田舎での暮らしがもたらす心理学的なメリット

田舎で暮らすことでどんなメリットが得られるのかご存知ですか?大都会での暮らしと田舎暮らしはどう違うのでしょうか?今回の記事では、田舎で暮らす人々について詳しく分析していきましょう。
田舎での暮らしがもたらす心理学的なメリット

最後の更新: 16 2月, 2021

そのメリットの多さから、田舎暮らしの人気はますます高まってきています。カルチャー・シーンの多様性は大都市圏の方がよっぽど高いにも関わらず、週末には自然の中へ逃げ込むという生活を送る人が増加しているのです。

もちろん、田舎の生活には文化的な娯楽や仕事の機会といったアドバンテージが欠けています。また、インターネットアクセスが限られているなどその他の問題が存在することも多いでしょう。しかし、田舎という環境はそこで暮らす人々の生活を豊かにしてくれるものでもあります。

例えば田舎に住む人々には、概して自然と触れ合う機会がより多く与えられていますよね。また、個人的な付き合いをする相手がたくさんいて、そういった人と共に過ごす時間が多いというのも一般的な特徴です。田舎暮らしをするメリットは他にどんなものがあるでしょうか?

田舎暮らしのメリットとデメリット

多忙なシティライフに見切りをつけ、もっとゆったりとしたペースのライフスタイルを始めようとする人がどんどん増えています。都会での暮らしが生み出すストレスから逃れたがっているのです。田舎で暮らす選択をするということは、今後それによって課されることになる制約よりもメリットの方を優先させるということを意味します。では続いて、その主なメリットとデメリットをご紹介しましょう。

田舎での暮らし 心理学的 メリット

メリット

田舎暮らしの強み、あるいはメリットは以下の点に集約できると言えるでしょう。

  • 田舎では、住宅の価格あるいは家賃が概して安めです。また、生活費も都会より安く済む傾向があります。
  • 都会の住人同士よりも、小さなコミュニティのメンバー間の友人たちの方が関係性が密接です。
  • 渋滞や公共交通機関の待ち時間に費やされていた数時間を、歩くことに使えるようになります。この方が健康に良いばかりか、時間の使い方としてもよっぽどマシですよね。
  • 田舎では、食生活がより健康的になる傾向があります。これは、庭や近隣の農家でできた新鮮な食材を食べられ、また、旬の果物や野菜が手に入るおかげです。もちろん、地方の小規模なコンビニなどには超加工食品も売られています。しかし、その量は都会ほどは多くないはずです。
  • 広々とした開放的な空間から、ピースフルな感覚を得ることができます。大都市では様々な要因(騒音、交通量、空気の質の悪さ、汚染、時間の無さなど)によって生活が極端にストレスフルな一方、田舎では自然との触れ合いが可能になりますし、心を落ち着かせやすいでしょう。
  • 田舎での仕事は全般的に、都会よりも人間重視型です。毎日大勢の人との個人的なやり取りがありますし、社交性が促進されます。
  • 若者が田舎に移住すると、住人が高齢者ばかりになっていた地域の活性化につながります。このようなアクションが小さな村の絶滅を救うことも多いほどです。

デメリット

以下に、田舎暮らしの欠点をいくつか挙げました。

  • テクノロジーやソーシャルネットワークへのアクセスが悪い可能性があります。
  • 何らかの工程あるいは書類仕事のために都会へ行く必要があるかもしれません。もちろん、インターネットのおかげでこの点は改善されてきています。
  • 田舎では、良質な医療サービスを受けるのが少々難しい場合があります。これは特に慢性的な病に苦しむ人々や頻繁に通院する必要がある人々に当てはまるデメリットです。
  • 田舎では、雇用機会や娯楽オプションが限られている可能性があります。

田舎暮らしの心理学的なメリット

デメリットがあるにも関わらず、多くの人が田舎に移住して生活を抜本的に変えるという決断をしています。田舎暮らしは、都会での暮らしでは絶対に手に入らないような平穏と落ち着きをもたらしてくれるのです。

さらに、オンラインでのソーシャルネットワーク接続が限られているという事実は、コミュニティ内の他者との対面コミュニケーションを促進してくれます。この点は、村々での暮らしにおいて常に重要な側面です。

また、帰属意識や友人たちとの直接の交流、そして自然との触れ合いが得られるおかげで、孤立感や誰からも求められない孤独を感じずに済むだけでなく、その他の心の問題も予防できます。

要するに、田舎での暮らしは寂しいという気持ちに対する防護壁になってくれるということです。他の人々との密接なコミュニケーションが取れるというメリットだけでなく、いつでも好きな時に自然やアウトドアを楽しむことができるという利点もあります。

この環境が、今この瞬間を生き、自然がもたらす感覚を享受するのを容易にしてくれます。例えば、様々な種類の新鮮な食材から、朝日を浴びながらの清々しい早朝散歩などのアウトドア活動に至るまで、楽しみがたくさんあるのです。

高齢者にとってのメリット

高齢者の方もまた、自分の住む地域に新しい人々が入ってくることでメリットを得ることができます。コミュニティのためになるようなリソースが余分に流入してくることに加え、田園風景がリフレッシュされるはずです。そして、子どもたちの存在も地域を活気づけてくれます。

高齢者にとってもっと重要なのが、コミュニティの若いメンバーとの交流や彼らからのサポートです。前述の通り、田舎というのは強固で健全な友情を見つけられる場所であるため、その点が高齢者にとって追加のメリットになってくれます。

田舎での暮らしがもたらす心理学的なメリット

幼少期の個人的な人間関係

田舎という環境は、子どもたちの走り回ったり外で遊ぶ自由を拡大してくれます。一般的に小さな街の方が大都市よりも安全なため、子どもたちは都会で求められるほどの厳重な監視の目が無くてもスポーツをしたり友人たちと遊んだりできるのです。

また、生態学的観点から見ると、田舎暮らしにより子どもたちの自然環境への感性や認識が磨かれます。親たちがこのことを活用して我が子に環境を労わるよう教えれば、自分たちの子どもの世代のための持続可能な未来づくりに貢献してくれるようになるでしょう。

簡潔に言えば、田舎暮らしはどの年齢の人にもたくさんのメリットをもたらしてくれます。しかし、田舎で生活することを決断するということは、その決意をする前にメリットとデメリットの両方を注意深く分析しなければならないということです。あなたも、そしてあなたの家族も、その決断に従った生活を1年365日続けねばならなくなるということを忘れないようにしましょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
ハイキング:自然と触れ合うことは脳に魅力的なこと
La Mente es MaravillosaLeerlo en La Mente es Maravillosa
ハイキング:自然と触れ合うことは脳に魅力的なこと

自然と繋がりを持つことがストレスの溜まった心をリラックスするのに効果的なのは専門家でなくても知っているでしょう。それを証明する為に何も科学的な根拠など必要ありません。ハイキングに行って、緑に囲まれるだけでフレッシュな気分をすぐに感じることが出来ると思います。そして、活力を感じ、精神的な負担が軽くなるのも分かるでしょう。