言い争いを終わらせるのために言いうべき5つのこと

13 4月, 2018

エーミール・ルートヴィヒのように、「口論は会話の死だ」と思っている人がいます。しかし、議論することはポジティブになりえ、また避けることはできないと信じている人もいますこれは本当でしょうか?いくつか答えを見つけてみましょう。

Javier Escrivá Ivars教授は、ナバーラ大学の結婚と家族の修士課程の責任者であり、バレンシア大学の教授でもあります。彼は、議論をすることはいいことだが、喧嘩は破滅的だと考えています。つまり、議論の中で特定のルールを破らないことが重要です。特に、意見の交換が破滅的にならないようにしたいならなおさらです。そして、そのようにするためにかなり役立つフレーズがあります。

 

「時に、対立は必要だ。それはいいことだと思う。」
-ルイーズ・ブルジョワ-

言い争いを終わらせるために言うべきこと

次に、けんかになる前につぼみを取り去るいくつかの表現をご紹介します。しかし、もちろんこれはすべてを解決してくれる魔法の言葉ではありません。だから忘れないでください。会話が熱を帯びて来たら、Excrivá Ivars教授が言うように、 謙虚さと寛容さを持つようにしてください。そして共感も決して忘れないでください。

自分の人生、恋愛関係、議論を本当に改善したいと思っているなら、必須のツールです。これがなければ、普通の会話が致命的なものに変わってしまうこともあります。

あなたの言っていることが正しいとしたら…

これは、相手の人と自分が共通に持っているポイントを認めるフレーズです。だから、議論や対立の瞬間には自分と相手の距離を広めてはいけません。かわりに、親近感と共通の同意を促します。

コーヒーブレイク

 

いずれにせよ、本当に同意している思っているときだけこのフレーズを使ってください。Escrivá教授が言うように、藁にもつかむ思いで、ただうまくいくと信じるのはやめましょう。その様には働きません。少なくともそうしたところで自分がのぞむようにはいきません。自分が示唆した相手の議論のポイントに本当に同意しているようにしてください。さらに、本当の共通事項を見つけるために間違いを認めてください。

あなたが、、、というと○○○のように感じる…

わたしたちが人生で経験する議論のほとんどは、自分に近しい人との間で起こります。そのようであるからして、あいてが大事だからこそ、誤解の瞬間は大きな不快感と衝撃的な感情を感じます。なんで正直になって言わないの?

議論では、相手と自分がどのように感じているか共有することが大事です。相手が言っている何かに傷ついたら、ポジティブに会話するためにそれを伝えなくてはいけません。そうすることで問題が手に負えなくなくなります。

議論の間のこの発言は、わたしたちが責任を持っており、どのように感じているか気づいていることを意味します。しかし、相手の人たちを責めるのはやめましょう。指をささずに自分が感じている不快感を伝えることはできるはずです。

気を悪くさせてごめん。あなたをもっと理解するためにどうな風に感じてるか教えて…

これも議論を方向性を変えてくれるフレーズです。もしかしたら、相手のポイントは不合理に思えるかもしれません。しかし、あなたが馬鹿にしたりからかったら、事態を悪化させるだけです。

一方で、議論をしている相手の感情に共感し、合理的に考えようとすれば、どうしてそのように感じたかがわかるかもしれません。そうすることで、状況をより良く分析することができ、何が起こっているか、問題はどこから発生しているのか、どのように共通点と解決策をみつけられるかが本当に理解できます。

「どんな議論も少なくとも3つの見方がある。あなた、相手、それ以外の人だ。」
-ナポレオン・ヒル-

ソファー


お互いを支持し合おう

Escrivá Ivars教授が勧める、議論で役立つフレーズです。時に、共通項を優先し、違いを一旦忘れることも大事です。こうすることで、聞き手はあなたがけんかしようとしているのではなくて本気で着地点を見つけようとしている誠実な人だと思います。

ポジティブ性と2人の議論のもとになった問題を深堀しようと思っているわけではないということを表すことができます。実際、このフレーズは口論を協力的な関係に変えることができる便利な表現です。

わたしが間違ってた、それはよくわかってる

完璧な人はいません。わたしたちは不完全な生き物であるから、間違いもおかします。間違いなく、議論は自分の間違いを認める絶好のチャンスです。特に、起こっていることの原因の一端が自分にある場合はそうです。

そうするためには、誠実で謙虚にいるのがベストです。間違いなく相手の人はそのような姿勢をありがたく思います。しかし、特に白熱しているときは、自分のミスを認めるのは簡単ではありません。でも、する価値はあります。

あなたと恋人あるいは家族の一員はよく口論になりますか?口論するのが好きじゃない、あるいはこの苦悩もっと心地よいものに変えたいと思っていますか?これらのフレーズを実践してみてください。誠実にこころからです。時間と練習を経て、あなたの議論は改善するはずです。