ジャック・ラカンと無意識の構造

25 11月, 2019
ラカンはフロイトの構造主義を誠実に守った人物です。また、無意識の理論の発展に焦点を当てました。読み進め、学びましょう。

ジャック・マリー・エミール・ラカンは、20世紀の大部分においてパリの知的協会で非常に重要な存在となった人物です。彼の名は、精神分析学と関連付けられます。

彼は、フロイトの無意識の発見の重要性について教え、記しました。理論の属性や分析の実践からその概念を探求し、幅広い訓練法との繋がりを研究しました。

フロイトの思考の哲学的分野に興味をもつ人に、ラカンの研究は非常に価値あるものです。20世紀、哲学者の中でラカンの考えは様々な精神分析学的議論の中心になったのです。

ジャック・ラカン 無意識

 

若き日

1901年4月13日、ジャック・ラカンは裕福なブルジョワ階級の家庭の長男として誕生しました。両親アルフレッド・ラカンとエミリー・バウドリーは献身的なカトリックでした

1907年、ラカンは、パリのブルジョワの人を教えるマリスト学校、名門スタニスラス大学に入学します。宗教や伝統に重きを置くこの場所で、小中学校教育を受けました。1919年学校を卒業し、哲学的信念を発展させ始めます。

 

ラカンの専門的達成

1920年終わり、ラカンは初めて本を出版しましたが、その後10年間彼の執筆活動が実を結ぶことはありませんでした。そして、1930年代になって初めてラカンにとって重要な転機が訪れます

  • 1932年、精神医学で博士論文「人格との関係からみたパラノイア性精神病」を発表します。
  • 超現実主義者やダダイストとの協働を通し、芸術界で重要な人物になります。
  • 今では有名な理論「鏡像段階論」をラカンが初めて発表したのは1926年、マリエンバードの国際精神分析協会(IPA)でした。
  • 1938年、ラカンのエッセイのひとつ「個人の形成の中の家族の複雑性」がフランスの百科事典にのりました。

1930年代はラカンの成長において重要な時となりました。彼の青年期は、精神分析学、精神医学、哲学、芸術、文学などへの興味や、それに関連した影響がいくつも重なりました。

この時期が、ラカンの専門性に対する強く学際的な要素の始まりでした。ラカンは、フロイトの分析を学んだだけでなく、ヘーゲルの弁証法、コジェヴィアの教育学も学んでいます。そして、ラカンはこの3つの観点に独自に貢献しています。数々の観点から、異なる「狂気」体験を加えたのです。

 

戦後

1940年代はラカンの人生で重要なものとなりました。この10年で彼は分析的思想家になります。この間、7つの年刊セミネール、有名なエッセイをなど多くを記しています。

戦後、ラカンは、フェルディナン・ド・ソシュールの構造主義やその弟子クロード・リーヴァイ・ストラウス、ロマン・ヤコブソンについて勉強します。

リーヴァイ・ストラウスの著書“The Structural Elements of Parentage”がフランスの構造主義運動を広めたと学者は言います。この運動は1950~60年代に盛んになり、実存主義の理論的優位性と対立しました。

フランスの社会理論の対立は、ラカンの世界観における基礎的方向転換になりました。彼は焦点を転換しましたが、ラカンのフロイト構造主義精神分析学への忠誠は変わりませんでした

「無意識は言語のように作られている」

-ジャック・ラカン-

ラカンは自分だけが唯一の正統なフロイディズムの擁護者であると考えていました。さらに、分析のための言語の意味の回復が、フロイトの革命的な精神的主観への焦点に達するカギだと信じていました。

幅広い声明である「精神分析における言語とスピーチの分野と機能」の中で、このような考えをまとめ、それを「ラカニズム」として構築しています。

 

死とレガシー

1980年、人生の終わりに差し掛かり、ラカンはパリ・フロイト派の学派を解散することに決めました。この議論を呼んだ行動は彼の弟子の間で内的衝突を生みました。

ラカンは、1981年に亡くなったため、この議論に参加するチャンスはあまりありませんでした。その後、ラカンの義理の息子で「Le Seminiaire」の編者であるジャック―アライン・ミラーがこの学派を再開しました。

現実界・象徴界・想像界の3つは、ラカンの知的奇跡を越えた多様性のある概念です。この概念は、彼の人生を通し、変化しなかったわけではありません。それぞれの特徴や3つの関係は、彼の長い専門的キャリアの中で、改訂、変更されていったのです。

ラカン 無意識

 

ジャック・ラカンの言語と文化コード

ジャック・ラカンは「無意識は他との会話だ」という考えを私達に与えてくれました。ここでいう「他」とは、自己を越え、完全に離れたすべての物事です。生まれた環境、生き残り繁栄するために「解釈」しなければならない物事のことです。

人生を通し、人は少しずつ一連の記号を理解し、意識を獲得していきます。この記号は、概念やアイデアを表すコードやサインです。

この記号は外界から私達の元にやってきます。そのため、ラカンの言う「他」の中で、この記号は言語や「会話」の一部でなければなりません。

自分の考えや感情は言語を通してのみ表現できるとラカンは考えます。自分を表現するために使える唯一の言語が、相手の言葉です。

あなたの無意識は、相手の言語を元に感情やイメージを作ります。そのため、ラカンは「無意識は他との会話だ」と言ったのです。

さいごに。ラカンの理論は、精神分析学の実践に偉大な影響を与えました。また、客観的でオープンな無意識の解釈を可能にしました。

  • Lacan, J. (1987). Seminario 11. Los cuatro conceptos fundamentales del psicoanálisis. Buenos Aires, Paidós, 9, 174.
  • Fages, J. B. (1973). Para comprender a Lacan. Biblioteca de psicología.
  • Braunstein, N. A. (1980). Psiquiatría, teoría del sujeto, psicoanálisis: hacia Lacan. Siglo XXI.