち着くことができる時間や場所を持っています。それを見つけ出し、そのための時間を作りましょう。そうしないと、日々のルーティーンにその時間を奪われてしまいます。
一日の中で最も重要な4つの瞬間

最後の更新: 28 6月, 2019

この記事のタイトルを目にしたとき、自分の一日の中で最も大切な瞬間のことを思い浮かべたのではないでしょうか?その瞬間とは自分の中にある感情かもしれませんし、誰かにもらったポジティブな気持ちかもしれません。もしくは、それらのことを特別なことにしてくれる強い瞬間のことかもしれません。

人は毎日、自分の中のバッテリーをある程度消費します。そして夜にそれを充電することで、次の日もしっかりと働くことができます。しかし、もし一日中エネルギーを得ることできたとしたらどうでしょう?夜のみならず、朝も昼も充電出来たらどうでしょう?自分自身を充電できるパワーを利用しない理由なんてありませんよね。

毎日最高の瞬間があり、それはいつでも利用されるのを待っています。そういった瞬間に注意を向けさえすればいいのです。

良い朝

あなたは目覚まし時計の音で毎朝目を覚ますのを不快に思っていることでしょう。ベッドから出るのは大変かもしれません。しかし、時間はすぐに過ぎてしまいますので、大切な瞬間を大事にしてください。なぜ朝はこんなにもはやく時間が過ぎてしまうのでしょうか?

一日の中で最も重要な4つの瞬間

シャワーを浴びて、子供の支度をする。髪を乾かして、ベッドメイキングをする。家を出る前にはたくさんのことをこなさなくてはいけません。だからこそ、起き方が大切なのです。その日の気分というのは、仕事に行く朝の一時間に大きく左右されるのです。

疲れを感じていると、その日に生じた問題をうまく対処することもできません。少なくともすっきり起きられた日に比べると能率性が落ちてしまいます。例えば、とても急いでいるときは多くのことがうまくいきません。それは心が欠けており、焦っている証拠です。そういうときは、シャツにシミをつけてしまったり、大切な書類を持ち忘れてしまうでしょう。

このようなことを避けるためには、アラームを通常よりも20分早くセットしておき、早めに寝るようにしましょう。また、次の日の服をあらかじめ用意しておき、夕食のあとにゴミも出しておきましょう。順序だてて体系化することで、家を出発する前の気分が良くなります。そうすれば、大切な瞬間を味わうことができます。

お昼ご飯を一人で過ごすか同僚と過ごすか

お昼ご飯が一日の中でも最も重要な瞬間の一つであることは間違いありません。疲れがたまる昼休みもあれば、午後も頑張るためのエネルギーを補充することができる昼休みもあります。実際、「今日はご飯をたべる時間すらなかった」という言葉は、その人がいかに疲れているかを表しています。

朝の仕事で疲れてしまったのであれば、昼休みでもそれと同じリズムを引きずってしまいます。ランチの最中でも同僚と一緒にいて、昼休みの前のミーティングのことや、自分がやらなくてはいけない仕事のこと、上司の悪口や賛辞などを話し続けてしまいます。つまり、仕事から距離を置くことができていないということです。

一日の中で最も重要な4つの瞬間

食事というのは、他のことを話したり、大切な瞬間を共有するのにうってつけの時間です。自分の趣味について話したり、ジョークを言ったり、お互いをそれぞれ理解したりすることは、別の方法で同僚との楽しい時間を過ごすのに役立ちます。そうすることで、関係性を深めることができるのです。

一週間のうち1日くらいは一人でお昼ご飯を食べたり、友達や家族と外へ出かけるのも良いでしょう。家が近くならランチタイムに家に帰って、大切な人を驚かせるのもいいですね。これらのことは、午後のためのエネルギーを補完するための選択肢となります。

自分自身のための大切な瞬間

散歩をしたり、家までの電車のなかで本をよんだり、ヨガや瞑想をしたり、誰かと電話をしたり、テレビドラマを見たり、ハイキングや料理をしたりなど、これらのことは一日の中でも自分らしくいるための大切な時間であり、安らかに自分の周りにあるものを楽しむことができる瞬間なのです。

誰もがそれぞれに落ち着くことができる時間や場所を持っています。それを見つけ出し、そのための時間を作りましょう。そうしないと、日々のルーティーンにその時間を奪われてしまいます。そうはならないようにしましょう。そのような時間を長期間にわたって犠牲にすることで、不安や落胆、憂鬱、悲しみなどに繋がります。

仕事 自分の時間

一日の終わりに家族の顔を見る

最後になってしまいましたが、これは一日の中で最も重要なことの一つだと言って良いでしょう。もしかすると、どんなことよりも大切なことかもしれません。その瞬間とはエレベーターの中やそこから降りるとき、我が家の匂いや音を感じ取るときです。

そしてドアを開けると、すべてを幸せにしてくれる笑顔と大きなハグがそこにはあります。自分の子供がおやつを食べているのを見たり、学校に迎えにいったり、一日のことを一緒に話したりする瞬間はとても貴重です。そして子供と一緒に宿題をしたり、仕事にいったり、サッカーの練習や映画館に連れて行ったりする瞬間もとても大切です。このような瞬間と比較できるものなどありません。

家族との時間

時に、私たちは日常生活の喧騒に巻き込まれてしまい、このような重要な瞬間を受け取れないこともあります。その瞬間に感謝したとき、それは特別な喜びに変わります。誰もが、食事に困っていなかったり、家に帰れば誰かが待っているほど幸せだとは限りません。なので、自分がもつ特別な瞬間を自分だけの特権だと考えて、それぞれの瞬間をあたかも初めて味わったかのように、楽しみましょう。

こちらの記事もおすすめです。
瞬間を飾ろう:誰にでも手の届くスキル
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
瞬間を飾ろう:誰にでも手の届くスキル

人生は、素晴らしい出来事の集まりです。これらを美しく楽しいものにするために瞬間を飾ることは、人と自然をつなげてくれます。多くの場合、人はストレスを感じさせるスケジュールや活動をあわただしくこなしています。これによって、不快感、重大な不満感、仕事のストレス、不安症などを引き起こしかねません。