良い人になろうと思える11の感動的な映画

· 2018年3月14日

感動的な映画の中には、人間精神の驚異を証明するものがあります。それらのすべてには、極端な状況に対する驚くべき反応が含まれています。また、限界とは私たちの意識が生み出すだけのもであることも示してくれます。

感動的な映画の多くは、誰かの実生活に基づいています。有名な歴史的人物を扱ったものもあれば、誰無名な人を扱ったものもあるでしょう。

「良いワインは良い映画のようなものです。それは一瞬、口に栄光のような味を残します。映画のように、いつも違った味を楽しませてくれるのです。」
-フェデリッコ・フェリーニ-

これは、すべての世代に愛されてきた11の感動的な映画のリストです。リストには特定の順序はありません。いずれの映画も一番になる可能性があります。 準備はできましたか?

「幸せなちから」:最も忘れがたい感動的な映画の一つ

2006年、クリス・ガードナーの実際の人生を描いたこの映画を演じたのは、ウィル・スミスとタンディ・ニュートンです。クリス・ガードナーは株取引会社に就職することを夢見る独立したセールスマンです。彼には5歳の息子がいます。

幸せのちから

この物語が特別なのは、主人公が経験するありとあらゆる厳しい状況です。彼はホームレスの避難所で寝ていた時期がありました。時には寝ることもなく、非常に長い日を過ごすことさえありました。 そんな状況のせいで、彼が目標に達することはほぼ不可能に見えました。しかし最後には、彼の才能が花開きます。

「今を生きる」

この忘れられないロビン・ウィリアムズの映画は、詩と教師への最も感動的な賛辞の一つです。この映画は1989年に公開され、今や真の古典と呼ぶべき映画です。映画には、ウォルト・ホイットマンの素晴らしい詩も取り入れています。

物語はユニークな教え方をする先生についてです。彼は情熱を持って教えます。また、エリート主義の非常に排他的な学校の枠組みの中でそれを行います。生徒たちは、映画でマントラとして機能する、「Carpe Diem(今を生きる)」というフレーズのおかげで、世界を新しい視点で見ることを学びます。

次第に、主人公の男の子たちは詩の本質を発見します。それは、異なる目を通して世界を見ることです。これは、彼らにアイデンティティと、それを抑圧するものを拒絶する勇気を与えます。この映画の逆説的エンディングは、まるで人生そのもののようです。

「英国王のスピーチ」

この有名な映画では、俳優のコリン・ファースがイギリスのジョージ6世の役を演じています。このヨーク公アルバート王子は不都合な問題を抱えていました。それは、吃音症です。この映画ではヨーク公がこの困難を克服した方法について語っています。 彼はオーストラリア出身のライオネル・ロッグの助けを借りてそれを克服したのでした。

ヨーク公はとある危機に直面します。兄で国王として即位したエドワード8世が、彼の結婚が庶民で経歴に問題のある相手とだったために、王位を捨てなければならなかったのです。

 

英国王のスピーチ

アルバート王子がジョージ6世として即位することになります。また、ラジオ放送のスピーチで1939年にドイツに対する戦争を布告するというタスクも課されます。彼の声と言葉は強くなければいけませんでした。それは歴史上でも大きな出来事で、まるで彼にとって「期末試験」のようなものだと言えるでしょう。

「生きてこそ」

これはドラマチックな、しかし真の出来事に基づいた感動の映画です。1972年にチリの山々で起こった「アンデスの悲劇」と呼ばれる出来事の話です。 ウルグアイのラグビーチームを乗せた飛行機が山に墜落しました。 36人が生き残り、彼らは救助隊が来るまで極度の状況に耐えなければならなかったのです。

結局、わずか16人の若者が生き残りましたが、彼らは人間の肉を食べて生きていなければならなかったのです。この映画の中で 一番際立っているのは、パラドーの姿勢です。 彼はほとんど何の物資もなしに、非常に危険な状況でも、山の岩を横切った男の子でした。彼はグループを救うためにそう行ったのです。 医学生のロベルト・カネッサも、彼と同行しました。

映画では、人間の意志と強固な連帯感が描かれています。また、生存者に直面する多くの倫理的ジレンマも描いています。 その後、多くの人々が生き残るために人間の肉を食べるという決定に疑問を呈しました。

「フォレスト・ガンプ/一期一会」

これはいつの時代においても最も古典的で感動的な映画の一つです。この映画の焦点は、一般的な映画とは異なっています。なぜなら、精神的なハンディキャップを扱うものだからです。この映画には、最終的には人生を成功させる方法はたくさんあることが示唆されています。私たちがしなければならないことは、単純な目標を持つことです。

 フォレスト・ガンプは象徴的な話です。それは精神的に障害のある少年の話ですが、それにもかかわらず、彼は誰にとっても大きな勝利となるものを達成します。しかし、彼が最も大切にしているのは、愛、家族、友人です。 彼はまたあらゆる重要な歴史的な瞬間に立ち合い、人間の気まぐれの起伏に直面するのです。
フォレストガンプ
いくら色んな制限があったとしても、フォレスト・ガンプは充実した人生を送ることに成功します。彼は驚くべき人生を終わらせ、人々の人生を変えるのです。

