いい友達を見極めるための5つアドバイス

2020年5月28日
友人関係はランダムな出会いの産物ですが、いい友達を見極めるためにできることがいくつかあります。今回の記事で、その方法を学びましょう。

友人関係は、存在する対人関係の中でも最も重要なものの一つなので、いい友達を見極める方法を学ぶことが必要です。また、友人関係には失望させられることも多いものです。何年も友達でいる人にがっかりさせられたり、突然その人が有害であると気づくこともあります。あるいは本当の友達がいないことを嘆く人もいるでしょう。自分もこのような立場にあると感じているなら、いい友達を見極める方法を知っておくといいかもいれません。

テクノロジーが発達したことで、昨今友達を作るのは簡単になりました。あるいは少なくともそのように思われています。雑誌『タイム』の調査により、多くの人が親友がいないということが明らかになりました。これはおそらく、友達を選ぶ正しい方法をほとんどの人が知らないためでしょう。そこで、役に立つかもしれないアドバイスをご紹介します!

いい友達を見極めるためのアドバイス

いい友達 見極める

1.共通の趣味について話す

いい友達を見極める一つ目の方法は、共通の趣味や関心について話すことです。初めて会った時には通じるものを感じたとしても、同じ考えや趣味を持っているか知るための会話をするのはいいことです。

なぜ、これが必要なのでしょう? それは、相手をよりよく知るため、そして関係を深めるために一緒に過ごす時間が必要になるからです。会う時間が取れないのに、週末に日常から離れた時間をその人と一緒に過ごすことを考えてみてください。それは難しいですよね。ですので、共通の趣味について話すことで、自分の自由時間を共有する同じような考えを持つ人を見つけることができるのです。

2.必要な時のみ連絡してくるかどうか

いい友達を見極めるための二つ目の方法は、相手が自分に連絡をするのは、一緒に遊ぶなど時間を共に過ごしたいためか、あるいは反対に相手が必要な時にだけ連絡を取ってくるかを知る必要があります。後者の場合おそらく何かしらの頼み事をしてくるでしょうから、簡単に見極めることができます。

この状況が長く続くのであれば、あなたも気分が悪くなるでしょう。そして、カフェに誘ったり、話すために誘うのはいつも自分だということに気づきます。また、あなたが話したい時やストレスを発散したい時、相手は時間をとってくれないことも多々あるでしょう。これらが、考慮すべき重要な点です。

3.他の人にどのように接するか

このアドバイスは必要不可欠で重要です。相手が、あなたに対しては良く接してくれるからといって、あなたと同じ価値観を持っているとは限りません。実は、あなたが友達になりたい相手ではないかもしれません。そのため、相手が他の人、特に他の友達や家族にどう接するかを分析しましょう。

例えば、一緒にいると心地よい友達について考えてみてください。自分の意見を分かち合い、様々な話題に関して問題なく話し合うことができるとします。しかしある時、これまで知らなかった相手の一面に遭遇したり、パートナーや親に対する好ましくない一面を見たという経験はありませんか?こういった状況に注意を払うことで、自分なりに決断を下すことができるでしょう。

4.討論になるような話題をもちかける

例えば政治などは討論になる可能性のある話題であり、このアドバイスを試すことができる一例です。友達がどう反応するかを見るため、繊細な話題を選んでみましょう。これにより、この話題が相手にとってタブーであることに気づいたり、その人が自分の意見のみが大切だと考える人だということが分かります。

また、討論になるような問題をもちかけると、相手の我慢強さをはかることもできます。例えあるものに対し考えが違ったとしても、互いの意見を尊重することが重要です。また、あなたが相手にして欲しいように、相手の話に耳を傾けることが大切です。

いい友達 見極める

5.完璧な友達を見つけようとしない

最後のアドバイスは、完璧な友達を見つけることに執着しないことです。これに執着すると、常に友達を探すことになり、自分は誰とも合わないと感じてしまいます。いい友達を見極めるべきだとはいっても、柔軟性を失ってはいけません。

お分かりいただけたように、あなたの人生に明るさをもたらしてくれる友達を見極めることが目標です。また、今の友人関係を分析したり、長く続く関係を持てる人を見つけることも大切です。友人とのその関係は良好なものでしょうか?