「ビューティフル・マインド」

これはジョン・ナッシュという数学者の人生に基づいています。 彼は1994年にノーベル経済学賞を受賞した数学の天才でした。映画の中では、彼が妄想精神分裂病の犠牲者になる過程が語られます。また、それは彼のキャリアのピーク時に起こります。

最も興味深いのは次に起こることです。 彼は電気ショック療法を受け、心を鈍らせる薬を服用します。 しかし、ナッシュと彼の妻は、精神疾患を乗り越える新しい新しい方法を見つけたのでした。

彼らは、安定を取り戻す鍵は、愛と社会的接触であることを発見します。それは彼の心を助けるものだったのです。 愛は私たちが教室で学ぶことができないことを教えてくれるのです。

「戦場のピアニスト」

戦場のピアニストは2002年の映画で、主人公をエイドリアン・ブロディ、監督はロマン・ポランスキーが努めました。これは第二次世界大戦の残虐さを扱う映画です。しかしこの映画は、英雄的な戦闘にあまり焦点を当てません。代わりに、恐怖と絶望の最中であっても、主人公の人生に対する情熱を賞賛する内容なのです。

この映画は強制収容所で生き延びたポーランドのユダヤ人ウラディスワウ・ズピルマンの物語です。彼は家族全員を失いましたが、ホロコーストの究極な状況でも生き残りました。彼を生き延びさせたものは、彼の前進したいという願い、そして彼の人生が音楽とともに存在するという慰めでした。彼は脆弱であっても、迫害、病気、孤独、痛みに耐えることができました。

戦場のピアニスト

「フィラデルフィア」

フィラデルフィアは、米国が独立を宣言した場所でした。自由と正義が掲げられた場所です。しかし、この映画が描くのは、それとは違った視点です。この映画は、1993年に公開されました。

この映画は、同性愛者でエイズに罹った人々を取り巻く偏見に疑問を投げかけています。主人公のアンディ・ベケット(トム・ハンクス)は、彼の上司に対して証言しなければならない状況になります。なぜなら、彼がHIV陽性であることを知ったときに彼を不法に解雇したからでした。

彼が働いていた法律事務所も、社会全体も、性的指向が違う人を拒否する傾向にありました。彼らは公然と認めることはできませんでしたが、裁判の過程でそれが証明されていきます。映画の終わりは感動的ですが、見る人を考えさせます。

「恋はデジャ・ブ」

これはコメディとドラマの中でも、インスピレーションを与えてくれる数少ない映画の一つです。 現実とフィクションのあいだの微妙な位置にある映画でもあります。まず、不条理に思われる筋書が設定されています。男は毎朝起きて、まったく同じ日を生きる、というものです。 時間は前進しません。 彼はいつも同じように始まった日に閉じ込められているのです。

毎日が違うのは、彼が起こっている現実にどのように反応するかです。始めは現実を受け入れられません。

恋はデジャ・ブ

しかし少しずつ、彼の奇妙な経験の意味を理解しています。そして最後に、彼はそれを今までに起こり得た最高のものに変えるのです。そして彼が生きることを学ぶとき、それを一方向にするために、時間は再び前進し始めるのでした。

「性の曼荼羅」

この映画は、2001年にインド、ドイツ、イタリア、フランスが共同プロデュースしたものです。この物語は、山で3年間深い瞑想をした後、修道院に戻った僧侶が主人公です。 彼は5歳の時から僧侶の人生を送ってきましたが、外界についてはほとんど知りませんでした。

彼は帰った後、質問が書かれた石を見つめます。質問には「一滴の水が乾燥しないように防ぐにはどうすればよいか?」と書かれています。数日後、彼は女性との恋愛を経験します。この経験が今まで彼が持っていたすべての価値に疑問を抱かせるようになるのです。

彼は修道院を離れ、普通の人のように生きることに決めます。 そして彼は愛に基づいた関係が人々にもたらす驚異と不幸を発見するのです。 結局、彼は石の上で謎を解く答えを見つけました。それは、「それを海に投げる」というものでした。

「ショーシャンクの空に」

この映画は、忍耐を特に重視しています。ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンを主人公とする感情的な映画です。それは、妻の殺人のために間違って投獄されている男の話です。

他の受刑者の何人かとは異なり、アンディは教育を受けた男性でした。体力ではなく、彼の知識のおかげで、彼は刑務所で敬意を受けることができます。彼は囚人の教育を促進するために彼の影響力を利用することにします。

同時に、毎日、20年間、彼は最終的にやってのける脱出を計画しています。映画は、彼の価値観や信念に惹かれる人間を描いています。彼は否定的な環境の真っ只中でも彼の価値観と信念を失わないのです。

ショーシャンクの空に

これらすべてのインスピレーションを与えてくれる映画はヒューマニスト映画の愛好家の真の宝石たちです。これらの中にはクラシックに変わったものもあります。 ほとんどが、最初に公開された時に賞を受賞しました。 しかし、これらの映画の最大の価値は、人類の本質を捉えることができていることです。